FC2ブログ

英文倉庫を立ち上げました!! 


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


日本語の日本史資料は沢山ありますが 英語となると 探す、読む、理解する、使えるかどうか検討する、と言う手間があって自分でいちいち検索できにくいです。
海外に出ている日本人も多いのに 英語で書いた物をまとめて集大成というのがさっと見つかって欲しい、そういう不便さから史実を世界に発信する会の茂木さんのご許可もいただいて、英文ブログを立ち上げました。昨日と今日の分しか出ていませんが これをペース基地にして ここからドイツ語やフランス語、スペイン語に翻訳して下さる現地住まいの協力者、読者の方達の参加で数ヶ国語に翻訳して行くつもりです。

ただ今イタリア語のできる方、募集中です。是非、ご応募くださいませ。その他の言語、又上記に挙げた言語と重複しても人数が多いのは助かりますので是非 自推してください 楽しみに待っています。

英語で書いてあると その他の言語にするのはそんなに難しくありません。現地生活の長い方だととにかく一次下書ききくらいはすらすらっと翻訳できます

国際結婚している方はご主人、奥様のネイティブにちょっと添削していただく。=第一次原稿起こし&添削二次原稿

現地人だからと言って 国語が得意なわけではないので この二次原稿を知り合いの国語が得意な現地人にちょっと見てもらう。作文の得意な人にとってより良い文章に手を入れるっていうのは朝飯前です。もしもそのご友人が歴史の先生だったり 知識人だったり 親日家であれば興味を持って喜んでやってもらえましょう。あっという間にやってくれる人、と言う資質さえあれば。人選はこれを主眼で。=完成原稿

このようにして 人と相談したり会議したり メールを回して時間ばっかりかかると言う弊害なしに
黙々と一人で翻訳しては伴侶や友人にメールで回して添削してもらうという世界で一番楽な方法で良い翻訳に完成するというアイディアです。無料。あらかじめ相手とは話してあるので送り状や説明など一切なしでそのまま送る→そのまま直って返ってくる 手紙無し、という簡単さなら誰でも嫌がりません。複数候補が出ることでしょう。

この一次原稿起こし、は、そんなに難しくありません。現地に長く住んでる日本人には大した手間ではありません。
それにいつもこれらの史実で嫌な思いをしたり、よく説明できなくて悔しい思いをしているので、この際頑張ろうというものです。結婚している人は 自分の大切な伴侶にこれらの史実は知って欲しい、説明したいといつも思っているものです。これはいいチャンスではないでしょうか。あるいは高校生くらいになっている子供をお持ちの方には、日本の史実を知ってもらうためにも 親の翻訳を直しつつ ちょっと読んでもらえる。親子のかけがえのない時間が持てるチャンスです。ただし家庭内でこのような上手いリレーにならない場合は 不和になるといけないのでぎくしゃくしたらすぐに家族の参加はやめましょう。なに、完成してからプリントしてその辺に置いておけばいつかは見てくれます。時間をかけましょう。焦りは禁物です。現地に住んでいれば回りはみんな母国語の人たちばかりなのであっさり友人にスライドしてしまいましょう。
インテリのお友達は必ず数人傍に居る物です。添削者に困らないでしょう。

海外に駐在される方、留学生、皆さんどんどん活用してください。
今は時間のゆとりが無いので資料室だけですが 充実できて暇が持てたらディベート室も作り、徹底的に論戦を張ります。こういうやり取りも各国言語ですぐ活用できるようにしたいと思います。

←のリンクの五番目あたりにいつも置いておきますので 活用してくださいね
ただし英文倉庫プログの方には日本語のコメントはしばらくご遠慮させてください。唯一の欠点はなんか変なところで改行されて無様にぶった切りになることです。これ、FC2のテンプレートなので英文配慮がされていないのかしら?いずれは こういう弊害の無いところに引っ越すなり どなたか原因の分かる方ありましたら教えて下さいませ。とにかく今は 四の五の言ってないでアップしていくことが最重要と思います。頑張るぞーーーーー!!
私は皆さん、国会議事堂に決死の覚悟のデモで参加できませんので このような援護射撃で貢献することにしました。どうか機動隊をも突破して国会で通らんとしている亡国法案に大いに抗議し、机をもタタッ壊す覚悟で阻止してくださいませ!!


Japanese Modern History-The Facts-

当プログに初めて来られた方のために筆者自己紹介、ブログの主旨
関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

23 : 02 : 50 | 日本の近代史 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
<<国内はともかく、海外へも | ホーム | 対訳 マッカーサー証言>>
コメント
歴史
こんばんは。
小生は、歴史とは己の過去への愛情と定義しています。何のために歴史を学ぶのか、この疑問が少なくともわが国の歴史学者、教育者の多くに欠けていると感じます。
事実なんてものはないでしょう。しかし、愛情は確実にあります。
頑張って、進んでください。
by: うたのすけ * 2010/01/07 18:35 * URL [ 編集] | page top↑
はじめまして。
いつも読ませていただいております。
その行動力に敬服するとともに、私も動かなきゃな・・まずは周りから目覚めさせたいと考えております。
その際はyaegaki姫さんのこのブログを活用させていただきますね。
by: Gaw * 2010/01/04 10:54 * URL [ 編集] | page top↑
良い試みだと思います。
イタリア語の交流サイトを探してみました。
http://gaikokugo.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=6
ただやはり日本人でイタリア語はあまり人気ないので閑散としてますね。

あとは一回、英訳したものをイタリア人にお願いしてイタリア語に直してもらうとか。。
by: 読者 * 2010/01/04 00:44 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/140-7841460e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
昨今の在日コリアン(韓国・北朝鮮)の歴史捏造と横暴ぶりは許し難いものがある。 いろいろと調べてみると、強制連行、従軍慰安婦、創氏改名など、全く根拠のない捏造である上、事実は全く正反対なのだ。 風林火山【2010/01/04 00:39】
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (28)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (117)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (193)
海外 (52)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (4)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
13位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード