FC2ブログ

続 モナコ


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


国会中継を見ると いまだに盛りかけから離れないみたいで びっくりというより絶望してしまうので
もう何も見る物がありません。
私の大嫌いなホリエモンが 国会なんかいらないと発言していて議員も国会もいらないというのは私は
今回ばかりは同感です。

まぁ なんと下らない事に時間と莫大な費用をかけているのかと。
すると自民あたりの優秀な議員が自分たちは一生懸命勉強会などやっていると反発するんですが
なんでいまだにどぶ板またいで足で有権者を訪ねていると自慢するのかと言い返されていましたが
いくら勉強会をしたって 最後はモリかけで終始している下らない国会が頂点だったら議員もいらないと
思い上がりの強い、肉ったらしい 辟易とする傲慢なホリエモンの意見のがまっとうな気がしてしまうくらい 
国会の在り方がつまりは酷い。

これしか居ないの?というくらいに 貧相な野党と 誰も好きになれない期待も出来ない議員ばかり。

またぞろモナコを思い出してしまいました。
たったの二平方キロしかないバチカンの次くらいに小さいこの国のレーニエ三世がグレースケリーに求婚したときは
第二次大戦後で国庫は空っぽ。
フランスからは後継ぎが生まれなかったら国土没収の威圧がかかっており、あの結婚は世紀の政略結婚以外の何物でもなかったというのですね。私は確か母から子供のころに世紀のおとぎ話かのようにきかされていましたが 母は何もわかってなかったのですね。

戦争後 もうカジノどころではないかつての大金持ちや 戦争成金を呼び戻したくて 大女優を娶って華々しく世界の注目を集めて国庫立て直しを図りたかった。
真相はこういう政治的背景にあったようです。

しかも あの御面相のレーニエは グレースケリーの実家に二百万ドルの輿入れ金を課したって言うのですもの びっくりです。
あの当時の二百万ドルって今の七億円くらいの威力はあったのではないかしら。
ケリー家は大した大金持ちだったので何でもなかったらしいですが それでも持参金を付けないといけないような娘ではないと一度は辛らつに跳ね退けたそう。
マリリンモンローも候補に挙がっていたらしいですが 健康な子供を産んでもらわないといけなかったし やっぱりグレースケリーしかなかった。上品さも賢さも全然違う。
けれども 念願の子供を産んであげて モナコの宣伝塔としての役目は十分果たした頃、アルフレッド・ヒッチコックの鳥のオファーが来るんですね。グレースケリーは30歳を少し出たくらいか、もう居てもたってもいられないくらいこの役がやりたくて 夫を説き伏せるんですね。それでやっと了解が出るや モナコの国民が当時五千万と居なかったろうに猛烈に反対して ローマ教皇にまで取りなしを陳情して大変な騒ぎになった。よって、ついに二度とこういうお話は無くなったと。

グレースケリーの残した言葉が三つくらい云い伝えられていますが
当時19歳だった レデイDに化粧室で、
-大丈夫心配しなくても これからもっと悪くなるだけだから......
-よくおとぎ話のような人生と言われるけれど それこそがまさにおとぎ話よ。
-悲しみは一人でじっと耐えるもので決して外に漏らしてはいけないの

実家の父親が亡くなった時に
一度でいいから父から認めてもらいたかった

モナコの教会の床石に刻まれたこの人の墓碑を見て 何とも言えずに哀しい気持ちがしました。
あの頃の女性は じっと内面に秘めて暴露本や告白インタビューなんかに出たりしなかったですものね。
生まれた子供は誰もグレースケリーの美の遺伝子を受け継がないで 写真を見るとまるで彼女だけが本物の麗質にしか見えない。
生き方も三人とも物凄くて 実を見れば木の素性が分かるなんて陰口聞かれたみたいですが その木は父親の方でしょう?

笑っちゃいますよ お門違いよ、と。



人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

スポンサーサイト



05 : 02 : 27 | 海外 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
| ホーム | 次ページ

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (28)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (117)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (193)
海外 (52)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (4)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
16位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード