スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

言葉からジワジワ。。。。


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


今 やっと夜中の12時半で、仕事が一段落着きました。やれやれです。
ここの所 本当に多忙を極めて ついに試験期間なのに休学願いを出しました。もうとても学校に行っていられないのです。
土曜の晩に泥棒が入って パソコン持って行かれてしまったので 代わりを買うところから始めて色々のプログラムとかどこにあるのか良くわからないし もおーーーてんてこ舞いです。

慣れないパソコンは辛いです。

純国産と言うので それは応援しないといけないと思って以前のモデルは富士通でした。←これが盗まれました。
それでもですね、気が付いた時からずうっと東芝だったものだからダイナブックでないと馴染めませんでした。習慣ってそう言うものですよね 
そこで 下記の投稿が気になっているのですが・・・・・

確かに、言葉や文字が変れば、思考も変化すると思います。縄文ともつながれない。江戸時代とも言葉が変りつながれない。(文字が違うから当時の書物を通し同じ価値観をなかなか共有できない。)
この研究者からしたら私達も漢字を使う時点でネットで言うB層そのものでしょう。

こうして考えると長い歴史の中で日本人は文字を変えてきてますね。文化を変えながら生きながらえているとも言えます。


実は二月までマドリーでjaponism展をやっていて 歴史の、こないだ遣り合った先生と見に行きました。
そうしたら どこからどう持って来たのか知りませんが 伊達政宗の直筆の巻紙の手紙が展示されていました。
いやあああ 読みたかった!! じいっと目を凝らして頑張ったけれどちっとも分からなくて 本当に本当に心の底から悲しくなりました。達筆で美しかったです。

あとは私が敬愛して止まない、尾形光琳のずば抜けた意匠の小箱もありましてケースの前から動けなくなりました。

江戸時代の色々の文など、そうです、時代を超えて共有したい民族の感性って物をですね、そこにある文字から繋がりたいと言う激しい渇望に堪えきれませんでしたね。残念で 悔しくて 怒りたくなりましたよ。

確か投稿欄には たかが言葉、みたいな意見がチラッと見えたのですが私は反対です。
言葉からじわじわと 意識が希薄になって行くものと思うのです。

私が海外に出てからにわかに使われだして 以前は全然誰も言わなかった言葉が 「ニーズ}カギカッコ閉じがどこにもないーーー泣です。これを聞いた時にはぶっ飛びました。あまりのいやらしさに。ぞっとしました。 需要って言えよと。こんなちゃんとした当たり前の言葉があるのに、何がニーズ? 腹立ちましたね。
最近では 三橋さんなんかが連発する レガシー、これも何のことかわかんないし、必然の全く無いいやらしい言葉ですよね。割と好きな藤井教授のーレジリエンスーも いい加減にして!!といつもイラつきます。

ちゃんと日本語で言えよ まともに。でなければ我慢してやるから全部英語で言え。そう言う突っ込みを入れたくなります。

あゝ、今日もローマ字入力辛かった。夕べから一日半がかり。

皆さん集中の 都知事選ですが話題にもしたくないくらい暗い気持ちです。
まず お金が絡んで総理大臣まで辞めなくてはいけなかった男が どの面下げて?
こんな奴を推す自民の腐れっぷりは今さら言いたくもない。
これでもいいって国民まで居るなんて もお何をかいわんや。

田母神さんは 掃き溜めに鶴、みたいにみんな言いますが私は この人は都知事になった途端に化けると心配です。
何しろ あの岩盤ドリルの安倍と組むって言ってる時点で 怪しさ全開です。
外国人特区に反対して 自民党と死闘を繰り広げるとは思えない。

元気出ないです。。。。


人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

01 : 36 : 26 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(17) | page top↑

保守側の敵ーそれでもまだ中韓に気兼ねするのか!!


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


「凛として愛」という言葉はあちこちで見かけていて トラックバックもあったのですが
昨日までこれが 立派な映画であるとは知りませんでした。深夜に全部見ました。 この映画は,明治開国から大東亞戦争までのわが国の近代史を,戦没者遺族,元兵士,元従軍看護婦,そして列強からのアジア独立のために日本民族とともに戦った南方の少数民族らのインタビュー,それに歴史史料で綴ったドキュメンタリー作品でした。脚本も 男らしいナレーションもみんな監督自らがされたらしいです。それがまだ十分お若い69歳で亡くなられたと知って 一体 上映中止は誰の示唆だったのかと知らずにはいられませんでした。花時計さんにお手紙して
ネットに監督の無念なお手紙が全文出ているのだと 本日教えていただき、私はあまりのことに呆然としてしまいました。検索をかけても詳細を書かれていることが無いので 私はアーティストとして入魂の作品を作られ、その尊い志を披露することのできなかった この方の無念と怒りを是非、皆さんにお伝えしたいと思います。
「まさか 右翼と呼ばないで」番外編になりますが どうぞ何があったのか心に刻んでくださいませ。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
(故・泉水隆一氏の無念の手紙。全文儘 ー太線はブログ主の加筆)

靖國神社製作「凛として愛」撮影ご協力頂いた皆様方へ                             映画監督 泉水隆一
前略
突然ながら、お手紙差し上げます。
皆様に撮影ご協力頂いた映画「凛として愛」に関してのことです。
もう、既に皆様方の中にはご存じの方もいらっしゃると思いますが、「凛として愛」は、去る7月上旬には完成をし、7月13日から始まる靖國神社恒例のみたま祭りに「こけら落とし」された新・遊就館映像ホールで上映されましたが、上映は二日間のみで、神社側の一方的な判断で、それ以降は上映中止の措置がとられました。

中止理由は、中国・韓国からの反論、抗議を恐れるためでした

神社の中でも若手職員の中からは、「映画は中・韓を恐れず、堂々と上映すべき」という声も陰にはありましたが、首脳部は「トラブルに巻き込まれたくない」という、もっともらしい理由を楯に上映中止を断行したのです。
英霊の汚辱を晴らす、本作品の上映よりも「トラブル」を嫌ったのです。神社側の言い分は、日本外務省同様に「国際的な配慮が必要」というものでした。

神社に祀られる英霊は、身命を投げうって国家のため、同胞のために地に伏しました。その英霊のおかげで、靖國神社は今も現存しています。英霊のおかげで、靖國神社に勤める神職、職員の豊かな生活は成り立っています。
どんなに世の中が不況に陥っても、彼らの生活に影響を及ぼすことはなく、多くの参拝者の奉納金で豪華なマンションを彼らは建設し、毎日のように酒席を設け、何の経済的不安もなく、楽しい生活をしています。それはいいでしょう。神社の神職、職員が全てを英霊のために投げうっているならば、私は彼らの生活にまで斟酌する必要はありません。
しかし、現実は違う。
私は二年間、靖國神社に勤務して、映画を制作してきました。普通の人が垣間見られない裏の姿も見ることが出来ました。
これも英霊のおかげでしょう。英霊が私に真実を覗かせているのだと思っています。私は、なにも靖國神社の本当の姿を暴露するつもりは、今日の所はありません。

いいたいことは、彼らが保身に走ったことです。トラブルを防ぐというのは、詭弁であり、要は韓国・中国からの、あるいは左翼系からの抗議・攻撃に身を曝すことを嫌がった、というただそれだけの理由です。
安穏とした生活をしていたいだけなのです。
訪れる遺族にはいかにも英霊への崇敬を果たしているような言葉をいい、尊敬を抱かれることが好きなだけなのです。

彼らは、神社がぼろぼろになっても正しい歴史のために、英霊のために闘うという思いはまったくありません。政治的に全てを計ろうとしているだけなのです。
戦後の日本がだめになった縮図が現在の靖國神社運営首脳部に見ることが出来るのです

考えてみれば、戦後の靖國神社は戦前の靖國神社と名称が同一なので、ついつい、私たちも靖國神社という名前に騙されて、神社の職員は全て英霊一筋だと考えてしまいがちですが、かれら神職は、たまたま、神学大学を卒業後、一般人と同様な感覚で靖國神社という所に勤めただけのことで、英霊がどうのこうので就職したわけではないということが二年間、彼らと共にしたことで、そのことがよくわかりました。
またまた、靖國神社の悪口になりましたが、今日は、それは極力押さえるつもりなのです。真実は別の機会でしたく考えています。

本日、私が言いたいのは、普段は≪中国・韓国に屈するな≫≪正しい日本近代史を≫等、口にしながらもいざとなれば、保身に走った現在の靖國神社首脳部は許しがたいという思いを皆様に伝えたいということなのです。

欺瞞という衣をまとった通常人が結束し、神社を牛耳っております。
英霊の汚辱を晴らすために闘うという姿勢は何度も言うようにまったくありません。あるのは「闘っているぞ」というポーズと参拝者が減ることと、奉納金は減じることだけが日常の心配の種というだけの、靖國神社にいるべきでない人々が参集していると私は考えています。
決して、私の思い過しでも偏向ではありません。
二年間、私は、彼らの日常会話を耳にし、言葉を交わしてきました。
裏も表も見てきた私の靖國観です。

今まで、皆様には何のご連絡もせず、このような突然の手紙を見て、さぞかしお驚きのことでしょうが、話を進めます。
実は、上映中止の後、神社側から他の団体に映画を譲渡して、その団体名で映画を上映したいという意向が伝えられました。その話が決まった段階で、皆様にはご連絡しようと考えていたために、ご通知が遅れました。申し訳ございません。

私は神社側が≪トラブルに巻き込まれたくない。しかし、どうしても映画は上映したい≫という言葉を信じて、「譲渡という行為そのものが卑劣、卑怯」と心に思いながらも、それでも、映画が上映できるならと考え、譲渡することに承諾をしました。

しかし、神社と譲渡先の団体とのやりとりで、やはり、中国・韓国から抗議がくるような内容は削除、一部修正して上映したいという話が私の方に伝わってきましたので、私は即座に譲渡の話は断りました。
何の修正もなしに譲渡することを条件として、譲渡を承諾したにも関わらず、彼らは、再度、姑息にも、今度は譲渡先で修正してから、靖國神社で上映するという密約をしていたようです。英霊をないがしろにし、保身のみに汲々とする神社に、現在は、未練も魅力も私は持っていません。

従い、戦後、歪められた日本近代史を破棄し、正しい英霊の歩みを国民に知らしめようと企図した本作品は靖國神社では上映できなくなりました。
出来なくなったというより、私の方で、こんな神社で上映してほしくないという気持ちが強く、断ったというほうが適切でしょう。
「なんとか上映するために譲渡したい」という神社側の言葉にまたしても騙されたという思いが強くあります

本来は、この映画は「日本を変える」「日本の正しい近代史を描き、英霊の汚辱を晴らしたい」という意向を強く主張された花田権宮司の意向に従って、制作がスタートしています。しかし、どういう悪霊が動き回ったのか、花田権宮司は、制作途中で担当を外され、新たな人事異動で現在の首脳陣が形成されました。
それから英霊の真実を伝えようとする「凛として愛」に徐々に圧力がかかりだしました。
色々な噂が私の耳に飛び込んできます。
「宴会シーンに神社の人間を使い、出演料を浮かせようとしている」
「監督は左翼思想があるのではないか」「どうせ、金で雇われてやってるんだから、次は共産党のものもやるんじゃないの」などなど、個人的中傷の噂です。
本作品は私が中心になっているので、私を腐らせて、作品から降りてくれれば作品が完成せず、彼らにとって最都合なのでしょう。
スタッフ一同とも嘲笑しながら、私たちは構わずに初期の目的どおり、映画制作を続行しました。
そして、今年の六月下旬には一応の完成を見たのですが、神社側と神社の上部組織である総代会からの意見として、中国・韓国を≪悪く言うことは避けたい≫ということが伝えられました。
日本近代史を描く映画で≪悪く言うことは避けたい≫という驚くべき稚拙な歴史認識に私は驚愕しました。悪く行っているのではなく、事実を描いているだけです。
それは皆様にお送りしたプリントをご覧になって頂ければ分かることです。
そして、幾分かの修正が出ました。私は忍の一字を心に呑んで、映画上映のために主張に影響がない限り、修正できることは神社の意向に沿った修正を致しました。
そして、いよいよ、明日が本番上映という時に、総代の一人である阿南総代と小田村四郎総代から中止命令が出たということで、わずか、この二人のために映画上映は中止となりました。
所が、本作品をなんとか上映したいという神社の人々が裏で動き回り、神社としては社報やポスターで「凛として愛」を大々的に宣伝し、そのための招待客を大勢呼んでいる手前、なんとかみたま祭り期間だけは上映したいと小田村氏と交渉し、当日、「本作品は神社の意向に沿ったものではなく、泉水隆一監督個人の歴史観による作品であるので、このような作品を上映することに至ったことをお詫びします」というトンデモナイ挨拶文の紙が招待者に配布される中で、本作品は二日間だけ上映されたのです。なんという常識のない公式挨拶であろうか。
これが現在の神社執行部の試行なのです。
それでも、映画は上映されたので、満員の観客は至る所で泣いていました。
山口県から来たというお年寄りの団体が「いい映画を見させてもらった。冥途の土産になります」と私の隣で話をしていたのを聞いて、さすがに私も涙を流しました。映画を上映してよかったと思いました。
少し、横道に逸れてしまいましたが、現在、私は靖國神社に祀られる英霊そのものは、大切にしたいと考えておりますが、現在の靖國神社執行部である湯澤宮司、三井権宮司、山口総務部長の三人を信じてはおりません。
又、神社に上映中止を迫ったと言われる阿南総代(阿南大将の遺児)小田村四郎総代(柘植大学総長)他に小堀柱一郎氏などの一連の著名な学者、研究者も私は信じていません。彼らが、今後、英霊に対してどのような崇敬の言葉を吐いたとしても、私はそれを腹で嘲笑し、軽蔑します。
全て偽善者であると私は断定するからです。

取り敢えずは、今日はここまでのこととして、皆様にご連絡が遅れたことをお詫びすると同時に、完成した映画「凛として愛」のプリントをお送り致しますので、どうぞ、ご鑑賞ください。

また、本作品の完成後、同時進行していた真珠湾攻撃の真実を描いたアニメ併用の「太陽に向かって翔べ」「大東亜戦争の真実」の二作品も、編集を中止しました。「太陽に―」の作品ではスタジオに真珠湾攻撃に出撃した30隻の縮小艦船模型に潜水艦部隊30数隻(縮小模型は龍角散社長よりお借りする)、また、航空部隊の三機種の模型を準備し、三日がかりで、その威容を撮影。
そして、真珠湾攻撃に参加した空母加賀の雷撃隊のお一人のインタビューやハワイまでロケ、真珠湾攻撃を直接目撃した日系二世の元米軍将校のインタビューなどで構成、真珠湾攻撃の真実の姿を描く予定でしたが、これも中断せざるを得なくなったこと、誠に残念です。ご協力頂いた方々には申し訳ないの一言です。

「大東亜戦争の真実」では、戦後、初めてカメラの前に立たれたアッツ島生き残りの元兵士の貴重な証言、山崎大佐の遺児、山崎保之さんのインタビュー。また、日赤の従軍看護婦の方、島根県の山村で戦後の日本の歩みを批判する人々の話、あるいは玉砕の島、ペリリューに十日間ロケ、彼らは、どのように執拗に闘ったか―その雄渾の姿を描くつもりでしたが、これも中止という運命になりました。

私は、靖國神社執行部に対して、今後、どのような形で戦いを挑んでいくか、目下熟慮中です。
今の靖國神社の体制を崩さないかぎり、英霊は浮かばれません
ただ、ただ英霊が彼らの私利私欲のために利用されるだけです。

先人が「靖國神社で逢おう」といった言葉は、あくまでも日本国民全てが認めていた戦前の靖國神社です。今の靖國神社ではないということをどうか、よくお考えになってください。
その上で、改めて、靖國神社というものを考えてください。決して、彼らの表面ごとの言葉やポーズに騙されてはいけません。

「凛として愛」をふみにじったものたちが、靖國神社の中枢にいることが、現在の日本の不幸であり、真実の歴史の扉の前に立ちふさがっています。
敵は左翼ではなく、まさに本能寺にあったのです。獅子身中の虫という言葉が私の胸の中で煮え繰り返っています。

大変、激高した言葉になってしまいましたが、皆様の中にはご不快になられる方もいると思いますが、英霊の力を借りて、二年間「凛として愛」に自分の才能を注いだ監督の言葉としてお許しください。
なお、プリントと共に、「凛として愛」の鑑賞記を掲載した「不二」という雑誌が同封されていますので、お読みください。
但し、部数に限りがありましたので、一部の方にはコピーとなりましたこと、重ね重ねお詫び申し上げます。
書いているうちに怒りがこみあげ、支離滅裂な箇所も多分あるかと思いますが、これもお許しください。

                                   平成14年9月18日

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

06 : 42 : 23 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑

凛として愛ー日本人全員が見るべき映画


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


実に優れた映画です。どんな思いで作られた作品か 監督の情熱がひしひしと感じられ、史実の中の日本人の魂と この作品を世に出そうとする一人のアーティストの闘魂が二重の感動と共感を呼び起こします。
そして 製作者であった靖国神社が上映禁止にした事実を知れば 更に高貴な作品と激しい情熱の行き場の無い無念はいかばかりだったろうかと あなたの胸は波立つことと思います。
ああ、悲しいかな 日本人 そう叫びたくなる思いです。


全日本人が見るべき映画 1

全日本人が見るべき映画 2

全日本人が見るべき映画 3
7000万人の国民

全日本人が見るべき映画 4

全日本人が見るべき映画 5

全日本人が見るべき映画 6

全日本人が見るべき映画 7
一度見ているので 題を見ただけで泣けてしまいます
お仕事中にこっそり見ると 目が゜真っ赤になってしまうので 週末の夜に是非ご覧くださいね

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

04 : 53 : 06 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

軍拡


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


中国建国記念レセプション 日本の議員50人出席もあいさつなし
2010.9.30 00:24
中華人民共和国成立61周年祝賀レセプション=29日午後、東京・港区(大西史朗撮影) 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で日中関係が緊迫するなか、中国の程永華駐日大使主催の中国建国61周年を祝うレセプションが29日夜、都内のホテルで開かれた。政界からは細川律夫厚生労働相や大畠章宏経済産業相、松本龍環境相ら与野党の国会議員50人以上が出席。日本経団連の米倉弘昌会長ら経済人や文化人、ルース米駐日大使らも姿を見せた。日中双方の要人の発言にマスコミの注目が集まっていたが、出席者のあいさつはなかった。
レセプションは10月1日の中国国慶節(建国記念日)にあわせ毎年開かれ、昨年は当時の崔天凱駐日大使、平野博文官房長官があいさつしていた。
今回招待されていた仙谷由人官房長官は30日の衆院予算委員会の答弁準備を理由に欠席。自民党では中国とのパイプを持つ加藤紘一元幹事長や野田毅元自治相、野中広務元官房長官が出席したが、谷垣禎一総裁は「多忙」を理由に欠席した。

中国建国61周年を祝うレセプションに出席した国会議員は次の通り。

 【閣僚・副大臣】 細川律夫厚生労働相、松本龍環境相、大畠章宏経済産業相、平岡秀夫総務副大臣

 【民主党】 柳田和己、藤井裕久、江端貴子、前田武志、田城郁、大泉博子、稲見哲男、今野東、古賀一成、江田五月、首藤信彦、大島九州男、奥村展三、山本剛正、川上義博、岩本司、藤田一枝、矢崎公二、石毛●(=金へんに英)子、川越孝洋

 【自民党】 二階俊博、加藤紘一、野田毅、村田吉隆、茂木敏充

 【公明党】 山口那津男、東順治、井上義久、石井啓一、遠藤乙彦、斎藤鉄夫、石田祝稔、大口善徳、高木陽介、遠山清彦、魚住裕一郎、松あきら、渡辺孝男

 【共産党】 井上哲士
【社民党】 福島瑞穂、重野安正、照屋寛徳、服部良一
【みんなの党】 松田公太
無所属】 辻元清美
【元国会議員】 野中広務、神崎武法

つまりこれが売国名簿というわけですね 分かりやすいですね
なんだか福岡で右翼が中国観光客のバスに蹴りを入れた罵声を浴びせたという記事で甲乙つけている巷の意見も色々出ていますが 意外と日本人として恥ずかしいなんて意見もいくつかあるのには 驚きです。新聞が書かないのは バスの中国人が罵声を浴びせたということらしいですが なんでいつも日本の新聞は肝心のことを書かないでしょう。昨日の青山さんも言ってましたが 中国のスパイ船からここは中国の海だと反論するというのを書かない。私は福岡のバス蹴りは 嬉しいです。ボコボコにしてやりたいですから。国民運動がもっと激しくならないと事実を肯定しているメッセージになってしまう。
粛々とっていうのは 外国には伝わりにくい。もっと怒っている顔がクローズアップされないと誰が悪いのか分からない。

国会議員が自分の評判を恐れることもなく この時期に中国の祝いに駆けつけるなんていうのは 本当に根が深いです。よほどに繋がっているのだと思わないといけません。
民主党では国を誤まるとずっと分かっていましたが この国難をこの議員と政府では乗り切れないです。
中国に沢山出て行った企業は 一年以内に暴動に巻き込まれると覚悟しないといけないでしょう
そして日本はこの企業も中国の在留日本人も いかなる場合をもってしても国益と引き換えにしないと 国民は覚悟しておかないといけないと思います。中国進出企業を人質にとられるのは とうの昔から分かっていたことで このために国としての判断を誤まってはいけないからです。
過去の歴史のどのページにも日本の事業は頓挫して命からがら逃げて来るというのが あの大陸に無謀に出かけた人々の運命だからです。行こうと思った国の近々100年くらいはも見ておくっていうのは当然です。
反日 不買い スト、暴動 リンチ、あれらが又起こります。その証拠には今回の取るに足らない事件であれだけの統率力を見せて展開した中国政府の匙加減でも明らかです。

日本が彼ら日本企業や家族を人質に取られて 身動きもできない日が近いうちにやってきます。
民主党の無能集団は きっと晴天のへきれきと驚くのでしょう
そうしていつものごとくに 一番まずい方法で混乱の収拾もつかなくするでしょう。

一部の日本国民は覚悟しておかないといけないと思います。
中国の人質に引きずられると 本土全部がチベット化するでしょう。
最後の扉をぱたっと閉めて すのまたの一夜城を作るべきです。
ここまで侵略が進んだら、もう最後の砦に来たのだと 全てを切り捨てて集中しなくてはなりません。

今の構図は明治維新後の列強と全く同じだからです。
アメリカが正義面の下で 日本を中国やロシアと戦わせるように仕向けているかに見えて仕方ありません。

だから戦前と同じ愚行はおかしてはいけない
中国やロシアの危険を直視して軍拡を急ぎつつも アメリカに対する警戒が必要です。
私のような素人にもこれくらいは読めます。驚くのは玄人の政治家が 本当に何も読んでいないということです。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:尖閣諸島問題 - ジャンル:政治・経済

16 : 35 : 52 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

8・15 靖国神社の英霊を敬い感謝する国民行進


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


◆◇◆8・15 靖国神社の英霊を敬い感謝する国民行進◆◇◆
期日:
平成22年8月15日(日)※雨天決行

内容:
掲げる旗は全て国旗「日の丸」のみ、シュプレヒコールもなく、
無言の内に、靖国神社の英霊に崇敬と感謝の念を捧げる、厳粛で誇りある行進で
す。

ただ、私たちは、八月十五日、どんな左翼のデモデモ許容しますが、靖国神社の
英霊と天皇陛下を貶め、侮辱するような左翼グループの「天皇陛下のお写真」や
人形等を掲
げる事だけは許しません。

日本国民としての誇りと気概を持った「沈勇」とも言うべき、自制と勇気ある姿
勢で、堂々粛々、行進します。

趣旨に御賛同いただける皆様のご参加をお待ちしております。

《一回目》

14時30分 「錦華公園」集合
     「御茶ノ水」駅御茶ノ水橋口
     「神保町」駅A5出口徒歩5分(猿楽町1-1-2)

※準備をお手伝いいただける方は14時にご参集ください。

14時45分 「錦華公園」出発

15時15分 「俎板橋(まないたばし)児童遊園」到着
       「九段下」駅徒歩3分(九段北1-1-1)

その後、九段下交差点の道路に、全員国旗日の丸を掲げて並び、左翼デモが天皇
陛下を侮辱する人形、写真を掲げていないか、監視します。

私たちは何よりも八月十五日の靖国神社の内外を静寂と厳粛な環境で、日本国民
に参拝していただきたいと願っています。
怒声や罵声を飛び交わせたりする行為やシュプレヒコールは、原則として行いま
せん。

基本的に、無言で国旗を掲げ、「海ゆかば」の斉唱は行います。

「頑張れ日本」全国行動委員会の指示に従い、誇りある日本人として、勇気と自
制ある行動をとっていただけるようお願いします。

《二回目》行進

※一回目終了時に実施するかどうかの判断をいたしますので、担当者・上田(090-9681-0066
)まで、必ずお電話でご確認下さい。

16時30分 「堀留南児童遊園」集合
     「九段下」駅徒歩5分(九段北1-6-9)

16時45分 「堀留南児童遊園」出発

17時00分 「俎板橋(まないたばし)児童遊園到着

主催:
頑張れ日本!全国行動委員会・草莽全国地方議員の会

お問合せ:
頑張れ日本!全国行動委員会
http://www.ganbare-nippon.net/
TEL03-5468-9222
=====================================================
日本文化チャンネル桜 二千人委員会事務局
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
TEL 03-6419-3900 FAX 03-3407-2263
MAIL info@ch-sakura.jp

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

04 : 41 : 16 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑

NHKの監視者、昭和史の発掘、保存者の中村先生


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


訃報】中村粲先生御逝去[桜H22/6/25] 
サッカーばかり大々的に報じられていて 参院選の焦点をぼかしているというので何かニュースはあるかと検索をかけましたら こんな悲しいお知らせに出会ってしまい、びっくりしています。

私は中村先生の大東亜戦争への道を読んでまして お電話差し上げてお話させていただきました。何か質問があったら何でも聞いてくれていいですよ。ファックスで返信してあげますと それは親切に対応していただきました。いつか帰国してお目にかかりたいと楽しみにしていたのですが 適わずにこんなことになってしまいました。あのお茶目な熱血で NHKウオッチングの大会での講演、どこにこんな活力がおありかと励まされることが大きくて 昭和史研究会の会員にならなくちゃ と思っていたのでした。本当に残念で悲しいです。
私達は 先生のご遺志を継いで 絶対になんとかしないといけません。NHKの偏向報道を本当になんとかしなくては!! どうしてこういう立派な方ほど先に行かれてしまうのでしょう 残念で仕方ありません。
心からご冥福をお祈りします

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

00 : 47 : 37 | 日本の近代史 | トラックバック(2) | コメント(7) | page top↑

氷解---千島列島に固執しなかった人々


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


夕べ日本に迫り来る危機と自分の無力を思っていたら寝付けなくなってしまった。観念して起き上がり、どこの国ならこんな時間に電話できるだろうと時差を測りつつ検討して日本にかけることにした。

懐かしい思いのかなたに、この人なら何と言うだろうという気持ちも動いた。私はさる大新聞のデスクとかキャップとか論説委員にまで登りつめた年上の懇意にしている人たちがいる。

ずうっと昔からの知り合いなので うんと目下と思われて今日に至っている。
私にはいつも自分にははるかかなたの知識人で優秀な人たちと言う意識がある。実際に何か彼らに聞いて知らなかったことがない。時事専門家として何でも無知な質問をして苦笑交じりにいろいろなことを教わった。これにはあまり政治は含まれていない。文化や外国の情報が中心だった気がする。

私が歴史の延長から政治に意識を集中させるのは極近年なので この古くから私を知る人たちはまさか 私がマスコミを批判的に見始めているとは思っていない。

私はこの人たちが席を持つ大新聞こそが私の批判の根城なのだとおぼろげに最近感じている。昨年に電話したときに二三の言葉から酷く驚かれてしまい、「オーー最近 右翼になつたんだって?今度帰国したら靖国神社に連れて行ってあげるよ」などとからかわれた。
この時はまずい会話になるかもしれない一歩手前で踏みとどまったけれど 相手には強い印象を与えたのが分かった。

このケースは私の母の場合とは大いに違って、説得できたり翻意させることなんて到底かなわないのだから何の話も持ち出したくない。実は 私の敬愛する櫻井よしこさんでも 認められないと言われてショックだったのだ。その一言で何も話すべきでないと警鐘が鳴った。あちらもそうだったろう。お互いに驚いたところで終わっていた。

今日は 彼らのうちの一人の出掛けを 国際電話で邪魔してしまった形だけれど懐かしがられて挨拶を交わした。最近行ったギリシアの治安の悪さが話題に出て、だから外国人参政権は、と私が引き取って会話がどっと深遠に向かって直滑降した。
相手は外国人参政権で日本終了とは飛躍しないと言うのだ。

私は驚き あえぎ、そうして別の突破口を探してもがいた。私との会話でこんな話が出るとは思わなかったと先方も居心地悪くしている。不毛だからもう止めようというので私は出口を探して必死に話題を転換させようとしていた。
ここでちょっと昔話にすべることにした。この居心地悪くしている記者とは別の記者に連れられて、とても偉い学者や文化人の集う夕食会にたまたま連れて行かれた、今をさかのぼること15年くらい前の話。

「私、この夕食会で全員から総スカンを食らってボコボコにされたんです」
「へえ またどうして?」
それが.....

名刺に輝く経歴が箔をつけているお歴々は、有名テレビの報道局長、某有名国立大学の国際関係の教授、医師会の要職に居るけれどよろず文化知ったかぶりのいけ好かない傲慢な医者、あとはもう一人くらい学者が居たような気がするけれど五人くらいの集まりだった。

私は知識を授けられることが好きだったから、難しい話を喜んで聞いていた。自分が普段接しているのとはまるで違う種類の人というのは面白い。

その時だ、何かでソ連の話が出た。
この時に私はあの大戦で卑怯にも原爆投下の後にいきなり宣戦布告して千島列島樺太を占拠した薄汚くも狡猾なソ連を許せないと言ったのだ。
樺太を返せ、断じて許さん、みたいな勢い。

そうしたら どうだろう、この中でタダ一人の女性、某大学教授がきつい目つきでさっと振り返り、あまりのことに思い出せないくらいのきつい言葉で私をやりこめたのだ。このシーンは何度もそのままに思い出せるのに、私に浴びせた激しい言葉だけが正確に思い出せない。意外に打たれて馬鹿になってしまったからだろう。

その場に居た全員が、私をぼこぼこにしたのだ。いつもかわいがってこの会にも連れて来てくれた記者も「ほら見たことか。こんな馬鹿な娘を連れてきちまって」みたいな顔だった。

報道局長が 今までの温和だった顔をさっと曇らせて「あんな土地はもうどうでもいい。戦略的価値もないし ろくな資源もないしね」これだけは良く覚えているのは そんなことはないだうと激しく内面反発したためだと思う。

島がどんどん本土からあっちに連なっていればいるほど戦略的に有意義ではないか!何を言うのだ。戦略的価値があろうとなかろうと、国土を占拠されてあんなものはどうせいらない、なんて報道局長が言う台詞かと呆れた。何よりもこの輝かしい経歴が記された知識人達が一人残らず 私を非難したことに私は驚いてしまったのだった。

あれから沢山の年月が降り注いでも 益々私の思いは正論であって あの人達の根拠は何だったのだろうと思い返す。ついでにまだ若かったあの時の羞恥と悔しさを追体験するのだった。

そうしたら、なんのことはない、今日、謎が解けました!
この話をしてあの学者達は何だったのだとつぶやくと
「ああ、それはあっち側の体制の人達だから」という答えが電話から聞こえたのだ。

彼らは左翼だというのだもの、ああなるほど、しかし何で今まで気づかなかったろうと自分の迂闊さに呆れた。左傾マスコミっていうのは私達が毎日感じている日本の現実なのに、自分の周囲の懇意な人を通した交友に突然、その塊が出てくるとは思いつかない。

「あれらの人達には 全共闘時代の闘士も混じっていたはずだから」と驚くべき一言が加わった。

「え!!??」....絶句しつつ勘定してみれば本当だ、年代的にそういう活動家の成れの果てだったのだ。

私はつい最近までそういう方面には疎くて考えつきもしなかったのだけれど あれはまさしくそういう人々の、出世した肩書きのそういう会食だったのだと初めて知る。

もうリタイアーした人も居るけれど 新聞記者氏や大学教授は今も現場に健在な筈だ。これは恐ろしい、手ごわい、と今日始めて実感した次第。
日本の中枢に左傾の活動家、本家がごろごろ居るっていうのは つまりあの事だったのだと 今もしみじみ考えている。彼らは一流大学を出たスマートなエリートで、身なりセンス良く、名刺を出されればそこには立派なポジションが添えてある。子供の頃にはクラスで主席の利発な少年少女だったろうと想像に難くない。

あれらの人々が 反日マスコミ、反日知識人なのか!!
....これは手ごわい。私はあれらの人々をいわば障害と見立てて間接的に戦っているのか。

個人的には話して楽しい素敵な人柄なのだけれど 政治と近代史だけは話せない。途端に右翼と左翼に分かれてしまうのだ。そうして絶対にやすやすと説得できるような相手ではない。

私が いわゆる知識人と言われる人たちに、最初の疑問符を持ったのはあの晩からだったのだ。
そうして15年後、そのいかに突き崩し難いかを知る。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

00 : 16 : 42 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

国内はともかく、海外へも


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


昨日は風林火山さんが貼り付けて行かれた青山しげはるさんの講演の動画を見て もう寝ようとしていたのに泣けてしまいました。硫黄島のお話です。わぁ 苦手だぁ と思うでしょうが是非動画見てください。
国益を考える講演会 後編(5/16)【著作権承諾済】

取材に行くまでの経緯が話されています。私は実はこの栗林忠道陸軍中将の散るぞ悲しき と言う本を日本から取り寄せておきながら読めないで居ます。本は悲惨な感じで書いていません。けれどもこの栗林さんと言う方の 細やかで穏やかで子煩悩の性格がにじみ出ていて ああ こんな人があそこで悲壮な戦闘を、と思うと辛くて辛くて先を読めないのです。うちにはクリント・イーストウッドが作ったとかいう映画もあるのですが これも見れていない。いつか心を強く持って見ようと思っていますが まだ出来ないでいます。

私はこのように臆病です。いつも先延ばしにして来ました。人生を振り返ると決して楽ではありませんでしたが良い人生だったと言えなくないです。少なくとも海外でやって来れたのは それは私のパスポートが日本国であったために人々の尊敬を受けたからです。どこぞの三等国とは違います。どこの空港でも検閲では冗談の一つ、笑顔の一つ、片言日本語のお愛嬌さえいただきました。それはみんなこの菊のご紋のパスポートだったからです。

数ヶ月前にアメリカに行きまして、移民の島とも呼ばれるエリス島を経由するフェリーに乗りました。 エリス島は1892年から1954年まで移民局があった島で、今は博物館となっています。全ての移民がみんなここを通らなくてはいけなかった。明るい雰囲気は一つもなく、そこにはなんとも言えない悲しみが壁に、空間に染み付いているのです。
私はここで大東亜戦争に入る原因の一つともなった 日本人への弾圧、移民政策、反日移民政策の断片を見ました。
私は写真を前に胸が砕かれるような思いに立ちすくんでしまい、涙に曇ってしまいました。
ああ、これは絶対に後世に伝えなくてはいけないと 誓うとも無く誓ったのです。今まで先延ばしにしてきたこれらのことを絶対に日本語のほかに数ヶ国語に記さなくてはいけないと。

海外に出る人、海外で結婚した人、海外に住む人、海外で生まれた日本の子供に正しく知らしめないといけないと いつも思っていて先延ばしにしていた私の堕落した精神。エリス島には まだ日本髪に結った若い少女達の入国の書類が彼女達の筆跡も生々しく残っていました。
健気で真面目な日本人の姿がセピア色の写真に残っていました。粗末な着物と生真面目な顔、どんな決意で異国に渡ったろうかと その心中を思いやるも切ないのに その後に待っていた過酷な運命。
私はもう はらはらと涙をこぼしてしまってそこから立ち去れなかったのです。

この移民の島の 建物に一歩踏み入れた時から感じていた悲しい重い辛い気持ちは 彼女達の運命そのもののようでした。やはり残るのですよ 人間のそうした苦しみは 何年経とうとそこにあるのです。魂がさまよって何かを語ってくるのです。

怠け者の私には何をどこから手をつけていいのか分かりませんでしたが こうやってブログを立ち上げてみるとだんだんと手順が浮かんできました。これならやれそうだと。

隣近所の人を啓蒙するのは勿論ですが いくら日本語で書いていても反論できない。海外で反論できない。
私達は黙っちゃあいけないのです。論拠を示さないといけない。
ですから、資料室を作りますから是非 活用してください。間違いがあればご指摘下さい。

英文ブログには 基本的には和訳をつけようと思います。私ですら その方がピンと来るからです。

日本史を知らない海外在住の方は和訳で知る片手間にお住まいの国の言語の史実を手に入れてください。

そこで生まれて必ずや学齢に達したら現地の学校で日本の卑怯を授業で言われます。その時に朗々と弁明できる子供に育ててくださいね。これは母親は 父親は何を差し置いても海外で産んでしまった子供のためにしてやらなくてはいけない一事です。子供に誇りを持たせてやる、ということです。どんな三角関数よりこれこそを教えてやらなくてはいけないのです。
真珠湾攻撃が アメリカには分かっていたこと、その上で自国の国民を犠牲にしたことがどんなに腹黒いかを知らなくてはいけませんし、実は中国本土でフライングタイガースとして米国はルーズベルトの極秘の使命を帯びて既に参戦していた。真珠湾が始まりではないという史実。これをしっかり教えてやるりは親の務めと思います。
歴史の時間で 子供がこれを発表すれば尊敬されることはあっても叩かれることはありません。

私は今から それらの子供達のために一次資料をどんどん英文ブログに入れて行きます。多言語に翻訳して下さる方がありましたら 記事一つでもいいですから私の倉庫にご寄付くださいね。そうして保守の観点から正しいと思われる精査された一次資料を蓄えて行きましょう!!

私は まだ十分若いと思えるのですが 人の命は先が分かりません。
海外で誇りを持って暮らして来れたその祖国への恩返しに 私はこれこそライフワークと心得て残りの人生をこれに多く注ぎ込もうと決心しています。ネットは有り難く、協力者もきっと増えて行くと信じています。

海外に行く予定もなく、海外生まれの子供もとりあえずは居ない方、Youtubeなどでどうもとんでもない投稿が英文でされていますから そんな時、ここに取りに来て貼り付けるだけでも貼り付けて逆襲してくださいね。Look!!なんてこんな一言だけでURL貼り付けるだけでも逆襲です。今年はここにいらっしゃる方にも行動の年としていただきたいです。言われっぱなしで頭を垂れ、どんな捏造にも抗議もせず 大金をどんどんばら撒いて彼らの足下に膝まづく、それが日本政府の長年の態度でした。

このような民族は感謝されることも 尊敬されることも無く、いつかきっとこの事なかれ主義のツケが回ってきます。
今がその時だと感じていただけたらと思います。

実は小沢、鳩山はじめ沢山記事が溜まっていますが まずは今日はご報告として。


............ご参考

硫黄島(いおうとう)は、東京都小笠原村に属する東西8キロメートル、南北4キロメートルの火山列島(硫黄列島)中最大の島である。
一番標高の高い地点は摺鉢山で標高169メートルである。現在自衛隊の基地となっている。旧島民らの慰霊や基地施設の工事などの例外を除き、一般民間人の上陸は禁止されている。
太平洋戦争の激戦(硫黄島の戦い)の地として世界的に有名

........検索していて重厚なサイトも沢山ありましたが
ここ↓にずらずらと出てくるものが一番 硫黄島のさまよえる霊のお話も胸にこたえます。
http://www.geocities.jp/g6thh/iou.html

硫黄島玉砕の詳細サイト↓
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/hondo-iou.htm

激戦の地。硫黄島では誰しも幽霊を見るそうです。旧日本兵の幽霊。足音がしたり、歩いてるのを見たり、時には宿舎に入ってくるそうです。それは幽霊を信じる人も信じない人も今まで見たことない人も見たり、聞いたりするそうです。
しかし、ある日からその旧日本兵の幽霊が姿を消します。
昭和天皇が慰安訪問されたそうです。
その日以来、幽霊はでなくなったそうです。ということですが青山さんの取材の日には霊を体感しています。

<硫黄島では>
もちろん、今も土豪は残っているそうです。土豪の中は気温50度。
硫黄の熱で土の中は灼熱地獄だそうです。
そんな中に我々のおじいさんやひいおじいちゃん達はアメリカ軍と戦うためにこもって生活し戦っていたそうです。ちなみに南国生まれの友達は10分とてそこに入れなかったそうです。あまりの暑さに。

アメリカ海兵隊60,000人、日本軍守備隊21,000人が激突。5日間で占領とふんだ米軍に、日本軍は激しく抵抗、戦いは1ヶ月以上続いた後、日本軍は全滅。米軍は太平洋戦争以来最悪の、28,000人の死傷者を出した。
 補給もないまま戦った日本軍は、持久戦の果てに悲壮な最期を遂げ、硫黄島は玉砕の島となった。地下壕に充満した飢えと乾き。21,000人のうち、生還したのはわずか1,000人だった。

(以上、ネットより拝借)

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

21 : 52 : 49 | 日本の近代史 | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑

英文倉庫を立ち上げました!! 


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


日本語の日本史資料は沢山ありますが 英語となると 探す、読む、理解する、使えるかどうか検討する、と言う手間があって自分でいちいち検索できにくいです。
海外に出ている日本人も多いのに 英語で書いた物をまとめて集大成というのがさっと見つかって欲しい、そういう不便さから史実を世界に発信する会の茂木さんのご許可もいただいて、英文ブログを立ち上げました。昨日と今日の分しか出ていませんが これをペース基地にして ここからドイツ語やフランス語、スペイン語に翻訳して下さる現地住まいの協力者、読者の方達の参加で数ヶ国語に翻訳して行くつもりです。

ただ今イタリア語のできる方、募集中です。是非、ご応募くださいませ。その他の言語、又上記に挙げた言語と重複しても人数が多いのは助かりますので是非 自推してください 楽しみに待っています。

英語で書いてあると その他の言語にするのはそんなに難しくありません。現地生活の長い方だととにかく一次下書ききくらいはすらすらっと翻訳できます

国際結婚している方はご主人、奥様のネイティブにちょっと添削していただく。=第一次原稿起こし&添削二次原稿

現地人だからと言って 国語が得意なわけではないので この二次原稿を知り合いの国語が得意な現地人にちょっと見てもらう。作文の得意な人にとってより良い文章に手を入れるっていうのは朝飯前です。もしもそのご友人が歴史の先生だったり 知識人だったり 親日家であれば興味を持って喜んでやってもらえましょう。あっという間にやってくれる人、と言う資質さえあれば。人選はこれを主眼で。=完成原稿

このようにして 人と相談したり会議したり メールを回して時間ばっかりかかると言う弊害なしに
黙々と一人で翻訳しては伴侶や友人にメールで回して添削してもらうという世界で一番楽な方法で良い翻訳に完成するというアイディアです。無料。あらかじめ相手とは話してあるので送り状や説明など一切なしでそのまま送る→そのまま直って返ってくる 手紙無し、という簡単さなら誰でも嫌がりません。複数候補が出ることでしょう。

この一次原稿起こし、は、そんなに難しくありません。現地に長く住んでる日本人には大した手間ではありません。
それにいつもこれらの史実で嫌な思いをしたり、よく説明できなくて悔しい思いをしているので、この際頑張ろうというものです。結婚している人は 自分の大切な伴侶にこれらの史実は知って欲しい、説明したいといつも思っているものです。これはいいチャンスではないでしょうか。あるいは高校生くらいになっている子供をお持ちの方には、日本の史実を知ってもらうためにも 親の翻訳を直しつつ ちょっと読んでもらえる。親子のかけがえのない時間が持てるチャンスです。ただし家庭内でこのような上手いリレーにならない場合は 不和になるといけないのでぎくしゃくしたらすぐに家族の参加はやめましょう。なに、完成してからプリントしてその辺に置いておけばいつかは見てくれます。時間をかけましょう。焦りは禁物です。現地に住んでいれば回りはみんな母国語の人たちばかりなのであっさり友人にスライドしてしまいましょう。
インテリのお友達は必ず数人傍に居る物です。添削者に困らないでしょう。

海外に駐在される方、留学生、皆さんどんどん活用してください。
今は時間のゆとりが無いので資料室だけですが 充実できて暇が持てたらディベート室も作り、徹底的に論戦を張ります。こういうやり取りも各国言語ですぐ活用できるようにしたいと思います。

←のリンクの五番目あたりにいつも置いておきますので 活用してくださいね
ただし英文倉庫プログの方には日本語のコメントはしばらくご遠慮させてください。唯一の欠点はなんか変なところで改行されて無様にぶった切りになることです。これ、FC2のテンプレートなので英文配慮がされていないのかしら?いずれは こういう弊害の無いところに引っ越すなり どなたか原因の分かる方ありましたら教えて下さいませ。とにかく今は 四の五の言ってないでアップしていくことが最重要と思います。頑張るぞーーーーー!!
私は皆さん、国会議事堂に決死の覚悟のデモで参加できませんので このような援護射撃で貢献することにしました。どうか機動隊をも突破して国会で通らんとしている亡国法案に大いに抗議し、机をもタタッ壊す覚悟で阻止してくださいませ!!


Japanese Modern History-The Facts-

当プログに初めて来られた方のために筆者自己紹介、ブログの主旨

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

23 : 02 : 50 | 日本の近代史 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑

竹島と高校解説書 固有の領土となぜ教えぬ


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


【主張】竹島と高校解説書 固有の領土となぜ教えぬ2009.12.27 02:46 サンケイより抜粋

 高校の新しい学習指導要領の解説書で領土問題について竹島(島根県)が明記されなかった
昨年改定した中学用では「我が国と韓国の間に主張に相違があることなどにも触れ」と初めて竹島について記述した。
ところが今回の高校用では、竹島の言葉を入れず、「中学校における学習を踏まえ」とあいまいな表現になった。何を遠慮したのか、これではどの国の領土なのか分からない。北方領土とともに竹島が日本固有の領土であることを明確に教えるべきである。

 解説書は指導要領の内容を具体的に説明したもので、教科書編集や授業に反映される。鳩山政権では初の解説書改定だが、学校で教えるべきことをきちんと教えない事態は国益にも反する。
中学解説書の改定時には、韓国の李明博新政権への配慮もあって、竹島が「日本固有の領土」と明記されなかった。高校でさらに記述が後退したのは残念だ。

 政府は「韓国への配慮」を否定したが、韓国メディアは「苦心した跡がみえる」などと日韓関係に配慮したとの見方を一斉に伝えた。日本政府は足元を見られていることに気づくべきだ。
逆に韓国の教科書では、竹島(韓国名・独島)が韓国領土であると詳しく記述している。解説書の記述見送りは、領土問題での後退と受けとられかねない。

 北方領土についても高校解説書では、中学解説書にあったロシアに不法に占拠されている事実の記述が省かれた
高校解説書で記述が後退した理由について、鈴木寛文部科学副大臣は、民主党が学習指導要領の大綱化(簡素化)を掲げていることをあげた。大綱化とは、縛りを必要最小限にし、学校現場の指導の裁量を広げようというものだ。

 しかし、北方領土や竹島が日本の領土であり、不法占拠されている事実を教えることは大綱化とは全く関係ない。

 川端達夫文科相は「自国の領土問題を子供たちに正しく理解させることが私たちの使命」だとした。だが領土問題では北海道教職員組合が昨年、竹島について「韓国の主張が事実にのっとっている」などとした資料を学校に配布する問題が起きている。
 新指導要領では国や郷土についての教育が重視された。民主党政権で、おろそかになることがあってはならない。

さすがは新聞だけあって表現が穏やかだ。私が書くとこうはいかないだろうと思う。
民主党政権で、おろそかになることがあってはならない←「かくもおろそかにされている」と書く、例えば。
私は実は竹島の教科書問題については 多分皆さんと同じように何日も前から知っていたのだけれど ここに挙げることもできないくらいに胸が苦しかった。苦しみと切なさで血が逆流しそうになる。頭の隅にいつもオリのように何をしていてもそこにこれがある。竹島、尖閣、対馬、よなくに島、北方の四島ではなくて千島列島全部と樺太。
安倍さんが必死で通した教育基本法が 全部流されてしまっている。
当たり前だ 日教組が政界の重鎮になったのだもの。

Toutubeで竹島を検索かすると 韓国の小学校で来る日も来る日も授業でこの島が返還されないといけないなどと教えられていて子供が竹島のお絵かきを一斉にさせられているのがある。これを見れば驚くだろう、つまりこのようにして幼心に植えつけているのだ。だから信じて疑わない。アイリス・チャンの両親がハーバードで博士号を取るようなインテリでも、その娘におとぎ話の代わりに南京虐殺を話して聞かせたという。この両親は虐殺のときに生まれていない。それでも反復して教え込まれた想像の映像が頭と心に植え付けられてしまったのだろう。
大切なわが子の精神の奥深くに注入するくらいにこの 激しい憎悪を伝える。あれらの国の人々はこのようにして深い恨みをまるで必須ビタミンのようにして飲み続けるのだ。子供達に注射し続けるのだ。

このような国が参政権を得てどっと流れ込もうとしているのに 日本では教えない。
無防備のままにして、大人にし、逆輸入の捏造史観にショックを受けてたちまち贖罪に奔走する。このルーティンを絶対にやめないのだ。日本人に知性は無いのか?
日本の指導者に理性は無いのか?

どうしていつまでもいつまでも こうなのだ?

主張の後の争いを恐れて いつも黒い物を白いと言い続けてきた。あんまり言い続けるのでこれが真実だと思い込んでしまっている。けれども まさか日本海を東海とは誰も思っていない。けれども最近は この「まさか」まで日本人があちらの捏造を入れて主張援護するようになった。記事を読むと目を疑う。↓


北海道教職員組合「韓国の主張が正しい」
http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2009/12/25/PYH2009122501270001300_P2.jpg
▲上空から眺めた独島の東島と西島(資料写真)

(東京=聯合ニュース)チェ・イラク特派員=日本北海道の教職員団体である「北海道教職員組合」が
昨年11月、日本の独島(ドクト、日本名:竹島)領有権を一蹴して韓国の主張が正しいとする内容
を機関紙にのせて会員に配布したことが確認された。

日本産経新聞は27日の社説で日本の独島領有権を強力に主張し「北海道教職員組合が昨年竹
島(独島の日本式表記)に対して'韓国の主張が事実にあっている'などの内容を記した資料を学校
に配布する問題が発生した」と批判した。

該当資料はこの団体が昨年11月28日発行した機関紙の「北教」であると伝えられた。当時、北教
は「竹島問題は韓国の主張が事実にのっとっている。島根県などが竹島の領有権を主張する行
為は日本の侵略・植民地支配を正当化する不当この上ないことだ」と強く批判したことが分かった。

日本国内で独島領有権と関連して韓国側の主張が正しいと認め、日本の領有権主張を批判した
のはきわめて異例だ。
(←というか いよいよもってここまで来たか!ではないですか? 筆者の注)

北海道教職員組合関係者はこの日、聯合ニュースとの通話で「担当者が休暇中なので正確なこと
は分からないが、(ロシアと領有権紛争になっている)北方領土とその(独島)問題については、私た
ちの組合でずっと取り扱ってきたと理解する。しかし具体的な内容は知らない」と話した。

北教は毎月二度発行され組合所属の教師数万人に配布される。
ソース:聯合ニュース(韓国語) 日北海道教職員組合「独島、韓国主張正しい」
http://www.yonhapnews.co.kr/international/2009/12/27/0601010100AKR20091227030400073.HTML
※同組合は組合員数については公開していないが、北海道の教職員の組合加入率は約30%に達するとされている。

対馬危ないし、沖縄はずっとおかしいと言われ続けているけれど 北海道もですよ。
どうするんですか?人体で言えば 手足がエソ(壊疽)状態で 頭もやられて 胴体だって大阪なんか凄く変だし
「ジョニーは戦場に行った」という凄く古いショックな反戦映画があったけれど 主人公の最後の姿より日本は無残なんじゃないでしょうか。もう こうなったら保守にびっくりするような人が立たないとみんな驚かないですよ。
櫻井よしこさん、私、政治家に向きません、なんて言ってないで立ってほしいな。
だって中韓が入ってくると真っ先にやられるのはあれらの保守系言論人なのだから ここでペンを持つ手に槍も携えて、つまり政治家になって最前線で戦ってくれないと。

←のリンク一覧の上から四番目に拡散用のあて先メルアドを保存しました。
皆さん 抗議先 政府 国会議員は ここからいつでも取れます。ご活用下さい。最近 桜井さんにもメールで立ってほしいとお願いしている私です。皆さんも櫻井よしこさんに立ってほしいと是非、メールを。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

22 : 42 : 59 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

嗜虐史観について


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


クリスマスだというので お正月も間近だというので家族から電話が来る。私は一ヶ月前に母と衝突して正月に来るなと言われています。身内の恥をさらすようで心苦しいですが日本人の年配の人の嗜虐史観がどれほど根強いものかという身のうちが震えるような真実がここにあります。
実は ブログのコメントで笑えるから是非こころ穏やかにこれを見て泣いてばかりいないで笑いなさいと置いていってくれた読者のおかしい動画で 確かに夕べ笑えたのですが、今朝母から電話がかかってまた真っ逆さまに谷に転落してしまいました。

母はどんなに説明しても もう魂に杭を打ち込まれたようにして、まるでそれが彼女の骨髄の一部であるがごとくに日本が中国やアジアで悪を働いたと信じています。いわゆる村山、河野談話と同じ史観です。

それから慰安婦についても絶対に信じているのです。全身全霊で信じているのではないかと思わせるだけの気迫でこれを信じているのが言葉に出ます。出るどころか反対の釈明をすると色をなして激怒するのには私は絶望してしまいます。それでたった一人の母すらも絶対に説得できない 後ろめたさと不甲斐なさで このブログを始めました。つまり近隣の誰それに拡散して欲しい、みんなで周りの人から始めてほしいと言いながら 自分は母親一人なんともできないのです。
一つには 私が彼女の子供だということで、はなから見下している。私のいう事など信じられないと堅く思っている。
次にどこで仕入れた知識なのか 自分は戦争を体験しているのだからアンタなんかとは違う生き証人なのだというプライドがある。戦争を知らないくせに聞きかじって生意気を言う。とんでもない捏造を言うと反論するのです。
とんでもない捏造をして日本を弁護する」と言う非難を向けます。

彼女はおそらく一冊の戦争の証明本も読んでいない。田原総一郎の番組とその他の政治番組とニュースだけで生きてきている。新聞は朝日新聞が唯一まともだと感じている昭和一桁生まれです。←朝日が捏造の新聞社だというのは周知の事実ですが こういうのです。目が丸くなってこれには反論できませんでした。途方に暮れたからです。

こういう人に どんなにお願いしても 話が聞いてもらえないのです

今日は五分でいいから聞いて欲しいと嘆願して始めましたが、途中でさえぎられ、激怒されて一方的に電話を切られてしまいました。

日本が清国で残虐していない 慰安婦など嘘だといくら言っても激怒します。最後まで聞いてもらえないし ソ連で見つかった文書、台湾から出た国民党の秘密文書、ルーズベルトの陰謀も何にも耳に入らないのです。←ご存知、ヴエノナ文書、蒋介石の国民党極秘文書、米国の数々の極秘文書です。日本が出した文じゃない国家の公文書だと言っても聞かないのです。心に届かない。

「私が日本人として日本を毀損しているといって怒るなら分かるけれど日本を弁護しているのになぜ激怒するのだ」
と言えば、戦争が終わって60年なのになんでいまだに戦争の話をするのだと激怒します。

きちんと検証していないからいまだに海外で決議されて賠償金を求められると説明すれば、
もういくら海外で何を言われても日本の腹一つなんだから関係ないと言い切ります。←小沢と鳩山が湯水のような賠償金を考えているのは知らないのだろうかと絶句します。

あなたは自分で好きで外国に住んでいるのだから日本人としていくらでも弁解して生きて行けとまで言われてしまいます。自分は国内に居るんだから関係ないと言わんばかりです。一体自分に話してどうしようと言うのだ、と。

↑そりゃあ 民主がどんなに危険かが分かってほしいし 次の選挙で入れて欲しくないし
あの戦争をちゃんと理解していれば国策を間違えないし危険な法案にすぐに気づくはずだからです。
外国人参政権がもう数週間で通ろうとしていて これを阻止しないといけない意味が、嗜虐史観の人には分からない。
60だの70代の国民の票がとても無視できないからです。

そもそもは こうです。日本が中国でさんざん酷いことをしているのだから何を言われても反論できないというようなことを必ず 母が無意識に言うのです。これが私は聞き捨てならないのです。
勝海舟と西郷隆盛とどっちが好きか、という論争ならいくらでもあっさり譲りますが。

ですから もうこの関連の話に行かないように注意しているのですが たまたま別の国の別の民族運動について話が出てしまいました。ここで彼女が言ったのです。「日本だって人のことは言えない、中国でしたことを思えば」と。

私は言い争いにこそなれ、無駄なので絶対に何も言うのはよそうとしていますが これを言われては黙って居られないのです。どうしても黙って 相槌が打てない。そうね、とは言えない。
これは口が裂けても言えないのです。黙過できない。誰が相手でも私はそこで手を止めて正します。
それが事なかれ主義の国の国民のせめてもの義務だからです。

そうして一方的にあちらが激怒して、もう一度文句を言うために彼女がかけてきた二度目の電話も一方的に切られてしまいました。
子供なんだから一度でいいから五分だけ聞いて欲しいと嘆願してこのザマです。

母がこのまま硬直して 会わないままの正月が何回か来て そのまま他界しても私はこれを黙過できないです。

私の母は絵に描いたような ごちごちの嗜虐史観で 自民を嫌い、自民の中ではまぁ河野太郎は一生懸命やっていると信じています。←言わずと知れた売国議員の河野太郎ですが、彼女の評価は真逆です。
中川昭一は不埒でどうしようもなく、田母神は大嫌いで虫唾が走るらしいです。先の選挙では民主に入れて どうにもなりません。竹島が取られていると言えば取られていないと言い、尖閣がやられていると言えばやられていないと言い...日本が危ないと言えば平和憲法だから大丈夫だと言います。何がどこが大丈夫なのだと言えば二度と戦争はいけない。アメリカが助けに来る事になっていると言います。←どこから始めたらいいのか分からないので 黙ります。

では、百歩譲って私が戦争のことは何も知らないとしても、どうして私が日本を弁護すると「激怒しないといけないのだ」おかしいではないかと言えば 自分は戦争から帰ってきた人の話をいっぱい聞いている 本当の話ばかりだ あなたの言うことなんか一つも信じられない、です。

いっぱい聞いたという話だっておそらく私の父の話が五つくらいと 誰彼の話が三つ四つに決まっています。
100だの50の証言ではないです。

私の母は このようにして又民主党に律儀に投票に行くでしょう
政治問題にはいつも熱心にテレビを睨み、一定の判断が正しく出来ると信じています。

少し気を取り直して頑張ろうかな、と思った今朝一番の電話で あえなく撃沈です。
このブログは 誰かを覚醒させるために役立っているのでしょうか。
私が貼り付ける連絡先が 拡散に役立っているのでしょうか。
母の代わりに五人だけでも誰かを目覚ますことができたでしょうか....
本当に辛いことです。



人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

20 : 58 : 01 | 日本の近代史 | トラックバック(1) | コメント(16) | page top↑

NHKの台本は左翼の香り


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


私の大好きな坂の上の雲、NHKがドラマ化するというので半分不安で 半分楽しみにしていた。
たまたまネットで遭遇することができたので 第四回  日清開戦を見た。
戦争のシーンはNHKのもろ捏造が入っているという呼び声が高かったので どこかなぁと思いつつ見ていたら、出ましたね。一時間過ぎるあたりで。日本の兵隊が中国人の老人に手荒なことをする。中国人は日本人が来たと言って逃げ惑う。ご丁寧に子供が怯えて泣いたりする。
もう、この姑息な演出! この子の親は日本人に殺されたのだ 大きくなったら仕返しをするぞ、なんて陳腐なせりふを吐かせる。詩人の感受性の強い正岡子規が衝撃を受けるっていう、シーン。
これねぇ 違いますよ。中国人っていうのは中国の軍人というか匪賊やらなにやらにとにかく酷い目に遭っていた
いつの時代でもそうでしたね。だからこんなね、日本の農村風に幸せなところに闖入者が鬼のようにして入ってきた、みたいな態度は取らなかったと思います。
逆です。南京のときでも松井大将は それはそれは慈悲の心の強い立派な方だったので私財を投げ打って中国の難民達に食料を与えたのですね。

兵隊はまるで南京虐殺の前ぶれ、証明のようにして良民の家に押し入って何か盗む。銃剣で老人を殴る。
信じられない、こんなシーン。

司馬遼太郎の小説にこんな場面は絶対に無かった。なんでこんなものを捏造するのだ?
司馬遼が書いたのなら 仕方がないけれど 書いてないものをどうして挿入する必要があるのだろう。しかも日本人が残酷に見えるように なるべく容赦ない軍人が居たかのように。
ああ、嫌だ。

NHKって誰を満足させるためにこういうサービスを必ずするのかしら。これ見ると信じちゃいますよね原作読んでいない人なんかは。

パール判事の残した物だったでしょうか、パール判事が何を言いたかったか、と言う余韻が残るような仕上げにした番組も確か割合最近、NHKでありました。これが本物のパール判事の主張とは全然違う思想を示唆したいやーーーーな、後味のわるーーーーーい、又日本が悪い、反省しろよ的な仕上げを加えてありました。パール判事は日本無罪論ですから全然これとは逆で、違うわけです。

広島の「過ちは二度と繰り返しませんから」の碑を烈火のごとく怒ったという話が残っているくらいなのにNHKは湿っぽい嗜虐感を必ず植えつける田植えを絶対に忘れない。
真実を曲げて日本人を落ち込ませないでは気が済まない。
日本人の真の敵はマスコミっていうのは 本当ですよね。

日本を悪く言わないと許せないといわんばかりの昔からのマスコミの傾向って 何なんでしょうか。
こんな国、見たことないのですが、私は日本より他に。
陥れよう、陥れようとしますね いつも。

毎日 検察、国税局、地検、内閣府などに抗議しているだけでも大変なのに これに又NHKにも抗議しないといけなくなる。私の人生後半は 抗議メールの合間に送る人生って感じでしょうか。
新聞も酷いですが NHKはお金かけていい俳優使って 結構見栄えのいいものを作るので この刷り込みが余計に効を奏する。本当に良くない。犯罪です。そう、絶対にこの種のものは犯罪です。
周囲の人たちにも知らせないといけないですね。




人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

09 : 09 : 51 | 日本の近代史 | トラックバック(2) | コメント(8) | page top↑

日本が朝鮮半島や中国に出した総額/まずは17兆


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


中国はまだ調べていませんが北朝鮮だけで8兆7800億円、韓国には8兆1500億円、結論として朝鮮半島全体では16兆9300億円に相当するとあります。
16兆9300億円

ODAとか 色んな支援とか、とにかく全部で今まで幾ら出したの?という数字を一度きっちり出したらどうでしょうか。
こんなのは役人が調べたら一日で分かると思うのですが。
しかもこれ、大東亜戦争終結当時の1945年の時点ですよ。

日韓基本条約で すっかり解決済み(しかも日本が一方的に損した形で収めてある)

それなのに 何回も何回もあっちは請求してくる

年月が降り注いで 日本人は日韓基本条約で終わっていることを国会議員まで忘れている

朝鮮半島は何回も何回も要求してくる。

この国民性を理解していない日本人は 何回も何回も「あら それは大変!!」と謝罪する

本当に自分達はいい加減で悪い民族だと一方的に思い込む

慰安婦だ強制連行だと言い出す=無かったことまで涙ながらに叫ぶ

こんなに言うのだから本当だろうと本も読まず、検証もしないで信じ込む日本の議員と国民

最高裁の裁判官までもが中韓をあからさまに庇護。検証する学者を罵倒するという行き過ぎまでする。

その尻馬に乗ってマスコミ、在日、カルトなどが一斉に日本人側を叩く。
日本名を持っている在日が多く国会やマスコミ、省庁に溢れているので区別がつかない。
本田勝一は元から日本人ではないと あちこちで書かれてい、これほど訴訟が好きな本人もこれを訴えた例が無い。

麻生さんが 今後謝罪はしないし、韓国ももうこのような言い立てはしないと合意に漕ぎ着けたのに
小沢が又謝罪する。鳩山幸が韓国に行って又敵に塩を送る。

天皇陛下の訪韓を画策している。目的は明白だ。阻止しなくてはならない。伊藤博文がどうなったか考えなくてはいけない。

なんで 調べもしないで鵜呑みにするよ!!
一次資料が手元になかったら とりあえずググれよ、出てきた物を全面支持しなくても とりあえず肯定論を疑え

1945年までで 17兆ですよ。朝鮮だけでね、ここから経済援助しているんだから 物凄い額でした。
あとは満州を引き上げてくるときに置いてきた物凄い財産。中国に残してきた色んなインフラ。
それから援助。ODA  一度これ、洗う必要がありますね。もしももうお持ちの方ありましたら是非教えてください。

.............以下 引用 抜粋

宮崎正弘さんの国際ニュースで読者が引用した文から拝借

「(賠償金として)経済協力の形で、韓国に出しただけは払わなければならない。」というが、「日韓基本条約」も知らないのか?1965年の「日韓基本条約」と同時に締結された付随協約の「日韓請求権並びに経済協力協定」によって日本は既に韓国に対し、北朝鮮の分まで請求権を放棄し、北朝鮮の分まで経済援助をし終えている。

 本来、サンフランシスコ講和条約(1952年発効)では、日本が整備した鉄道、港湾や預貯金、保険などの財産について、日本と朝鮮が互いに請求できる権利(財産請求権)が認められていた。
 『日本資産 「北」に8兆円――財産請求権行使なら北朝鮮が6兆円不利』(2002/09/13、産経新聞)。日本が1945年当時、朝鮮半島の北朝鮮地域に残した資産総額は、現在の価格に換算して約8兆7千8百億円に上ることが12日、分かった。

日朝双方がサンフランシスコ講和条約の財産請求権を行使した場合、日本が北朝鮮に支払う額より、北朝鮮が日本に支払う額の方が約5、6兆円超過し、北朝鮮側が大幅に不利になるとされる。
現体制維持のために不可欠な巨額資金が必要とされる北朝鮮が「補償」要求から一転して「経済協力方式」に応じる構えをみせ始めた最大の理由には、そうした不利を回避するねらいがあるとみられる。戦前に日本が朝鮮半島(北朝鮮と韓国)に残した総資産は、連合国軍総司令部(GHQ)や日本銀行、旧大蔵・外務両省がそれぞれ調査を実施している。
GHQの試算では1945年8月15日時点で1ドル=15円で総資産891億2000万円。総合卸売物価指数(190)をもとに現在の価格に換算すると、16兆9300億円に相当する。

 このうち、政府、個人資産と港湾など軍関連施設以外の資産は、鴨緑江の水豊ダムなど北朝鮮に残したものが当時の価格で445億7千万円。軍関連資産は16億5千万円となり、非軍事と軍事の両方で462億2千万円。総合卸売物価指数の190を掛けると現在価格で8兆7千8百億円相当となる。
 逆に北朝鮮の日本に対する財産請求額を推定する材料として、韓国政府が1949年3月に米国務省に提出した「対日賠償要求調書」がある。金や美術品など現物返還要求分を除き、要求総額は314億円(1ドル=15円)で、現在の価値に換算すると5兆9600億円。これは北朝鮮地域の財産も一部含めた額とみられる。

このため、サンフランシスコ講和条約に基づく北朝鮮の国際法上の請求額はこれをさらに下回り、「日本との差額は5兆-6兆円になると推定される」(政府関係者)。
 北朝鮮側は、91年に始まった日朝国交正常化交渉から、日本政府に対し、数千億円から約1兆円に上る「補償」を要求してきたとされる。

 だが、日本政府は講和条約という国際法上の権利と65年の韓国との国交正常化とのバランスを考慮。現実的な解決策として、メンツよりも実利を優先させた「経済協力方式」による資金提供には応じられるとの方針を伝えてきた。
拉致問題やミサイル開発・輸出、核査察問題がクリアされることが条件となるが、日本政府としては、法的権利として日本も財産請求権を持つことをさきの局長級協議で通告。
 首脳会談ではこうした実態を踏まえたうえで、「経済協力方式」による解決を北朝鮮側に促していく考えだ。
 戦前に日本が朝鮮半島(北朝鮮と韓国)に残した総資産は、16兆9000億円。更に、日本人が朝鮮半島に残してきた個人資産は4兆9000億円

■朝鮮半島に残した日本の資産■(GHQ資料など/1ドル=15円)
昭和20年8月15日時点
 朝鮮半島全体          891.2億円
 北朝鮮             462.2億円
 韓国              429.0億円
―――――
現在価格
 朝鮮半島全体 891.2×190=16兆9300億円
 北朝鮮     462.2×190= 8兆7800億円
 韓国      429.0×190= 8兆1500億円

(注)「190」は国内外の企業間取引の価格を測るモノサシである総合卸売物価指数。昭和9年から11年までの平均を「1」とした場合、平成13年は「666」。これを昭和20年の「3.5」で割った数値(日銀調べ)

つまり日本が北朝鮮に請求できる財産は8兆7800億円で、北朝鮮が日本に請求できる財産は約3兆円程度のため、日本と北朝鮮が「過去の清算」をすると、日本が北朝鮮から5~6兆円受け取ることになる。
 しかし前述のとおり、1965年の「日韓基本条約」と同時に締結された付随協約の「日韓請求権並びに経済協力協定」によって日本は既に、北朝鮮の分まで請求権を放棄し、北朝鮮の分まで韓国に経済援助をし終えている」(引用止め)
...................................
こんなショックなものまで見つけてしまいました。
あちこちに出ていますが 流石にオリジナルをいつまでも掲載していないでしょうから元ソースは探せていません。

国籍問題を考える・資料集  日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

講師
 ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという
人がいますが、外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。
そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
これが夢です(笑)。
そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。
こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったら
ダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm(現在は削除されて
隠蔽されております。

>外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
>私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
>これが夢です(笑)。

>李敬宰
在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会
会長  → → → 李敬宰 ← ← ←(大阪・高槻むくげの会)
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/
設立記念集会の報告 「在日コリアンの日本国籍取得権

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

18 : 03 : 10 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

世界の定説、日本人残忍説


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


英文ブログ立ち上げのために 資料を探していると
こんな情けない動画に行き着いてしまった。

私は駐米大使の斉藤氏が アイリスチャンとの討論で終始謝罪を繰り返したことは知っていたのだけれど
見たくなかった。大使の動画はどうしても今でも見れないので アイリスの言い分を聞いてみたけれど
二秒でもう堪えられなかった。

http://www.history.gr.jp/~nanking/books_changtv98.html

どうして今更南京なのかなと 日本の皆さんはもうここにいらっしゃるような方達は沢山読んだ後なので
あれは無かった、という事実を踏まえて乗り越えていらしていると思うのですが、欧米では日本と言われて
ソニーやシャープを連想する前に南京大虐殺だと言われるくらいに これが定着してしまっています。

その欧米に住んでる身として これは本当に放置できないのです。
でもめんどくさいから政府にやってほしいと思います。私の半生はこれで終わってしまうからです。
それで昨晩 戸板議員の国会での歴史認識の問題提起を動画で見ましたが 政府の対応が真面目ではなかったです。外務大臣はなんと麻生さんでしたが非常に失望する形で見事なはぐらかし返答をしていました。これでは道は何も開けないと痛感しました。
一方では国が後ろ盾になってこれをやっているのに 日本は丸腰。かつ、本当に友愛したいならこの誤解と定説を打ち砕かないと日本人など死んじまえ と憎悪する人たちに取り囲まれて生きて行けなくなります。
日本の国内にいると 国内問題さえ解決すればいいと思うかもしれませんが むしろ国内の売国左翼などは放っておいても海外での処理を早急にしないといけません。国会議員などといういつも目が国内の有権者にばかり行く人たちは 海外での日本の立場がナチス以下になって行く事に意識が回っていません。至誠を貫けば分かってくれると思っています。あちらが百も承知で自国民を騙して国のエネルギーにしているのに こんなことが分からないでしょうか。共産主義は常に敵が必要なのです。そうして生産されたゾンビに向かって至誠つくしてどうするんですか?聞く耳持たないです。至誠を尽くさないといけないのは 報復されかねない自国民に対してで、海外ではありません。
いや、でもこれ、民主党にはできませんよ はなからダメです。小沢についていった142人は勿論論外で
脱税総理も中核 赤軍の内閣も勿論のこと論外。出来る人がいないです。

麻生さんや安倍さんでも出来るだろうかと不安が残ります。日本は誰か出て来て戒厳令にならないとどうにもなりません。三島由紀夫が今出たらなぁ....あの時以上に国民はぽっけぽけでしょうかねぇ...

だいたい、虐殺ホロコーストの民族だと信じている人たちに どうやって共同体とか友愛とかできるんですか?
できると思っているんだろうな 鳩は。あれは芝居なのか本気なのか そこが分からない。

ドイツの翻訳者でさえ、ご主人のドイツ人が南京が冤罪だというのは読んで意味は分かるけれど やっぱり信じられないと言ったそうです。つまり奥さんを信じている旦那さんでも定説から離れることができないくらいに深刻です。

私は過日 こちらで非常に親しくしている若い男性との会話で この人は日本人妻とハーフの二人の子供のいる親日家であるにも関わらず あの虐殺の動画を信じています。そうしてどうやっても冤罪であることを信じてもらえませんでした。日本に民族の歴史の中で顕著な寄付金やODAわ振舞うお金があるのなら、どうして自分の冤罪を晴らすために職員の50人 100人も雇わないでしょうか。外務省なんかには何もできません。外郭団体でなければ。

今、こうして馬鹿馬鹿しさに胸を悪くしながら自分一人で取り組もうとしている辛さと茶番をかみ締めているのですが
英文資料を探していると 先に発見した人の倉庫がフリーになっていないことに悩みます。コピーライトを掲げられては 使えません。私はこの自分の時間を大いに傾けるこのブログもこれから世界に出そうとしているブログも全部リンクフリーにするつもりでいますが、本来、これでないと対抗できないわけです。
誰でも使って持って行ってくれていいとしない限りは。
発信者は大変な労力と そして覚悟が要るのですがコピーライトの壁もとても辛いものがあります。

河野談話はどうして取り下げることができないでしょうか
村山は、どうして取り下げることが出来ないのでしょうか。

こんなつまらないところで止まっているので 駐米大使はあのような発言をします。
見れば恰幅のいい 年頃も分別の盛りの初老なのに かえってこれがアダになる。
しかし....本読まないのかね この人は。

これがどれほどの世界の憎悪を煽っているか、そのために私達がどんな危害を実際にこうむるか
それは このブログを暖房の効いた事務所や家庭でご覧になる方達の想像をはるかに超えるものです。

これは日本の命取りになります

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

18 : 39 : 21 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

張作霖爆殺事件はソ連特務機関の謀略であった


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


【ドミトリー・プロホロフ】張作霖爆殺事件はソ連特務機関の謀略であった
[桜H21/12/7]

↑の動画はつい先日のものですが、これは2006年に既に正論で発表されていました↓

1928年6月4日、張作霖は奉天(現在の瀋陽)へ引き揚げる途中、乗っていた列車が爆破され、死亡しました。馬賊から身を起こした張作霖は、一時は北京を手中にした軍閥の首領でした。

長い間、張作霖の死は、関東軍参謀の河本大作大佐らの謀略によるもの、と、いわれてきました。東京裁判でも、元陸軍省兵務局長の田中隆吉が、河本大佐の計画で実行された、と、証言しています。

関東軍による張作霖爆殺事件は、日本のいわゆる中国侵略の重要な起点として、ゆるぎない歴史の定説となっていました。

ところが、ロシアの歴史家、ドミトリー・プロホロフ氏は、張作霖を爆殺したのは、ソ連の特務機関だと、断言したのです。張作霖の反ソ的な姿勢を重大な脅威とみなした特務機関が、かれを殺害し、日本軍の仕業にみせかけていた、というのです。内藤支局長が、サンクトペテルブルクでプロホロフ氏に取材しました。2006/正論より抜粋

ソ連が崩壊してから 色々な極秘文書が出てきましたが それでもまだ沢山のものが出てきません。
私が上記の記事で一つ不思議なのは ではこの東京裁判で証言した日本人は 何を根拠に証言したのでしょうか。
ここが素人目線で気になります。私の不明によるのかもしれませんがどなたかお分かりの方、是非教えていただきたいです。

今、英文プログを用意しているので色々読み直しているところですが、どうも第二次世界大戦というのは大変な戦争だったんだなと深い感慨を覚えます。あの昔でこれだけの権謀術があったのですから、今、この今生きている私達の日々はその裏側で高度な情報戦争が繰り広げられているに違いありません。それは確かに想像を絶するようなものであるに違いなく、どんな複雑で狡猾な企みがうごめいているのかと思わずにいられません。こう言えば 保守の妄想とからかう浮薄な人たちが居ますが、南京戦の前後に動いていたコミンテルンの凄まじさというのは あんな大昔とは思えないような巧妙さです。今見てもにわかには信じられないような複雑なからくりでした。

あの、ルーズベルトの周囲が真っ赤だったなんて誰が考え付いたでしょうか。
今になって始めて人々は衝撃を受けるのです。
大分前に 確か岩波だったと思うのですが ルーズベルトは真珠湾攻撃を知っていたか、と言う本をわくわくしながら買ったのですが 結末はさんざん気を持たせておいてよく分からない、知らなかったのかもしれないと思わせるような筋書きだったのです。読後感は「そんなわけ無いだろう!」でした。
前後してヴエノナ文書のことを知り、ルーズベルトの娘婿の回想で 確かにあの日真珠湾の攻撃を舅は知っていたと発言しているんですね。すなわち 紛れも無くルーズベルトは 日本が卑怯者として世界史に長く語られるべくして真珠湾を攻撃してくれるのを待ち望んでいたわけです。こんなのはとっくに分かっていることなのに わざわざこれを題材にして書いておきながら このような結論を引き出して終わらせるっていうのは別の目的のために書かれた本なのではないかと私を目覚めさせたのでした。

つまり、日本史は、これを貶めようとしている日本人、この紛らわしい国内の人々との戦いなのではないかと。そして何故かその多くは知識人である、と。このように気づきました。
今もなお、日本国民の意識の中に埋め込まれた「日本のアジア侵略と贖罪感」
これは大変なことなんだと気づいてどれくらいになるでしょうか。今のような歴史認識の過ちから国を誤まっているのだという差し迫った思いは去年の12月には これほどなかったように思います。
今の私は あれから随分勉強もし、毎日毎日考え続けてきたせいで 少しは状況が見えてきました。
見えなかった方が 胸の動悸も少なくて良かったかもしれないのですが.....

ああ、本当にどうしてこんなに放置してしまったでしょう?
あの寒い中国の山河に倒れて行った私達の祖父や曽祖父たち。これを忘れてしまって隣のやくざな国から言われたことを丸呑みにするとは!なんと恥知らずな子孫かと 心苦しく痛ましくうなだれます。

うなだれた目線の先の新聞を見れば あのうつろな目をした脱税総理とまさに本日朝貢する売国国会議員たち142名
売国産業界の守銭奴と小沢のシンパ500数十名、日本が建国以来始めて朝貢する この日米開戦のあった12月に。
二度と帰って来るなと、本当にもう日本に返さないで下さいと、新仏に祈りたい。生涯に許される全ての精神の力を結集してどうかあの人たちを二度とこの神州に戻さないで下さいと 深い、深い祈りを捧げたい思いです。

なぜかって、こんな記事を見てしまったからです。もうこれ、ファシズムなんじゃないですか?
又国民はへいちゃらのぼつけぼけなんでしょうけど 私のような素人にもこれは大変だと映りますが。

民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪

2009.12.10 01:29 サンケイより抜粋

このニュースのトピックス:国会
 民主党政治改革推進本部(本部長・小沢一郎幹事長)が作成した官僚答弁の禁止など国会改革の詳細を記した内部資料が9日、明らかになった。資料は国会法など国会審議活性化関連法案の骨子と想定問答集。想定問答集は、内閣法制局長官について「憲法解釈を確立する権限はない。その任にあるのは内閣だ」とし、自民党政権下で内閣法制局が事実上握ってきた「憲法解釈権」を認めない立場を強調している。

 さらに「内閣の付属機関である内閣法制局長官が憲法解釈を含む政府統一見解を示してきたことが問題で、本来権限のある内閣が行えるよう整備するのが目的」と明記した。法制局長官の国会答弁を認めないことを通じ、憲法の解釈権は国会議員の閣僚が過半数を占める内閣が実際上も行使する方針を示したものだ。
 ただし「憲法解釈の変更を目的にして、今回の改正があるわけではない」と、憲法9条の解釈変更への道を開くとして警戒する社民党への配慮も示した。

 法案骨子は(1)国会で答弁する政府特別補佐人から法制局長官を除く(2)内閣府設置法と国家行政組織法を改正し副大臣、政務官の定数を増やす(3)衆参両院の規則を改正し政府参考人制度を廃止(4)国会の委員会に法制局長官を含む行政機関の職員や学識経験者、利害関係者からの意見聴取会を開く-の4点を挙げた。

 民主党政治改革推進本部は9日の役員会で骨子案を大筋で了承した。来週にも与党幹事長会談を開き、合意を得たい考えだ。

これ、平たく言うと 馬鹿ばっかりが国会議員になってどんどん酷い法律を作ってじゃんじゃん通してしまうと大変なことになる。こういう危険性を見越して、予防するためにあったシステムを無くしてしまうってことでしょう?そうですよね。 違憲の法案を出しまくって 国民が違憲じゃないか!と気がつかないうちに好き放題してしまうつもりですね。例えば外国人参政権は違憲だといい、署名も八万人もしたのにつらーーーーーっとしているじゃないですか。
今度は 署名も何も無視してどんどん行こうと。そういう目的でしょう?


独裁政治であり、ファシズムの台頭でなくて何なんです?これ。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

06 : 22 : 22 | 日本の近代史 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
11位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。