スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

五回目の正直


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


以下の投稿があって 参考にならないなと題して返信しようと五回も投稿を試みましたが
自分のブログなのに不正な投稿だとサインが出て ついに投稿できませんでした。皆さんも安倍さんについての批評などで私のブログに貼れない場合は 私がしている規制ではないので よくご承知おきください。
試しに 本文記事として出します。どうやらアップできるみたいですが そのうちブログに本当の意見も言えない日が来るのかしら。マイナンバーもあれほど反対が酷くて実現しなかったのに閣議決定であっという間に通しましたね。重要案件を密室でどんどん進めていく。


> 安部自民政権の「TPP」「道州制」の行方
> http://ameblo.jp/nihonnoishi/entry-11483243016.html
> 参考までに、上記のような考え方もあります。
> 安倍総理が「日本が悪くなる」ような交渉をするわけがないと私は思います。

勿論 原則としてはそうです。
でも石原都知事が 息子を総裁に出来なかったら
途端に尖閣防衛を言わなくなったし 寄付まで投げ出しましたよね
政治家のすることは 私の良心に入りきれません。

信じて自分の人生が狂うんなら別にいいですが
掛け金にしているのは一国全部なのに
どうしたら私は安倍さんを信じますなんて
軽率がいえるでしょうか
こんなに沢山の公約違反を見せられているのに
全て作戦ですか?
いいよ 私一人の人生が男に騙されてフイになるだけならね。
でも 命がけになっているのが日本国全部だったら
そうは言えない
国民としての責任がある

> 日本の国益を考え、最も良い選択をすると信じています。
> 万が一、交渉参加をするとしたら、何か戦略あってのことでしょう。安倍総理を信じます。

いえ 駄目です 交渉に勝てる政治家が一人もいません
今の政権が続かずに 橋元だのみんなの党だの民主の屑がまた政権を担うとして
TPPで何か働きが出来るようなのが一人もいません
かつてもいなかったし これからも出ないでしょう
核家族で根性小さいガリベンが突然総理大臣になったも 胆力のある人格など出てきません
日本に人材は出ないと思います
今も居ないし 10年内にも出てこない。

仮に私だとしても これだけ白人を扱い慣れていても 負けるんです
語学できるけど 負けます
心に不純を抱えていられない日本人の性癖は タフな交渉力と対岸にあります
四半世紀も外地でもまれても 白人に負けるし 
貧困層から這い上がってきた根性の悪いアフリカ 中南米系にも負けます。

育ちのいい 知識階級のせこい白人ともやり合ってて 嫌になるのはこっちが先だし
彼らは夜 平気で寝られるだろうけど 眠れずに弱っていくのは私の方です。
これでいて 日本に居たときは ちょっと見かけないようなきっぱりした性格だと言われたんですよ。
それでも勝てないのに 安倍だの何だのが出て行って 必死に国家の没落から日本をカモにして這い上がろうっていうオバマに勝てるわけがないじゃないですか。

交渉に入ったら 奴隷の道があるだけです。
 自民党なんかの手に負えませんよ 売国奴の民主党は勿論 極左のみんなの党、はちゃめちゃの維新も更に駄目駄目。

こんなに派手な公約違反を一ヶ月もしないでどんどん進めている安倍政権なのに 文句も言わずに息を潜めている保守ブログは きっとあまりのことに茫然自失しているのではないでしょうか。
一心に安倍さんを支えて来て 総理大臣にまでしたのは私たちなんですから。
麻生さんの笑顔がどうしたの 安倍さんカッコいいだのと さんざんみんなではしゃいじゃったし
これから日本を救ってくれると微塵も疑わなかったですから、目に見えているものが信じられない。

むしろ、この後に入れたい政党が一つもないし 信頼できる政治家なんかみんな瓦解してしまってて無です。無。
だから これは何か考えがあるのだろうとしか思えないのでは?
気持ちわかりますよね、私だってまだ半信半疑なのは どーーーーーしても嫌だから。

私たちが失望してしまうと 本当に日本は死んでしまいますよ

だってやっぱりどう考えてもおかしい。
TPPを即時撤回させるって300人とかの議員もどーーーしたわけ?
即時撤回させろよ!!!!

安倍さんも何しているんだろう 参院選の前に日本滅ぼそうとしているわけ?
だって これじゃあ自民の参議院なんかに票入れる方がおかしいじゃない。
それを望んでるの?

イシバがあの薄気味悪い顔で参院で勝たせてくれなんちゃって お前虫のいいこというもんじゃないよと 笑っちゃいましたよ。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

23 : 14 : 06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(40) | page top↑
<<秀逸な動画三つTPP理解、拡散用 | ホーム | 前からやってたことなのか、つまり>>
コメント
なんだかんだ言ったって、今の時点で我々、日本人が出来る事は
自民党の政権を持続させていく、この一択しかない
これが現実!
他の政党と比べて、自民党が一番まともだからだ
後の政党は日本を潰すことしか考えてないから!
by: 通りすがり * 2013/03/08 18:02 * URL [ 編集] | page top↑
中野剛志さんのファンさんへ
お返事ありがとうございます。
麻生さんは老獪な政治家という感じからは遠いし、
安倍氏のあの辞職の後も変な流れを作られて、総裁選で敗れてしまいました。
そうそう、太郎会ってありましたね。
昔日の感があります。
今回は、安倍内閣に取り込まれてしまった。
流れに抗して食い止めてくれる役割を期待するのは無理そうな・・・・。

麻生内閣のころは、麻生さん、大変そうでした。
この応援動画、なかなかいいです。中川さんが出てこないのが非常に不満ですが。
http://www.youtube.com/watch?v=EwWPv-Rp5Uo
中島みゆきの宙船(そらふね)がバックに入っています。

今の安倍さんは、迷いなく楽しそうなのが、不愉快です。

by: T.O. * 2013/03/07 19:28 * URL [ 編集] | page top↑
T.O様
>> 麻生さんは中川さんと一緒に愛国的な仕事をしましたよね?
郵政民営化も反対の方向性はありましたかんぽの宿問題あたりではグダグダでしたが、それでも、安倍さんみたいに何の迷いもなく、むしろ喜々として保守の衣を着て売国まっしぐらという感じではありません。
安倍さんをよく知りもしないで信じていたので、麻生さんについてもちゃんと見直ししないとわかりませんが。


中川先生は謀略で政治生命を絶たれたまま、命を落とされました。
麻生さんは今回の流れの中で、『平成の高橋是清』のイメージ戦略で復活しました。

私も麻生さんが好きでした。
経済的センスでは確かに有能だと思います。
ただ国籍法改悪などがあるので、国土・国民を護る気概では疑問視しています。
売国議員を応援したりする部分も理解できません。

例え正しく財政政策を理解していても、財務省やグローバリズムと闘わなければならない今、麻生さんの人当たりの良さや大らかさを考えても、政府が打ち出す政策を見ると不安を感じています。
by: 中野剛志さんのファン * 2013/03/06 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
秀逸な動画三つTPP理解、拡散用
のエントリー コメント0なのは
なぜか、書き込めなくなっているからです

「送信」を押すとなぜかすべて消えてしまいます???
by: 読者 * 2013/03/06 20:47 * URL [ 編集] | page top↑
安倍さんとてTPPがどんなものか分かっているでしょう。それでも参加せざるをえない裏の事情があるのだと思う。
アメリカの意思決定は、オバマさんの一存にかかっているのではなく、背後のもっと大きな権力が握っている。オバマさんはその中で泳がされているだけ。
日本は正直で交渉力が無く、軍事力も無く、食料自給率も低い。自主防衛できないのはハンデが大きい。
今の日本の段階では、
①TPPに参加せず、他国に侵略される(日本人の犠牲者が多数出るでしょう)。
②TPPに参加して米国の奴隷になってでも生き延びる
の二択なんじゃないですか?
奴隷になるぐらいなら、支那の戦争を買って出ますか?机上の論理では勝算があっても、あの反日ハングリー精神の強さに、気が優しく生ぬるい日本人は太刀打ちできないでしょうし、民間人だって無傷じゃ済まないでしょう。残虐な民族との戦いは、想像以上に凄惨だと思います。
TPP、参加しないで済むなら、私だって参加に絶対反対です。
TPPに参加せず、交渉力だけで近隣国の侵略を防いだり、外国に血税を吸い取られるばかりの現状を変えられる選択肢がありますか?そもそも交渉力が無いですよね。
結局弱いと他国からつけ込まれ、食われるんですよ。自力で命を守れないなら、言い値の高い代償を払っても外(米国)に依存するしかくなる。
ここに集う方々は、チベットで行われていることも、通州事件もご存知の方が多いと思います。支那に食われるのだけは絶対御免です。
by: 駿河 * 2013/03/06 20:34 * URL [ 編集] | page top↑
RE T.O様
>> 麻生さんは中川さんと一緒に愛国的な仕事をしましたよね?
郵政民営化も反対の方向性はありましたし、かんぽの宿問題あたりではグダグダでしたが、それでも、安倍さんみたいに何の迷いもなく、むしろ喜々として保守の衣を着て売国まっしぐらという感じではありません。
安倍さんをよく知りもしないで信じていたので、麻生さんについてもちゃんと見直ししないとわかりませんが。


中川先生は罠にかかって貶められ、政治生命を絶たれました。
麻生さんは『平成の高橋是清』の不可解なイメージ戦略を使い、今回の流れで見事に復活しています。

大物政治家には功罪あります。
いい政策もすれば、悪しき政策もあります。
確かに麻生さんは経済的センスは優れていますが、特に国籍法改悪が麻生政権下で行われた事を思えば、日本の国土や国民を守る気概は薄いと思います。
お人よしなのかもしれませんが、売国的な議員を応援したり。

例え正しく経済政策を理解していても、それを実行するには財務省やグローバリズムと闘う気概が必要ですから…。

先日の感動の秋葉演説も、今や色褪せています。





by: 中野剛志さんのファン * 2013/03/06 19:51 * URL [ 編集] | page top↑
希望的憶測
>cocoさんが紹介したブログ記事

同じものが2回コピペされてますね。。。
一瞬、あまりの長さに驚きましたよ。

うがった記事ですが、単純にいくつかの希望的憶測に
基づいていますね。

いくつか例を挙げると、

1)>最近、西田昌司議員の歯切れが悪かったりするのは、
この辺に原因があるのでしょうね。
まあ、本当にその辺に配慮した物を出してくれるのかは怪しいですが、
ダメだったら蹴ればいいだけだしねえ。
日本有利の条件を出すだけ出して、交渉参加してから
「やっぱりアレはこうする」とか言い出されても「約束が違う!」
と離脱すればいいのです。

。。。これ。。。実際には、日本にはできないと中野剛志氏が
以前から言ってることですが。。。無邪気に<できる!>と言ってますね。


2)>安倍さんとオバマさんが共闘して、TPPを引っ掻き回して
有名無実化する、もしくは永遠に交渉の段階に留め置く為の出来
レースを展開するつもりなのではないか、と読み取れるのです。

。。。これは。。。なんとも。。よほどの<安倍信仰>がある
のでしょうね。。<安倍さんとオバマが共闘>。。。
少年時にアニメを見過ぎたんじゃないか。。
。。そんな気がします。。。

3)>時間稼ぎやってりゃ、絶対にTPPどころじゃない状況に
追い込まれるから、それまで適当に寝かせておけばいいというのは、
各国のトップとしては当然の判断なのではないかと。ぶっちゃけ、
こんな交渉は進めるだけ無駄!(笑)

。。。ええ~~っと。。<各国のトップ>が同じ考えを持ち
同じ判断をするわけですか。。。グローバル資本が敵だという
同じ認識をもって、共闘すると。。。ファンタジーですね。。。


これだけで十分かと思います。。。





by: ゆう * 2013/03/06 18:59 * URL [ 編集] | page top↑
TPP
私もTPPには断固反対で、頑張れ日本、ch桜主催のデモに参加したり、メール送ったりしています。
(ただ、安倍総理が売国に傾倒しているとは信じ難く、特亜との関係その他、前回のように短命に終わっては志を成し遂げることはできません。まず、経済を回復し、参院選で足場を強固にした後、徐々に手を打つつもりでは?と思っています)

TPPに今回参加を免れても(現状の危険な内容で締結されたTPPに、いずれ巻き込まれる
動きが出てきたとの情報があります。

その危険を回避するために、時間稼ぎをしつつ内部からTPPを壊滅させる意図で交渉参加に踏み切るのではないかと…。

下記ブログもご一読いただければ、と思い転載させていただきます。

(転載ここから)
MGRブログ~はい、ネトウヨ参謀本部です~
http://mgr-blog.jugem.jp/?eid=394#comments
TPP交渉には参加した方がいいかもね



はい、タイトルで「ちょwwwええっwww真人さん宗旨替え!?」と驚かれた方、こんばんは。あるいはおはようございます。こんにちは。
お断りしておきますが、私は変わらずTPPには反対です。しかし、交渉には参加した方がいい状況に、変化して来ていると見ています。お断りしておくと、マスゴミ報道を信じて「TPP交渉は避けられない」と思い込んだとか、そういう話じゃないんですが。
TPP周りの情報が錯綜し、とんでもない混乱が巻き起こっているようなので、今日はその辺りをキチンと解説しておきましょう。誰も正解を口にしてくれませんが、「安倍総理の戦術は、恐らくこうだ!」という答えにはたどり着けましたので。
安倍さんがTPP交渉への参加の意向を固めているという情報も多くなって来ましたし、「なんでTPP反対派が自民党の8割を占めているのに、交渉に参加するんだ!安倍の独裁だ!」とか言い出すアホも、これから湧いて来そうですからね。予防しとこう。
少しは自前の脳みそを使って、考えてから発言しろって。な?TPP交渉に参加した時の、メリットとデメリット。参加しなかった時のメリットとデメリット。ちゃんと順序立てて考えれば、それなりの結論にたどり着く事は出来ます。あと、刻一刻と変化する情勢を捉える為にも、情報収集は怠らないように。注意点はこれだけです。
それでは今日も、「わからないので、真人さんの考えを聞かせてくれませんか?」と言ってくれる人の為に、一肌脱がせていただきましょう!(笑)

まずは、チャロチャロさんが、とても素晴らしいTPPのまとめを出してくれていますので、ご紹介しておきます。何はなくとも、TPPの問題点は理解しておかなければなりませんので。

【拡散希望】日本国民の皆様への手紙『TPPとは何かご存知ですか?』

チャロチャロさんの記事は私の主張とほぼ同じです。
ちなみに、TPPに関する問題点をまとめた記事については、私も過去に書かせていただいております。一番古い物になると、2011年10月26日の記事ですか。私のTPP反対も筋金入りですね。最近のマスゴミ報道ごときに踊らされて、TPPに入らなければ日本に未来は無い!とか言ってるにわかグローバル野郎どもと一緒にされては困ります(笑)
まあ、TPPの情報は当時は小出しにされてましたので、『ひと目で分かるTPPのまとめ』という感じではありません。その分、リアルタイムでの焦燥感などが、ダイレクトに伝わって来ると思います。

TPP賛成派への反論
TPP推進派は大嘘つきだ
TPPは24項目が対象だと言ったな。あれは嘘だ!
呆れた楽観主義者だな。
TPP賛成派への反論2
改めてTPPに反対する

さてさて、私は「TPPに反対なのは当然として、その不安や怒りを安倍さんや自民党にぶつけてどうするんですか。落ち着け」という事を繰り返し書かせていただいているのですが、「それでも不安が収まりません!」という人が多いようです。「真人さんの言うように、楽観的に安倍さんを全面的に信頼する事は出来ません!」とおっしゃる。
他方では、「TPPとはそんなにも危険な物なのでしょうか?安倍さんにお任せしたらいいと思うんですけれども・・・」とおっしゃっている方も居る状況であり、非常に温度差があります。こういうコメントを見ると、TPPを危険視している人達は歯がゆいんでしょうなあー。
まあ、私はコメントを読むだけでも、「この人は、TPPについてこのレベルまで知っている」という事が大体分かってしまうので大丈夫なんですが、知らない人が見ると色々と不安になっちゃうんだろうなー、と。
TPPへの理解が浅かった人は、チャロチャロさんの記事や、私が過去に書いた記事を読んだ結果「これはヤバイ!」と青ざめている頃かも知れません(笑)
こんな売国協定を飲むなんて、安倍さんも信じられなくなった!という人も、少なからず出て来るでしょうが、まあ待て。早まるな。落ち着け。
TPP参加確定!?みたいな報道に面白いように踊らされて、安倍さんを叩き始めている人というのは、TPPに恐怖を心底から感じているから、そういう行動に出る訳です。その辺、「TPPの事はよく分からないから、安倍さんを信じておこう」と安易に考えてしまっている人よりも、真剣に考えている事は確かです。
ただ、ね。今になって2年前の記事を読み直すと、マスゴミは同じような記事を書いて「TPP参加決定!」と言ってた訳ですよ。いい加減慣れましょう。どうせマスゴミは、表面的な所しか分かってません。あいつらに、裏の思惑を見通すような洞察力なんて、ある訳がない(笑)

では、TPPの恐怖をかなりのレベルで知っているはずの私が、何故これほどまでに落ち着いて、「TPPには当然反対だけど、安倍さんに任せておけば問題ないよ」と、泰然としていられるのか。その根拠をお話させていただきたいと思います。

さてさて、まずはTPPの問題点についてのおさらいです。チャロチャロさんがちゃんとまとめてくれているので、こちらはザックリと行きます。

1.日本という国家を崩壊させかねないレベルの規制撤廃を盛り込んでいるという事。
2.日本を発展途上国扱いし、アメリカ企業が日本政府を訴える事が出来るISD条項。
3.国際条約は、国内の法律に優越する為、日本の民主主義が損なわれる。
4.第一、入っても利益が無い。

と、こういう問題がある訳ですね。改めて見ても、これは酷い(笑)
1ドル120円だった頃(2000年)から為替レートの変動一切無しの、TPP推進派に超有利な試算で、対GDP比0.1%以下の経済効果とかナメてんのか?って思いますよねー。実質0%の経済効果を得る為に、どんだけの物を捨てるつもりなんじゃボケが、と。
さて、ここからが「TPP反対派+安倍許さない派」が勘違いしがちな所なんですが、日本がこれだけ散々な目にあわされる以上、アメリカは大儲けするに違いないと思い込んでるでしょ?違うんですぜ。恐ろしい話ですが、TPPはこれほどの絶望を日本にまき散らしておきながら、アメリカも大して儲かる訳じゃないのです。

正確には、アメリカで儲かるのはわずか収入上位一%のグローバル資本に籍を置く富裕層のみで、一般のアメリカ国民は全然まったく儲からないという事!

さて、どうも大勢の人達が、『日本がTPP交渉に参加なんてしたら、たちまちTPP参加が現実の物になってしまうに違いない!』と考えているようです。しかし、日本国内限定でもこんだけ揉めてる話が、どうして他国では誰も彼もがTPP絶対賛成!の立場で一枚岩にまとまってるなんて、愉快な勘違いが出来るのでしょうか?馬鹿なんじゃないの。
これはつまり、自分の事しか考えてないって事。他国に目を向ける余裕が無いという事。視野が狭いという事です。
まあ、二年前の日本が関係なかった頃であれば、各国で反対派を封じ込めて、後は施行するだけ・・・みたいな所まで行ってたんですけどね。現在の状況は、それとはちょっと違います。
実際には、アメリカにも反対派は大勢居ますし、その他の国々にも反対派は居ます。だからTPPの中身が国民にバレないうちに締結しようとしていたのに、日本のバ菅直人とかいう総理大臣がしゃしゃり出て来たせいでTPP交渉は停滞し、その間にTPPのとんでもない内容がボロボロ漏れ出して来るし・・・あーあー。
日本やアメリカが出て来なければ、割と普通の貿易協定だったんだけどね。馬鹿だね。

アメリカ側の視点からTPPを見てみると、私が過去にTPP反対の記事を書いた時よりも、随分と状況が変わってしまっている事に気付く事が出来ます。

1.思っていたよりも柔軟に、TPPの内容を変更するつもりがあるらしい。

自民党が出した六項目、

1.政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
2.自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
3.国民皆保険制度を守る。
4.食の安全安心の基準を守る。
5.国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
6.政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

こんな物をアメリカが飲んでしまっては、TPPはTPP足り得ない。そうである以上、アメリカが安倍総理が提示した条件を飲む事は考えにくい。「故に、自民党がTPP交渉に参加を決定する事はあり得ないだろう!」と思っていました。事実上の反対表明キタコレ!と思っていたのですが・・・
意外な事に「分かった。じゃあ、その六項目に対して配慮した形で、TPPの話を出し直す。そしたら交渉に参加してくれるんだよな、安倍さん?」とアメリカに言われちまったというのが、現在の状況。「そこを考え直しちゃったら、もう俺たちが恐れていたTPPじゃないやんけ」と言っていたのが、現実になりそうな気配が・・・
そこまでアメリカに譲歩されてしまうと、「いや、やっぱり交渉に参加するのも嫌です」とはなかなか言えない訳でしてね(笑)
最近、西田昌司議員の歯切れが悪かったりするのは、この辺に原因があるのでしょうね。
まあ、本当にその辺に配慮した物を出してくれるのかは怪しいですが、ダメだったら蹴ればいいだけだしねえ。日本有利の条件を出すだけ出して、交渉参加してから「やっぱりアレはこうする」とか言い出されても「約束が違う!」と離脱すればいいのです。

2.でも、(アメリカの)民主党はえげつない方のTPPで突き進みたいらしい。

要するに、アメリカ国内でも「日本や他国を徹底的に食い物にする、究極のグローバリズムをTPPで実現しよう!」と考えている勢力(民主党)と、オバマ大統領のような「なんか、TPPなんかやったって儲かるのは1%の富裕層だけだし、グダグダになって来たからやめたいなー」と思っている勢力(共和党)と、真っ二つに別れて戦っているという事です。あっちの二大政党制は、日本のなんちゃって二大政党制(笑)と違って、ガチですから。
一次情報で要人の発言を追ってみた所、オバマ大統領及び共和党議員は、えげつない方のTPPを完成させる気が薄いように見えます。これが、私が安倍さんがTPP交渉に参加しても、さほど問題は無いのではないかと考える最大の理由です。日本だけでなく、アメリカの情勢を見ていてこそ、言える事もあるという事です。
安倍さんとオバマさんが共闘して、TPPを引っ掻き回して有名無実化する、もしくは永遠に交渉の段階に留め置く為の出来レースを展開するつもりなのではないか、と読み取れるのです。
現在の世界情勢の不安定さを考慮すれば、TPPのような大型案件は寝かせるに限ると、国のトップ同士が考えていても不思議ではありません。バブル崩壊を必死で隠す中国、ユーロ壊滅を控えたヨーロッパ、格差社会の頂点を極めるアメリカ、二十年続いたデフレからの脱却をアベノミクスに託す日本――これだけの火種が、四年後(日本の衆院選、オバマ大統領の任期終了)まで、一度も火を吹かないまま終わるとは、私には思えませんね。
時間稼ぎやってりゃ、絶対にTPPどころじゃない状況に追い込まれるから、それまで適当に寝かせておけばいいというのは、各国のトップとしては当然の判断なのではないかと。ぶっちゃけ、こんな交渉は進めるだけ無駄!(笑)

3.話が違う!「Living Agreement」の罠。

APECの首脳声明文の内容なんですが、看過出来ない「Living Agreement」という一言がありましてね。これが、「TPPには日本は参加せず、蚊帳の外で構わないだろう」と言っていた状況を、すっかり変えてしまいました。
Living Agreementとは、交易、テクノロジーあるいはその他これから出現する問題の発展に対応して進化し、アジア太平洋地域を横断する他の経済圏を取り込んで拡大する協定の事。
つまりコレ、下手をすると「私たちが絶対に参加したくない形のTPP」が、日本を抜きに締結されて、然るべき後に日本もその中に取り込まれる事になるかも知れないという、最悪のケースなのです。

と、こういう事を見て行くと、「日本が介入し、TPPを有名無実化する最後のチャンス」が、目の前に転がっていると見る事も出来るのですね。
こう言うと、TPP賛成派が「ホラ見ろ!だからTPPの交渉に参加して、日本に有利な条件を勝ち取るべきだと、俺たちは最初から言っていたのだ!」と調子に乗られそうで嫌ですが、これもまた、状況の変化があってこそ言える話だという事をお忘れなく。最初からそれを言っていたのだから、残念ながらTPP賛成派が馬鹿だという判断は揺るがない(笑)

・民主党という最低最悪の売国政党が政権を握っていた時に、交渉参加などあり得なかった。
・民主党は、六項目を明確に示した自民党とは異なり、具体的な交渉方針は一言も語らなかった。
・当時はTPPは調印寸前の状況であり、後から来た日本の希望が通る確率は極めて低かった。
・事実、日本の参加が公表された途端、カナダ等が参加を表明し、交渉が一からやり直しになりかけるというグダグダ。
・TPPが、後に参加国を増やすDock on方式を取る可能性が高まった事。(Live Agreement)

これらの状況が変わった今だからこそ、「ここはTPP交渉に参加し、TPPという悪魔の協定を完膚なきまでに叩き潰すべき!」という話が出来るのであってだな。TPPを農業問題に卑小化して、「TPP交渉に参加しろー!グローバル化だー!」と言っていたアホどもと一緒にされるのは、甚だ心外であると言わざるを得ない(笑)
私は「TPP交渉に参加し、有利な条件を引き出せ」と言っているのではなく、「TPP交渉に参加して、内部から引っ掻き回してぶっ壊せ」と言っているのですよ。TPPを壊す為に交渉参加って話だ。素晴らしいだろ?オラ、喜べよTPP賛成派。俺も交渉参加に賛成してやるよ。
Live Agreementの話が出て来た今、残念ながら、「今、TPP交渉に参加しなかったから」と言って、「これで日本はTPPの魔手からは逃れる事が出来た」と安心する事は、出来なくなったのです。例え何十年経とうとも、「日本もそろそろTPPに入れよ」と打診される事になる訳です。先進国の責任とか、世界の足並みを揃える為とか、訳の分からん重圧付きでな。今よりもしんどい状況に追い込まれるのは間違いありません。
未来永劫TPPへの勧誘を断り続ける勇気、もしくは今のうちに交渉に参加してTPPを無力化する決意、どちらかが私たちに求められていると言えるでしょう。さもなければ、TPPで日本が食い尽くされるだけです。そういう意味で、数年後、数十年後に安倍政権以上に頼りになる政権が出来ている保証は無い今、現時点での最強内閣である安倍政権に舵取りをお任せするのはアリかと考えます。
安倍総理も、迷ってるんじゃないですかね。未来に託すのか、ここで負の連鎖を少々無理をしてでも断ち切るのか。

日本だけでなく、アメリカや他の国の状況も見ていればこそ、浮かび上がるパワーバランスという物があります。おまけに、TPPと非常に似ている米韓FTAを締結した事で、韓国が死にかけている事も、二年前とは状況が違う点だったりしますね。TPPが成立するとああなるという、非常にわかりやすい実例がある以上、「ああなりたい」と思う馬鹿は居ないだろうって話です。グローバル資本の奴隷は嫌でしょう?
反面教師になってくれて、ありがとう韓国(笑)
ここは一つ、安倍総理が堂々とTPPという悪魔の巣窟に乗り込んで、「汚物は消毒だー!ヒャッハー!」を繰り広げるのを応援するというのも、一興ではないかと思うわけです。「日本さんがそう言うんだったら、我が国もTPPはちょっと・・・」と同調してくれそうな国もあります。いっそ、TPP否定交渉の中で、目的を共有出来そうな感触の良い国を選んで、日本主導の貿易協定を作って、TPPを叩き潰してやるのも面白いんじゃないかな?安倍自民の外交力ならば、それぐらいは当然想定内だろうし。TPPから同志を引き抜くって訳です。・・・本当に面白いなそれ。
虎穴に入らずんば虎子を得ずと言いますが、TPP交渉への参加とは、まさに虎穴と呼ぶに相応しいのではないかと思うのです。危険ではありますが、生還出来れば日本や世界は大いに助かる事になるでしょう。
従って、安倍総理とオバマ大統領が手を組んでTPPを潰そうとするというストーリーは、実はそれほど意外性のある話でもありません。俺でも想像出来る程度の話。オバマ大統領も、議会からの突き上げがキツイからねー。グローバル資本からの政治献金があるから。オバマ大統領って、就任前はグローバリズムに大反対の立場だったって、知ってた人居ますか?(笑)
体面を保ちながら、上手い事やるのは難しい状況だと思います。ヤケクソで叛意を示せば、あっさり暗殺されたりするだろうし。いやー、怖い怖い。
でも、とりあえず大統領選は終わって、次の大統領選にオバマさんは出られません(大統領の最高任期が三期の為)から、ようやく少しは好きに振る舞える状況になったという事なのかな。そう言えばアメリカ下院の中間選挙が、今年の11月にあるんでしたっけ。この辺も絡んで来るだろうなー。TPP超推進派のアメリカ議員なんかは、オバマさんが日本に提示するだろう「ヌルいTPP」では、落選の危機だもんねえ。ククク。この辺も地方分権が行き過ぎたアメリカの弊害なんですが、例えば自動車工業が盛んな地域出身の議員は、日本に自動車を売りつける事が出来る「激アツのTPP」を主張しなければ、選挙に勝てないのです。南無~。
この辺の事情から、今年中にアメリカでTPPをめぐる国内対立が激化し、安倍総理が交渉参加を決定した後もグダグダになる要素はタップリとあるのです。
民主主義とは、複雑な思惑が絡み合う、実にややこしい制度ですね。だから面白いんですけどね。

勘違いしている人も多いようですが、TPPとはアメリカとの戦いではありません。世界経済を操り、自分の利益を極大化する事を目論むグローバル資本、資本主義の悪魔達との戦いです。私が安倍総理を誰よりも心強く感じているのは、絶対に敵の正体を見誤らないから。行動の全てから、悪魔への牽制が伝わって来るのです。アベノミクス然り。
安倍総理の行動を、「対特亜諸国」「対アメリカ」として見ていると、肝心な所で見誤る事になりますので、気を付けましょう。ちゃんと「対グローバル悪魔戦」である事を前提にして、見ておかなければ。
悪魔が敵である以上、民主主義を重んじる全ての国が味方です。政府だけではなく、国民も。アメリカという国家を、敵ではなく味方として見つめ直してみると、「TPP交渉に参加すると決めた安倍!絶対に許さない!自民党不支持!」と喚いている人達(というか、そういう方向に何とか持って行こうとしている連中)の、底の浅さを感じ取れるのではないでしょうか?俺らは、そんなつまんねー話はしてねえ訳よ。分かる?いつも言ってる事だけど、レベルが低いよ。
人類最後の希望である日本を盛大に食い散らかして、世界中を奴隷化する計画を成就させたいのでしょうが、そうは行くかボケが。美味しい経済市場を持っているって事は、日本は世界最強の経済的軍事力を持ってるって事なんだよ。ちっぽけな馬鹿どもの思惑など、吹き散らしてくれるわ。アベノミクスで日本が最終形態に進化するのを、指くわえて見てろ。
・・・あ、ちなみに特亜諸国は民主主義陣営じゃないので、敵です。安倍さんはこの点でもブレません。

この辺の話を理解していると、「TPP反対のデモが、どうして安倍への援護射撃になるんだよ!?安倍信者迷走www」などと煽ってくる奴が居るって問題も、スッキリ解決です。安倍さんはTPP反対で、TPPを叩き潰す為に交渉に参加するのだから、「日本国民もTPPには反対だぞー!遠慮無く潰して来てくれー!」と言うのは、どう見ても援護射撃でしょう(笑)
あ、ちなみにこの話、TPP賛成派の馬鹿には内緒ね。安倍さんが裏でそんな事考えてると知ったら、あいつらは手のひらを返して「安倍はTPP交渉に参加する以上は、TPPに前向きな態度を示せ!」とか「TPP参加を前提にした交渉参加じゃなかったのか!騙された!安倍晋三許さん!」とか「安倍晋三は不誠実だ!またブレた!交渉に参加したのにグダグダ言うな!」とか、やかましく喚き始めると思いますので。「TPP交渉に参加する安倍は売国奴だ!」とやかましく吠えたのと、まったく同じ口から正反対の言葉が飛び出して来るから、お楽しみに。

最近、うるさい連中には食傷気味でな・・・せめてもう少し頭のいい連中が相手なら、闘志も湧くんだろうがな・・・雑魚だからな・・・orz

そういう訳で、このブログを読んだ皆さんは、「安倍総理がTPP交渉参加を表明した」「安倍総理がTPP交渉参加の姿勢から一転、やたらと細かい注文をつけまくっている」あるいは「最初からTPP交渉参加を断念した」という、いずれの事態に陥っても驚かずに済みますので、とてもラッキーですね(笑)

敵を見誤るな!そして、確実に討て!

MGRブログ~はい、ネトウヨ参謀本部です~
http://mgr-blog.jugem.jp/?eid=394#comments
TPP交渉には参加した方がいいかもね



はい、タイトルで「ちょwwwええっwww真人さん宗旨替え!?」と驚かれた方、こんばんは。あるいはおはようございます。こんにちは。
お断りしておきますが、私は変わらずTPPには反対です。しかし、交渉には参加した方がいい状況に、変化して来ていると見ています。お断りしておくと、マスゴミ報道を信じて「TPP交渉は避けられない」と思い込んだとか、そういう話じゃないんですが。
TPP周りの情報が錯綜し、とんでもない混乱が巻き起こっているようなので、今日はその辺りをキチンと解説しておきましょう。誰も正解を口にしてくれませんが、「安倍総理の戦術は、恐らくこうだ!」という答えにはたどり着けましたので。
安倍さんがTPP交渉への参加の意向を固めているという情報も多くなって来ましたし、「なんでTPP反対派が自民党の8割を占めているのに、交渉に参加するんだ!安倍の独裁だ!」とか言い出すアホも、これから湧いて来そうですからね。予防しとこう。
少しは自前の脳みそを使って、考えてから発言しろって。な?TPP交渉に参加した時の、メリットとデメリット。参加しなかった時のメリットとデメリット。ちゃんと順序立てて考えれば、それなりの結論にたどり着く事は出来ます。あと、刻一刻と変化する情勢を捉える為にも、情報収集は怠らないように。注意点はこれだけです。
それでは今日も、「わからないので、真人さんの考えを聞かせてくれませんか?」と言ってくれる人の為に、一肌脱がせていただきましょう!(笑)

まずは、チャロチャロさんが、とても素晴らしいTPPのまとめを出してくれていますので、ご紹介しておきます。何はなくとも、TPPの問題点は理解しておかなければなりませんので。

【拡散希望】日本国民の皆様への手紙『TPPとは何かご存知ですか?』

チャロチャロさんの記事は私の主張とほぼ同じです。
ちなみに、TPPに関する問題点をまとめた記事については、私も過去に書かせていただいております。一番古い物になると、2011年10月26日の記事ですか。私のTPP反対も筋金入りですね。最近のマスゴミ報道ごときに踊らされて、TPPに入らなければ日本に未来は無い!とか言ってるにわかグローバル野郎どもと一緒にされては困ります(笑)
まあ、TPPの情報は当時は小出しにされてましたので、『ひと目で分かるTPPのまとめ』という感じではありません。その分、リアルタイムでの焦燥感などが、ダイレクトに伝わって来ると思います。

TPP賛成派への反論
TPP推進派は大嘘つきだ
TPPは24項目が対象だと言ったな。あれは嘘だ!
呆れた楽観主義者だな。
TPP賛成派への反論2
改めてTPPに反対する

さてさて、私は「TPPに反対なのは当然として、その不安や怒りを安倍さんや自民党にぶつけてどうするんですか。落ち着け」という事を繰り返し書かせていただいているのですが、「それでも不安が収まりません!」という人が多いようです。「真人さんの言うように、楽観的に安倍さんを全面的に信頼する事は出来ません!」とおっしゃる。
他方では、「TPPとはそんなにも危険な物なのでしょうか?安倍さんにお任せしたらいいと思うんですけれども・・・」とおっしゃっている方も居る状況であり、非常に温度差があります。こういうコメントを見ると、TPPを危険視している人達は歯がゆいんでしょうなあー。
まあ、私はコメントを読むだけでも、「この人は、TPPについてこのレベルまで知っている」という事が大体分かってしまうので大丈夫なんですが、知らない人が見ると色々と不安になっちゃうんだろうなー、と。
TPPへの理解が浅かった人は、チャロチャロさんの記事や、私が過去に書いた記事を読んだ結果「これはヤバイ!」と青ざめている頃かも知れません(笑)
こんな売国協定を飲むなんて、安倍さんも信じられなくなった!という人も、少なからず出て来るでしょうが、まあ待て。早まるな。落ち着け。
TPP参加確定!?みたいな報道に面白いように踊らされて、安倍さんを叩き始めている人というのは、TPPに恐怖を心底から感じているから、そういう行動に出る訳です。その辺、「TPPの事はよく分からないから、安倍さんを信じておこう」と安易に考えてしまっている人よりも、真剣に考えている事は確かです。
ただ、ね。今になって2年前の記事を読み直すと、マスゴミは同じような記事を書いて「TPP参加決定!」と言ってた訳ですよ。いい加減慣れましょう。どうせマスゴミは、表面的な所しか分かってません。あいつらに、裏の思惑を見通すような洞察力なんて、ある訳がない(笑)

では、TPPの恐怖をかなりのレベルで知っているはずの私が、何故これほどまでに落ち着いて、「TPPには当然反対だけど、安倍さんに任せておけば問題ないよ」と、泰然としていられるのか。その根拠をお話させていただきたいと思います。

さてさて、まずはTPPの問題点についてのおさらいです。チャロチャロさんがちゃんとまとめてくれているので、こちらはザックリと行きます。

1.日本という国家を崩壊させかねないレベルの規制撤廃を盛り込んでいるという事。
2.日本を発展途上国扱いし、アメリカ企業が日本政府を訴える事が出来るISD条項。
3.国際条約は、国内の法律に優越する為、日本の民主主義が損なわれる。
4.第一、入っても利益が無い。

と、こういう問題がある訳ですね。改めて見ても、これは酷い(笑)
1ドル120円だった頃(2000年)から為替レートの変動一切無しの、TPP推進派に超有利な試算で、対GDP比0.1%以下の経済効果とかナメてんのか?って思いますよねー。実質0%の経済効果を得る為に、どんだけの物を捨てるつもりなんじゃボケが、と。
さて、ここからが「TPP反対派+安倍許さない派」が勘違いしがちな所なんですが、日本がこれだけ散々な目にあわされる以上、アメリカは大儲けするに違いないと思い込んでるでしょ?違うんですぜ。恐ろしい話ですが、TPPはこれほどの絶望を日本にまき散らしておきながら、アメリカも大して儲かる訳じゃないのです。

正確には、アメリカで儲かるのはわずか収入上位一%のグローバル資本に籍を置く富裕層のみで、一般のアメリカ国民は全然まったく儲からないという事!

さて、どうも大勢の人達が、『日本がTPP交渉に参加なんてしたら、たちまちTPP参加が現実の物になってしまうに違いない!』と考えているようです。しかし、日本国内限定でもこんだけ揉めてる話が、どうして他国では誰も彼もがTPP絶対賛成!の立場で一枚岩にまとまってるなんて、愉快な勘違いが出来るのでしょうか?馬鹿なんじゃないの。
これはつまり、自分の事しか考えてないって事。他国に目を向ける余裕が無いという事。視野が狭いという事です。
まあ、二年前の日本が関係なかった頃であれば、各国で反対派を封じ込めて、後は施行するだけ・・・みたいな所まで行ってたんですけどね。現在の状況は、それとはちょっと違います。
実際には、アメリカにも反対派は大勢居ますし、その他の国々にも反対派は居ます。だからTPPの中身が国民にバレないうちに締結しようとしていたのに、日本のバ菅直人とかいう総理大臣がしゃしゃり出て来たせいでTPP交渉は停滞し、その間にTPPのとんでもない内容がボロボロ漏れ出して来るし・・・あーあー。
日本やアメリカが出て来なければ、割と普通の貿易協定だったんだけどね。馬鹿だね。

アメリカ側の視点からTPPを見てみると、私が過去にTPP反対の記事を書いた時よりも、随分と状況が変わってしまっている事に気付く事が出来ます。

1.思っていたよりも柔軟に、TPPの内容を変更するつもりがあるらしい。

自民党が出した六項目、

1.政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
2.自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
3.国民皆保険制度を守る。
4.食の安全安心の基準を守る。
5.国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
6.政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

こんな物をアメリカが飲んでしまっては、TPPはTPP足り得ない。そうである以上、アメリカが安倍総理が提示した条件を飲む事は考えにくい。「故に、自民党がTPP交渉に参加を決定する事はあり得ないだろう!」と思っていました。事実上の反対表明キタコレ!と思っていたのですが・・・
意外な事に「分かった。じゃあ、その六項目に対して配慮した形で、TPPの話を出し直す。そしたら交渉に参加してくれるんだよな、安倍さん?」とアメリカに言われちまったというのが、現在の状況。「そこを考え直しちゃったら、もう俺たちが恐れていたTPPじゃないやんけ」と言っていたのが、現実になりそうな気配が・・・
そこまでアメリカに譲歩されてしまうと、「いや、やっぱり交渉に参加するのも嫌です」とはなかなか言えない訳でしてね(笑)
最近、西田昌司議員の歯切れが悪かったりするのは、この辺に原因があるのでしょうね。
まあ、本当にその辺に配慮した物を出してくれるのかは怪しいですが、ダメだったら蹴ればいいだけだしねえ。日本有利の条件を出すだけ出して、交渉参加してから「やっぱりアレはこうする」とか言い出されても「約束が違う!」と離脱すればいいのです。

2.でも、(アメリカの)民主党はえげつない方のTPPで突き進みたいらしい。

要するに、アメリカ国内でも「日本や他国を徹底的に食い物にする、究極のグローバリズムをTPPで実現しよう!」と考えている勢力(民主党)と、オバマ大統領のような「なんか、TPPなんかやったって儲かるのは1%の富裕層だけだし、グダグダになって来たからやめたいなー」と思っている勢力(共和党)と、真っ二つに別れて戦っているという事です。あっちの二大政党制は、日本のなんちゃって二大政党制(笑)と違って、ガチですから。
一次情報で要人の発言を追ってみた所、オバマ大統領及び共和党議員は、えげつない方のTPPを完成させる気が薄いように見えます。これが、私が安倍さんがTPP交渉に参加しても、さほど問題は無いのではないかと考える最大の理由です。日本だけでなく、アメリカの情勢を見ていてこそ、言える事もあるという事です。
安倍さんとオバマさんが共闘して、TPPを引っ掻き回して有名無実化する、もしくは永遠に交渉の段階に留め置く為の出来レースを展開するつもりなのではないか、と読み取れるのです。
現在の世界情勢の不安定さを考慮すれば、TPPのような大型案件は寝かせるに限ると、国のトップ同士が考えていても不思議ではありません。バブル崩壊を必死で隠す中国、ユーロ壊滅を控えたヨーロッパ、格差社会の頂点を極めるアメリカ、二十年続いたデフレからの脱却をアベノミクスに託す日本――これだけの火種が、四年後(日本の衆院選、オバマ大統領の任期終了)まで、一度も火を吹かないまま終わるとは、私には思えませんね。
時間稼ぎやってりゃ、絶対にTPPどころじゃない状況に追い込まれるから、それまで適当に寝かせておけばいいというのは、各国のトップとしては当然の判断なのではないかと。ぶっちゃけ、こんな交渉は進めるだけ無駄!(笑)

3.話が違う!「Living Agreement」の罠。

APECの首脳声明文の内容なんですが、看過出来ない「Living Agreement」という一言がありましてね。これが、「TPPには日本は参加せず、蚊帳の外で構わないだろう」と言っていた状況を、すっかり変えてしまいました。
Living Agreementとは、交易、テクノロジーあるいはその他これから出現する問題の発展に対応して進化し、アジア太平洋地域を横断する他の経済圏を取り込んで拡大する協定の事。
つまりコレ、下手をすると「私たちが絶対に参加したくない形のTPP」が、日本を抜きに締結されて、然るべき後に日本もその中に取り込まれる事になるかも知れないという、最悪のケースなのです。

と、こういう事を見て行くと、「日本が介入し、TPPを有名無実化する最後のチャンス」が、目の前に転がっていると見る事も出来るのですね。
こう言うと、TPP賛成派が「ホラ見ろ!だからTPPの交渉に参加して、日本に有利な条件を勝ち取るべきだと、俺たちは最初から言っていたのだ!」と調子に乗られそうで嫌ですが、これもまた、状況の変化があってこそ言える話だという事をお忘れなく。最初からそれを言っていたのだから、残念ながらTPP賛成派が馬鹿だという判断は揺るがない(笑)

・民主党という最低最悪の売国政党が政権を握っていた時に、交渉参加などあり得なかった。
・民主党は、六項目を明確に示した自民党とは異なり、具体的な交渉方針は一言も語らなかった。
・当時はTPPは調印寸前の状況であり、後から来た日本の希望が通る確率は極めて低かった。
・事実、日本の参加が公表された途端、カナダ等が参加を表明し、交渉が一からやり直しになりかけるというグダグダ。
・TPPが、後に参加国を増やすDock on方式を取る可能性が高まった事。(Live Agreement)

これらの状況が変わった今だからこそ、「ここはTPP交渉に参加し、TPPという悪魔の協定を完膚なきまでに叩き潰すべき!」という話が出来るのであってだな。TPPを農業問題に卑小化して、「TPP交渉に参加しろー!グローバル化だー!」と言っていたアホどもと一緒にされるのは、甚だ心外であると言わざるを得ない(笑)
私は「TPP交渉に参加し、有利な条件を引き出せ」と言っているのではなく、「TPP交渉に参加して、内部から引っ掻き回してぶっ壊せ」と言っているのですよ。TPPを壊す為に交渉参加って話だ。素晴らしいだろ?オラ、喜べよTPP賛成派。俺も交渉参加に賛成してやるよ。
Live Agreementの話が出て来た今、残念ながら、「今、TPP交渉に参加しなかったから」と言って、「これで日本はTPPの魔手からは逃れる事が出来た」と安心する事は、出来なくなったのです。例え何十年経とうとも、「日本もそろそろTPPに入れよ」と打診される事になる訳です。先進国の責任とか、世界の足並みを揃える為とか、訳の分からん重圧付きでな。今よりもしんどい状況に追い込まれるのは間違いありません。
未来永劫TPPへの勧誘を断り続ける勇気、もしくは今のうちに交渉に参加してTPPを無力化する決意、どちらかが私たちに求められていると言えるでしょう。さもなければ、TPPで日本が食い尽くされるだけです。そういう意味で、数年後、数十年後に安倍政権以上に頼りになる政権が出来ている保証は無い今、現時点での最強内閣である安倍政権に舵取りをお任せするのはアリかと考えます。
安倍総理も、迷ってるんじゃないですかね。未来に託すのか、ここで負の連鎖を少々無理をしてでも断ち切るのか。

日本だけでなく、アメリカや他の国の状況も見ていればこそ、浮かび上がるパワーバランスという物があります。おまけに、TPPと非常に似ている米韓FTAを締結した事で、韓国が死にかけている事も、二年前とは状況が違う点だったりしますね。TPPが成立するとああなるという、非常にわかりやすい実例がある以上、「ああなりたい」と思う馬鹿は居ないだろうって話です。グローバル資本の奴隷は嫌でしょう?
反面教師になってくれて、ありがとう韓国(笑)
ここは一つ、安倍総理が堂々とTPPという悪魔の巣窟に乗り込んで、「汚物は消毒だー!ヒャッハー!」を繰り広げるのを応援するというのも、一興ではないかと思うわけです。「日本さんがそう言うんだったら、我が国もTPPはちょっと・・・」と同調してくれそうな国もあります。いっそ、TPP否定交渉の中で、目的を共有出来そうな感触の良い国を選んで、日本主導の貿易協定を作って、TPPを叩き潰してやるのも面白いんじゃないかな?安倍自民の外交力ならば、それぐらいは当然想定内だろうし。TPPから同志を引き抜くって訳です。・・・本当に面白いなそれ。
虎穴に入らずんば虎子を得ずと言いますが、TPP交渉への参加とは、まさに虎穴と呼ぶに相応しいのではないかと思うのです。危険ではありますが、生還出来れば日本や世界は大いに助かる事になるでしょう。
従って、安倍総理とオバマ大統領が手を組んでTPPを潰そうとするというストーリーは、実はそれほど意外性のある話でもありません。俺でも想像出来る程度の話。オバマ大統領も、議会からの突き上げがキツイからねー。グローバル資本からの政治献金があるから。オバマ大統領って、就任前はグローバリズムに大反対の立場だったって、知ってた人居ますか?(笑)
体面を保ちながら、上手い事やるのは難しい状況だと思います。ヤケクソで叛意を示せば、あっさり暗殺されたりするだろうし。いやー、怖い怖い。
でも、とりあえず大統領選は終わって、次の大統領選にオバマさんは出られません(大統領の最高任期が三期の為)から、ようやく少しは好きに振る舞える状況になったという事なのかな。そう言えばアメリカ下院の中間選挙が、今年の11月にあるんでしたっけ。この辺も絡んで来るだろうなー。TPP超推進派のアメリカ議員なんかは、オバマさんが日本に提示するだろう「ヌルいTPP」では、落選の危機だもんねえ。ククク。この辺も地方分権が行き過ぎたアメリカの弊害なんですが、例えば自動車工業が盛んな地域出身の議員は、日本に自動車を売りつける事が出来る「激アツのTPP」を主張しなければ、選挙に勝てないのです。南無~。
この辺の事情から、今年中にアメリカでTPPをめぐる国内対立が激化し、安倍総理が交渉参加を決定した後もグダグダになる要素はタップリとあるのです。
民主主義とは、複雑な思惑が絡み合う、実にややこしい制度ですね。だから面白いんですけどね。

勘違いしている人も多いようですが、TPPとはアメリカとの戦いではありません。世界経済を操り、自分の利益を極大化する事を目論むグローバル資本、資本主義の悪魔達との戦いです。私が安倍総理を誰よりも心強く感じているのは、絶対に敵の正体を見誤らないから。行動の全てから、悪魔への牽制が伝わって来るのです。アベノミクス然り。
安倍総理の行動を、「対特亜諸国」「対アメリカ」として見ていると、肝心な所で見誤る事になりますので、気を付けましょう。ちゃんと「対グローバル悪魔戦」である事を前提にして、見ておかなければ。
悪魔が敵である以上、民主主義を重んじる全ての国が味方です。政府だけではなく、国民も。アメリカという国家を、敵ではなく味方として見つめ直してみると、「TPP交渉に参加すると決めた安倍!絶対に許さない!自民党不支持!」と喚いている人達(というか、そういう方向に何とか持って行こうとしている連中)の、底の浅さを感じ取れるのではないでしょうか?俺らは、そんなつまんねー話はしてねえ訳よ。分かる?いつも言ってる事だけど、レベルが低いよ。
人類最後の希望である日本を盛大に食い散らかして、世界中を奴隷化する計画を成就させたいのでしょうが、そうは行くかボケが。美味しい経済市場を持っているって事は、日本は世界最強の経済的軍事力を持ってるって事なんだよ。ちっぽけな馬鹿どもの思惑など、吹き散らしてくれるわ。アベノミクスで日本が最終形態に進化するのを、指くわえて見てろ。
・・・あ、ちなみに特亜諸国は民主主義陣営じゃないので、敵です。安倍さんはこの点でもブレません。

この辺の話を理解していると、「TPP反対のデモが、どうして安倍への援護射撃になるんだよ!?安倍信者迷走www」などと煽ってくる奴が居るって問題も、スッキリ解決です。安倍さんはTPP反対で、TPPを叩き潰す為に交渉に参加するのだから、「日本国民もTPPには反対だぞー!遠慮無く潰して来てくれー!」と言うのは、どう見ても援護射撃でしょう(笑)
あ、ちなみにこの話、TPP賛成派の馬鹿には内緒ね。安倍さんが裏でそんな事考えてると知ったら、あいつらは手のひらを返して「安倍はTPP交渉に参加する以上は、TPPに前向きな態度を示せ!」とか「TPP参加を前提にした交渉参加じゃなかったのか!騙された!安倍晋三許さん!」とか「安倍晋三は不誠実だ!またブレた!交渉に参加したのにグダグダ言うな!」とか、やかましく喚き始めると思いますので。「TPP交渉に参加する安倍は売国奴だ!」とやかましく吠えたのと、まったく同じ口から正反対の言葉が飛び出して来るから、お楽しみに。

最近、うるさい連中には食傷気味でな・・・せめてもう少し頭のいい連中が相手なら、闘志も湧くんだろうがな・・・雑魚だからな・・・orz

そういう訳で、このブログを読んだ皆さんは、「安倍総理がTPP交渉参加を表明した」「安倍総理がTPP交渉参加の姿勢から一転、やたらと細かい注文をつけまくっている」あるいは「最初からTPP交渉参加を断念した」という、いずれの事態に陥っても驚かずに済みますので、とてもラッキーですね(笑)

敵を見誤るな!そして、確実に討て!



by: coco * 2013/03/06 15:59 * URL [ 編集] | page top↑
>総理も「国民に約束した」と、オバマに念を押しているでしょうに。

ところがこれにどうオバマが返事したかいわないのです 議事録には何も出てこないということですが
by: yaegaki hime * 2013/03/06 15:38 * URL [ 編集] | page top↑
極右と呼んで
まずですね 呼ぶなってのがブログの題なんだから右翼さんと呼ぶのを止めて下さい。

それから、TPPがまだいいか悪いか分からないって書いてましたよね そのレベルで私に説教しないでください。
今から猛烈に勉強してください。それがあなたの国民としての義務だからです。

安倍さんのしていることはTPPだけではなく アメリカにリニアの技術を売るのではなくてあげるんじゃないかと言う疑惑、シナにまた環境関連技術をやると言っている駄々漏れの支援、韓国に特使が辱められても更に麻生まで送る媚韓体制 枚挙にいとまのないくらいのはっきりした売国姿勢を打ち出しています。

即時撤回の会がなし崩しの総崩れになる日は遠くありません。安倍に一任と言う戦術で決めてしまう予見が濃いです。本当に反対なら反対派を圧力して黙らせるわけがないんだから。

もう本当に危険なところまで来ていて手遅れ一歩手前なだけです。

もっと勉強して抗議とデモだけでも出て欲しいです
by: yaegaki hime * 2013/03/06 15:36 * URL [ 編集] | page top↑
一言も言っていない
マスコミ報道では、安倍総理が明日にでもTPP参加表明するようなことを言っていますが、「来週」からまた「来週」と延びていますね。総理に確かめもせず、勝手に書いたからこうなるのです。

そもそも安倍総理は「参加するとは一言もいっていないし、言質を取られないよう気を使っています。7月の参院選までは「我慢の子」で、見方を騙すことも必要ではないですか。

「まさか右翼」さんは、マスコミに踊らされていませんか。総理も「国民に約束した」と、オバマに念を押しているでしょうに。
by: 反TPP * 2013/03/06 15:17 * URL [ 編集] | page top↑
もう一回だけ コメさせてください。
by: 親 安倍派 さん

>もともと安倍さんはTPP推進派だったと思うけど。

へぇ、そうだったんですか。知らなかった。では、この発言は、なんなのかしら?????
4分あたりから見てみて。一応、書き起こしました。

http://www.youtube.com/watch?v=-ONfXcGvU5o&feature=player_embedded#!
「交渉参加に前向きというのはあくまでもミスリードだと思います。後で伺ったところによりますと、あそこには経済部の記者の方々もおられていて、経済部の方々は私のTPPについての発言をあまり聞いてこられなかった。また、バックグラウンド、ブリーフィング的なことも聞いておられなかったので、全体のコンテキストではなくて一部の発言に対して、言わばミスリードをしたのではないのかと思います。私の挨拶の中でも述べたように、例外なき聖域なき関税撤廃、これを交渉の条件とする限り、交渉参加には私たちは反対するという姿勢は変わっておりません。つまり民主党政権には、こうした交渉をする能力がないと申し上げたわけであります。自由民主党には外交交渉力があるという考え方を述べたものであります」


>それに、TPPへの交渉参加やましてや参加表明などまだ一言ってないじゃないですか。
>恨み節を言うのはそれからでも遅くはないと思いますよ。

いや、参加表明一言、言った後なら、遅いと思うけど・・・
by: 日本を守りたいだけ * 2013/03/06 13:38 * URL [ 編集] | page top↑
安倍支持・不支持ではなく、TPP反対の行動を!
ひめさま、初めてコメントさせていただきます。

安倍総理がどうのこうのより、少しでも多くの国民がTPP反対の意見を自民党や地元議員にメールやファクスするしかないと思います。

TPPに関してはアメリカなり党内なり、何らかの推進圧力があるのでしょう。

しかし主権者は国民なんです。
国民の反対の声が多ければ、自民党とて無視できないはずと思います。

アメリカの市民団体によるTPPリークの動画を見ました。
その団体も、TPPはグローバル金融とグローバル企業による世界統治であり、アメリカ国民にはなんらメリットは無しと反対している動画を見ました。
オバマとて、アメリカ企業に操られているだけです。

日本国民、アメリカ国民どちらからも反対の声が大きくあがり、なんとかTPPを潰したい。

安倍総理を支持・不支持どうのこうのよりも、自分にできるかぎりのことを行動に移したいと思っています。

by: きなこ * 2013/03/06 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
米国企業に都合のよいだけのTPP
米国USTR代表のカトラー女史は、TPPの内容について質問すると「米韓FTAをみてほしい」と語っていました。


○ 韓国は米韓FTAを全面批准(治外法権条項のISD条項も含む)
○ 米国は米韓FTAを全面批准せず、FTA履行法を制定して限定批准(FTA履行法102条により、米国法の優先を規定)

⇒米国の連邦法>米国の州法>FTA>韓国の法律
⇒まさに不平等条約

*さらに、韓国は撤廃した関税・非関税障壁を戻せない(ラチェット条項が、
米国はセーフガードを発動できる(スナップバック条項)

<拡散>TPP反対!岩上安身 米韓FTAは完全に不平等条約
http://www.youtube.com/watch?v=VH3B3x2Xtek

http://www.youtube.com/watch?v=uPFwpZtd_zM
(04:20)より

米韓FTAは事実上の植民地条約です(04:41)

○ ラチェット条項: 韓国は一旦緩和した規制を復活できない
○ スナップ・バック条項: 米国は関税を復活できる。セーフガードの発動も可能
○ 未来最恵国待遇: 将来韓国が第三国に認めた有利な条件は、自動的に米国に承認したことになる
○NVC条項(非違反提訴):韓国が条約に違反していなくても、米国企業が予定通りの利益を得られなかった場合、米国政府が韓国政府を提訴する 
⇒「自由貿易の否定」との指摘あり
○サービス業の非設立権の承認: 米国企業は韓国内で事業を営む際に登記不要であるとの規定。「課税できない」ことが想定される
⇒「法治の否定」との指摘あり
by: * * 2013/03/06 13:16 * URL [ 編集] | page top↑
ブログ主さん

こんにちは
私もTPP反対です。が、TPPがほんとに悪いか良いか分かりませんし、今の段階で安倍さんが良いの悪いの評価できませんよ。この政権まだはじまったばかりだし。

コメント見てると元来”安倍憎し”みたいな人ばっかりじゃないかな?

もともと安倍さんはTPP推進派だったと思うけど。

だから総裁選挙や総選挙に於いても、絶対TPPには反対とは明言しなかったはず!それを知らずに支持されてたんですか?

いまさら泣き言をぐずぐず言うのは止めましょう。

それに、TPPへの交渉参加やましてや参加表明などまだ一言ってないじゃないですか。

恨み節を言うのはそれからでも遅くはないと思いますよ。

by: 親 安倍派 * 2013/03/06 13:01 * URL [ 編集] | page top↑
TPP反対 ≠ 安倍批判
TPPは安倍さんの目標とする「戦後レジームからの脱却」「デフレ脱却」の正反対にあるものです。にもかかわらず安倍さんの国会答弁等からはTPP交渉参加に前向きな印象が拭えず、明確にTPPを否定しないので、国民は安倍さんの考えていることが分からなくなっている。。

今私たちがやること … 安倍さんをただ信じて見守るだけでなく、反TPPの声を届けることだと思います。私たちは、全てを任せきりにする盲信的な安倍信者にはなるのでなく(宗教じゃないんだからw)、安倍さんを応援しつつ、安倍さんに国民の意志を伝える努力を決して怠ってはならないと思います。

先日、桜の議員会館前反TPP街宣行きましたが、TPP推進派が見れば安心してしまう位しょぼい人数でした。デモに行けない人は、自民党や議員さんにメール&fax&電凸です!!!最低でも選挙区の議員には(賛成派でも反対派でも)自分の意見を届けましょう!!!

TVタックルで西田さんが「マスコミがTPP推進報道をするのは、スポンサーの経団連などの意向があるからとしか思えない」と言っておられましたね。マスコミの偏向飛ばし記事には注意しましょう!!
by: なっく * 2013/03/06 12:59 * URL [ 編集] | page top↑
以前のコメント欄に書いた物ですが
既に安倍さんも敵勢力と考えるとやはり可能性はあるかなと

外国人参政権は欲しいが民主党に政権維持させるのも限界が来る
→維新にそれら亡国工作を続行させたいがさすがに獲得議席には限界があるのは解る
→そこで本当に国民の支持率高い自民党に一旦政権取り戻させる
→TPP等「盲目な国民にはよく解らない」案件から亡国活動をさせる
→結果、日本はぼろぼろ、マスメディアここぞとばかりに安倍自民党ディスる
→国民「やっぱり自民党も駄目だ!でも民主党も駄目だ!我らに救いを!」
→橋下「読んだ?w」
→解散総選挙の結果橋下総理誕生
→亡国法案全て成立、各国のハイエナが日本を食い荒らし日本人千年の奴隷時代の幕開け

大東亜戦争後、恐れをなした欧米列強は我らの牙を抜き、鎖を繋いで来ました。
もう最終段階、刈り取りの時期なのでしょう。
by: 憂う者 * 2013/03/06 12:45 * URL [ 編集] | page top↑
思いっきり公約違反ですよねぇ!!!!
これでは民主党政権と同じではないですか。

by: 通りすがり * 2013/03/06 12:20 * URL [ 編集] | page top↑
TPPに関し私も同じ思いです
 TPPに関し私も同じ思いに悩んでいます。安倍さんと今の外務省に任せて日本国の国益が守れる交渉が出来る分けないだろうと絶望的な感覚にとらわれています。オバマさんは信用できません、後はUSAの99%の一般国民に、1%の資本家が進めるTPPがどんな酷い制度であるかを啓蒙して反対運動を起こし、潰していくしかないでしょう。
 今の日本の状況、防衛、経済、米国、ロシア、シナ、朝鮮などの諸問題の解決方法は色々考えられますが、それを実行に移す度胸と指導力があるとはとても思えません。
 私個人的には強欲資本主義の奴隷になるなら、いっそ擬似鎖国して、江戸時代に似た内需主導の経済をする方がましだと考えます。食料とエネルギー問題が有りますが。
by: ナベ * 2013/03/06 12:06 * URL [ 編集] | page top↑
TPP交渉参加は、日本の「主権」に関わります。

空き缶と野豚がTPPへの道筋をつくり、通産省外務省が後ろで推進しているようです。
日本国を滅ぼすTPP反対の声を、官邸、省庁、自民党、議員などへ反対の声を上げていかなくてはならないと思います。

慰安婦プロパガンダに抗議しない外務省、中国にガス田を与えた通産省など、アングロサクソンに日本人がまともに交渉などできるはずもありません。

交渉参加を表明しないように、抗議を粛々と続けます。

マスゴミの嘘つき記事(常習犯)に、振りまわされないようにしないといけないと思います。
by: 希望 * 2013/03/06 11:16 * URL [ 編集] | page top↑
お忙しいのに返信有難うございます。

>バカボンのパパが鍵を忘れちゃって 仕方>ないので表玄関のガラスを割り、土足で家>に入って一周する。そこであーーーー玄関>が割られている!!!オーーーーーこの足跡>はなんだーーーーて騒ぐ。スペイン人てこ
>れにそっくり
↑笑っちゃいましたW外人相手のもどかしさが良く伝わる例ですねwそこで日本人が「いや自分でつけた足跡だよ」ってやさしく伝えてもスッと理解してくれなさそう。笑い話でなくこんな感じリアルでやられるとストレスですね。そういう彼らに同化すれば楽になれそうですが絶対に無理ですよねw日本人らしさを保つのも大変だとおもいます。姫様お疲れ様です。

仕事に学校に育児にで大変な中ブログされているのですね。頭が下がる思いです。

近所のママたちがPM2.5の話題で韓国も中国も本当にいやだっていってましたw
ご主人の韓国とか中国出張にものすごく悲観的になってるお宅ばっかりです。
今まではシナ朝鮮への否定の言葉を口に出来なかったのですが、草の根で否定的な流れになってきてます。
声に出すから行動にかわるのは早いとは思うけど、遅いのだろうか。
by: 読者 * 2013/03/06 11:02 * URL [ 編集] | page top↑
工作員に気をつけろ
http://ameblo.jp/nihonnoishi/entry-11483243016.html

上記ブログ主井上太郎氏はツイッターを見ていてもときどき「?」と思うことがあります。
保守とは思えない。
by: 日本復活 * 2013/03/06 10:35 * URL [ 編集] | page top↑
紅葉さん
反対ファックスしようと思って、
反対議員にただ「頑張れ」でいいのか?
「自民党に入れない」と言うと、反対派も落選? これでいいのか?
などと、迷っていました。

>TPPを止められないなら離党してTPP反対の勢力を結成してほしい。でなければ次の選挙は投票できないと伝えてください

TPP賛成のBKDは残して別に政党ができればさっぱりしますね。
そう簡単なことではないでしょうが。


中野剛志さんのファンさん
麻生さんもダメですか?
麻生さんは中川さんと一緒に愛国的な仕事をしましたよね?
郵政民営化も反対の方向性はありましたし、
かんぽの宿問題あたりではグダグダでしたが、
それでも、安倍さんみたいに何の迷いもなく、むしろ喜々として
保守の衣を着て売国まっしぐらという感じではありません。
安倍さんをよく知りもしないで信じていたので、
麻生さんについてもちゃんと見直ししないとわかりませんが。

by: T.O. * 2013/03/06 10:10 * URL [ 編集] | page top↑
一握りの政治家、企業家だけの判断で日本が滅んでしまうなんて納得できない

by: 読者 * 2013/03/06 10:05 * URL [ 編集] | page top↑
安倍さんを信じろ、というのは無責任で宗教の様なもの
小生も、安倍さんを見放す時期に差し掛かっています。第一、どう考えても思いっ切り公約違反ですよね。竹島の式典の問題はまだ看過出来る許容範囲でした(来年こそやる、と言い逃れ出来ますので)。しかし、TPPは即、対米属国化を意味しますから、交渉参加自体、容認出来る訳がありません。この期に及んで、安倍さんを信じます、などとは小生には口が裂けても言えません。

元々、小生の場合、現憲法無効論者であり、このこと(憲法改正問題)で安倍さんを積極支援出来ない理由が有りましたから、熱烈支持者という訳ではありませんでした。まあ、石破よりはマシかな、位の認識でした。

それが、TPP問題では民主のノダにも通じる酷さ・国家観の無さを感じました。ISD条項などの毒薬条項は対米交渉で削減させられるとは思えませんし(絶対不可能と断言しても良いです)、何故参加してアメリカ企業にとっての最大幸福を実現させてやってまで、国内産業とか保険とかを守らねばならないのか、推進派は説明すべきですが出来るはずが無いでしょうね。我が国には元々、何のメリットも無いのですから。アメリカ様を喜ばせること以外には。

安倍さんが参加表明すれば、小生は反安倍に転じることになるでしょう。別に垢日とかCCTV日本支局(通称NHK)みたいに、安倍さん憎しではありませんが、国益の為にはこの人を首相の座から下ろさねばならない日が来るかも知れません。そうならないことを祈ってはいますが。
by: 素浪人 * 2013/03/06 10:02 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
> 海外経験はさほどありませんが、昔研修で行ったイギリスでドイツ人の口角泡を飛ばすすごいディベイト力、身内がだまされた中国女のすさまじい嘘つきと駆け引きの力、スペイン人は口調が急に怒りに変わる喜怒哀楽の激しさ、イランでは都合が悪くなるとインシャラーですませられるいい加減さ、本当にね、外国人には押しの強さで勝てませんよね。

そうですね 諸行無常の国ではねぇ.....


安倍氏の打ち出す政策、何か薄気味悪く思います。
そうなんです もう嫌になりますね まともなのがひとりもいねーーーのかって感じ。
by: yaegaki hime * 2013/03/06 09:44 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
そうですか....
今現在、仕事の発注をしている相手に騙されていると疑いを持っています。それで第三者の専門家を雇って彼らのした仕事を全部精査させようとしています。
それで
明日は内容証明を書かないといけないのに テクノロジーの論文の締め切りが明日で ころっと忘れていたのですが 先生に期限をなんとかしてくれと頼んでも駄目でした。内容証明の作文のがずっと大事なのに 成績悪くなるのが嫌でTPPで壊されつつある日本とかで書こうかと....さっき記事の下書きで原稿書いててうっかりアップしちゃったので見ちゃった方も五人くらいいたかもです。明日はまた数学の試験とテクノロジーの論文提出。明後日は文学と文法の試験。月曜は生物と歴史。土日に遊べたためしがないです。
ま、学校は趣味なんだから適当にすればいいのに 割と本気ですねぇ
本当には仕事で重大な案件になりつつあるのに 試験勉強やめないし クラスも休まないんだなぁ
もしかしたら裁判にしないといけないくらいに深刻です。
あーーースペインは三年に一度はこんなことがある。
弁護士にかかわらないで済むことがない 疲れる 無駄なエネルギー 語学は達者になる悲しいおまけ。

私の場合、女一人で専門家の男を敵に回して戦うことが多いのですが 現象としては彼らはバカボンのパパって感じです。いつも心ひそかにそう思う。

こういう漫画があったんです。
バカボンのパパが鍵を忘れちゃって 仕方ないので表玄関のガラスを割り、土足で家に入って一周する。そこであーーーー玄関が割られている!!!オーーーーーこの足跡はなんだーーーーて騒ぐ。スペイン人てこれにそっくり。

仕事がちゃんとできていないとしますね
ここを直せ あそこが違うと指示するじゃないですか。
なかなか出来てこない
電話すると はいはい明日やるからとか言う。
デモ出来ない
一ヶ月くらいたつと なんでそれをやらないかを忘れている
というかそれなりに何度も請求されることを我慢ならないと思い出す。
一発でまともな仕事が出来ないことには思い至らない。
もう こんなに何回も書き直しして時間を取られたくないとか言い出す
まさかだろう 馬鹿野朗と思うんだけど本末転倒 倒錯のスペイン人て感じです。
こういうのが弁護士とか建築家とか知的な職業の人でも そうなの
おサルとおんなじで 伝達ってのが出来ない。必ず違うことになっている
ヨーロッパ落ちぶれても当然と思う 仕事できないんだもん もうばっかみたいに。
栄えていたのは 奴隷とか植民地でむごいことしていた時代だったからよね

スペイン人は とにかく使えない。こんなに阿呆なのにプライドだけは誰よりも高い。
自分がまちがってて へまばかりしていてもプライドが高い。何が根拠だよと言いたいかな。

するときちーーーーんとしたイギリス人なんかはいいのではないかと思うけれど
飛行機で隣り合わせたイギリスのビジネスマンが いやイギリス人はやっぱり島国根性で人が良くないと言う。お行儀だけはよくて断りの言葉でも アイム ソーソーーーーーリィとか思い入れて謝るけど言葉と裏腹でそんなに悪いとは微塵も思っていないって。冷たいと言ってましたね。スペイン人のが天真爛漫なだけいいじゃないと言うので 熨斗つけてあげると言いましたね。

白人の共通点 ケチ。なんでもドイツ人はスペイン人も舌を巻くくらいに度ケチだそうです。
こないだ知り合ったスチュワーデスの若い女性が 恋愛は無理だろうってくらいに魅力がないと言ってましたねぇ 興ざめするほどケチだそうです 笑

あーーーー外人だらけの日本なんて嫌だ
駅のハングル シナ語 見たくない




> 閑話休題として
> 姫様のブログにちょくちょく出てきますが
> もっと白人と日本人の思考の違いをおしてください。すごく面白いです。
>
> シナ朝鮮人はコッチにもウジャウジャいて同級生や同僚として存在し、私は無知ゆえ区別することなく仲良くし一緒に旅行いったりしたこともあり、特亜とは個人的に濃い付き合いをしてきたので十分承知しています。その経験からやつらは個人レベルでも付き合う相手ではないと断言できます。思い返せば彼らは日ごろから反日発言すごかったです。日本で暮らしてるくせに。
>
> が、白人とはそこまで仲良くなったことないんです。一緒に遊びにいったりしたことも一回だけなんで白人を良く知りません。
> 教えていただけると勉強になりうれしいです。
>
> 今の日本は普通に暮らしていて、外国人と付き合いが生まれる状況です。姫様がいたころとは全然違うはず。
> なげかわしい。外人多すぎ。
by: yaegaki hime * 2013/03/06 09:42 * URL [ 編集] | page top↑
安倍首相、TPP交渉参加表明へ…来週にも
反対の声を届けてください。

全国の国会議員の事務所に、猛烈かつ執拗に、電話・メール・FAXを使い、TPPに対する怒りの声を届けたいと思います。

ご自分のお住まいの地域に関係なく、下のリストの中の国会議員をランダムに取り上げ、各位、可能な範囲で、毎日複数件ずつ継続して地元の事務所にTPP反対の声を届けてください。

また声を届ける際に、

1. TPPに反対している議員に対しては、TPPを止められないなら離党してTPP反対の勢力を結成してほしい。でなければ次の選挙は投票できないと伝えてください。

2. TPPに賛成している議員に対しては、今のままでは次の選挙は投票できない、ぜひ反対してほしいと伝えてください


●各議員のTPPに対する姿勢は次のサイトで確認できます。
衆議院議員TPP態度一覧

●各議員の地元事務所の連絡先は下のサイトから調べることができます。
ザ選挙: 衆議院議員一覧
ザ選挙: 参議院議員一覧

また立場に関係なく、TPP反対の集会などに積極的にご参加ください。 

STOP TPP!! 官邸前アクション」
WJFさんの記事から抜粋

by: 紅葉 * 2013/03/06 09:33 * URL [ 編集] | page top↑
閑話休題として
姫様のブログにちょくちょく出てきますが
もっと白人と日本人の思考の違いをおしてください。すごく面白いです。

シナ朝鮮人はコッチにもウジャウジャいて同級生や同僚として存在し、私は無知ゆえ区別することなく仲良くし一緒に旅行いったりしたこともあり、特亜とは個人的に濃い付き合いをしてきたので十分承知しています。その経験からやつらは個人レベルでも付き合う相手ではないと断言できます。思い返せば彼らは日ごろから反日発言すごかったです。日本で暮らしてるくせに。

が、白人とはそこまで仲良くなったことないんです。一緒に遊びにいったりしたことも一回だけなんで白人を良く知りません。
教えていただけると勉強になりうれしいです。

今の日本は普通に暮らしていて、外国人と付き合いが生まれる状況です。姫様がいたころとは全然違うはず。
なげかわしい。外人多すぎ。
by: 読者 * 2013/03/06 09:03 * URL [ 編集] | page top↑
海外経験はさほどありませんが、昔研修で行ったイギリスでドイツ人の口角泡を飛ばすすごいディベイト力、身内がだまされた中国女のすさまじい嘘つきと駆け引きの力、スペイン人は口調が急に怒りに変わる喜怒哀楽の激しさ、イランでは都合が悪くなるとインシャラーですませられるいい加減さ、本当にね、外国人には押しの強さで勝てませんよね。安倍氏の打ち出す政策、何か薄気味悪く思います。
by: ゆき * 2013/03/06 06:46 * URL [ 編集] | page top↑
本当にそのとおり。
TPPには、大、大、大反対しなきゃ
いけない。
その人が気に入ったからと、同じ
セールスマンから高額商品を買い続ける
のが日本人です。ちょっと、その都度、
その都度、考えるのをしないんですかね。
そして、何かのはずみで、受け取った商品に
不具合があったりすると、だまされたと
カッとなる。でも、暫くすると、そんな事も
忘れて、また騙される。日本人ほど、詐欺に
会いやすい国民も珍しい。
細々考えるのが苦手なんですかね。
一度、信じたら任せる、というのが、太っ腹
と思っているんですかね。いい加減、体質
変えろよと言いたいです。
by: Supermum * 2013/03/06 05:38 * URL [ 編集] | page top↑
長文、恐縮です。
hime様

安倍応援団にとっては、TPP参加も安倍さんの一部なのでしょうか?
誰が推進しようが、TPPは阻止すべき致命的なものです。
TPPは国民が一丸となって阻止するのが、愛国だと思います。
どちらが分断工作をしているのか…TPP参加を黙認させたいのかとさえ思えます。

安倍さん、麻生さんが救世主だと信じていた頃、統一教会やパチンコやCIA等との関わりが書かれたブログを見ると、私もブログ主を工作員だと思っていました。
でも、実際に打ち出される政策を見ると、TPPに道州制に規制改革に中国への配慮・援助、藤井聡先生よりも竹中氏とグローバル企業の面々が重用されています。

こうなったら不協和音は打ち消せません。
そうして振り返ってみれば、安倍さんと麻生さんが愛国者である証拠なんてありませんでした。

ブルーバッジしてれば、TPPやって良いんでしょうか?

安倍・麻生応援団も『最後の救世主』と彼等を持ち上げるだけで、どの様に愛国者なのかも説明はなかった様に思います。
「安倍さんなら、正しい政策をやってくれるだろう!」
「麻生さんなら、正しい政策をやってくれるだろう!」
そんな期待を煽るだけだった様に思います。

今も安倍・麻生応援団は、
「安倍さんなら上手くTPPに耐えて、戦後レジーム脱却に向かう!」
「麻生さんなら増税の時期を間違えない!」
と、恐ろしくポジティブシンキングです。

【グローバル企業>国内法】となってしまうTPPに参加すれば、どんなに素晴らしい憲法や法律を作っても無意味です。
そもそもTPP推進する人間に、憲法改正を任せて良いのでしょうか?

国民に涙で詫びながらTPPに理解を求める事もしない人間が、愛国者である訳ないです。
TPPは万死に価する亡国行為です。


by: 中野剛志さんのファン * 2013/03/06 04:02 * URL [ 編集] | page top↑
日本の事を思って純粋にTPP反対している人だけでなく、
TPP反対を利用しようと、
シナ工作員、シナの回し者的存在(日本共産党に近い輩)、在日韓国北朝鮮系工作員、などの匂いがプンプンするコメが増えているように思います。
安倍麻生おろしをしたい工作員も多いようで。

信憑性は分かりませんが、
もし仮に、311が人工地震だとしたら、今現在も脅されている可能性があるんじゃないでしょうか。
地震なんかで脅されていたら、
誰も表立って反対できる人はいないと思います。
TPPが浮上すると同時期、突然に、
竹中さん、中川さんをはめた事で有名のおばさんが表の方にでてきた事からも、なんだかの強い圧力がある事は間違いないと思います。

バカなシナから日本を守り、
アメリカと仲良くしながらも国家を防除していくのは一筋縄ではいかないと思います。
by: ゆな * 2013/03/06 02:36 * URL [ 編集] | page top↑
盲目はいけないですよね。
hime様

本当に安倍さんや麻生さんが愛国の士だっていうのは、単なるイメージ戦略の気がします。

多くのネット有権者は、
【麻生太郎の真実】
【安倍晋三の功績】
の様な大元のソースが知れない動画やブログで、『メディアに潰された不遇の愛国者』と刷り込まれて、自責の念と共に盲目になっていたのではないでしょうか?
(私もでした…)

安倍さんや麻生さんが特亜を益する政策をしても、反日メディアが暴く訳ありません。

「安倍さん、麻生さん、ごめんなさい!」
とネット有権者が思っていたところに、安倍&麻生応援団が颯爽と登場して、今の地獄絵図です。

TPP交渉参加が飛ばし記事でも、全力で反対の声を挙げてはいけないって論調は奇妙です。
飛ばしに大騒ぎしてしまったら、疑った事を謝罪すれば済みます。
でも、もし飛ばしではなかったら日本終了なんですから。

TPPを推進する安倍さんの真意こそ、どうでもいい話です。
TPPは断固阻止のみです。

応援しております。
by: 中野剛志さんのファン * 2013/03/06 01:29 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。

100パーセント安倍さんを信じることは、もはや精神衛生上よくないですね。

統一教会の関連組織、勝共連合のホームページに、今は亡き文鮮明の写真と安倍さんの写真が上下に並んでいますね。
どうりで親韓なわけですね。竹島の単独提訴なんてするわけもなく、靖国にも参拝しないような気がしてきました。おまけにこのカルト勝共連合、TPPまで支持しています。

共産主義国家は確かに良くないと思いますが、私が嫌いなのは他ならぬ反日国家群なのです。
ベトナムもキューバも嫌いではありません。

安倍さんが守るべき五項目について自分から口にしなくなり怪しいなと思ってました。
米だけ守って全部やられたり、おまけに道州制やら、物価があがる前に消費税アップなんてことになれば、河野洋平以上の売国奴になりかねません。
反対の声を上げ続けるつもりです。
by: みち * 2013/03/06 01:20 * URL [ 編集] | page top↑
TPPと道州制に反対します
政治家を盲信する「理由」は何なんでしょう。
日本人が日本国を本当に考える議員をしっかりと選び、議員がそれに応える。
それこそが民主政治ではありませんか?

以下の記事は、「盲信する理由」に繋がるかと思いますが、決して盲信せず、事実を踏まえて一人一人が考えてみてください。

http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-92eb.html

http://blog.goo.ne.jp/capitarup0123/e/ceeee356991ceed3517fc599b96c5c65?fm=entry_awc
by: 盲信は危険 * 2013/03/06 01:17 * URL [ 編集] | page top↑
ブログ主さん、取り上げていただいてありがとうございます。

安倍総理を信用していますが、私もTPPには反対なのです。
安倍総理を信じていることと、TPPに反対だという対極のジレンマに今私は苦しんでいます。

先ほどコメントした記事のような見方もあるので、いろいろな角度から安倍政権を見て欲しいと思ってお送りしました。

TPP反対の抗議は、私も自民党等に頻繁に電話などしています。
by: 日本を取り戻す * 2013/03/06 01:08 * URL [ 編集] | page top↑
仰せの通りです。
安全保障の基本

自分は個人的には安倍総理が好きです。
しかし、それとこれは別でしょう。
安全保障の基本は最悪を想定して、そうならないように備える。ですよね。
安倍総理を信じる?
冗談では無い。
安倍総理を信じてTPP。
それで良いのですか?

安倍総理を信じて国民をギャンブルに掛けるなど断じて許されません。
安倍総理を信じたい気持ちと現実は別です。
誰にも安倍総理の心の中など分かりません。
否、分かっていてもTPP参加はダメでしょう。
最悪を想定すると云う事は安倍総理が売国奴だと想定する事です。
売国奴だと信じて行動する。
そうでなければ嬉しいでしょう。
こう云うと必ず、保守分断工作だあ~というアホウがいます。
そうではないでしょう。
安倍総理を信じて一生後悔したくなければ、断固戦い!断固阻止!です。

本当に安倍総理が愛国者でTPPに参加したくないのであれば、安倍総理はこの動きを歓迎する筈です。
参加しない口実ができるのですから。

貴方は安倍総理を信じて国民をギャンブルに掛けるのですか?
by: 嫌われ者 * 2013/03/06 00:48 * URL [ 編集] | page top↑
東電訴えた米兵の奥の手「クラスアクション」とは
http://news.livedoor.com/article/detail/7469825/

TPPに参加したら、こんなことが当たり前のように、起きるのでしょうか?

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現さんで、
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4987.html

3月4日放送の「ビートたけしのTVタックル」のURLが出ています。消される前に見て下さい。
by: すずめ * 2013/03/06 00:15 * URL [ 編集] | page top↑
何で自民党、安倍首相を信じると言い切ることができるのでしょうか?
民主党で騙されあれほど疑ってかかることを学んだはずなのに…

自民党は、経済最優先。
財界の為の政治をしてきた。
財政に余裕がある時に、尖閣諸島も竹島も、何もしなかったのは自民党。
パチンコを放置してきた…いつの間にかこっそり隠れてやっていた換金が、堂々とできるようになったのも自民党独裁時代。

自民党は国民に気付かせないように色々やってきた。
民主党が政権を取って露呈したのは良かったと思う。
政治家は信用出来ない!!

参院選の為!?憲法改正!?
公明党と連立解消しないと無理ですよ~
公明党と切れるはずない。
資金力も、集票力も、頼っているから。

安倍首相なら大丈夫という根拠は何ですか?
もっと冷静に、疑ってかかることも必要ですよね。

自民党は政権慣れしているのだから、国民を上手く転がすことにも慣れているはず。
手腕は狡猾ですよ~

民主党はあり得ないけど…
自民党も信用し過ぎてはダメですね。

米中韓朝露…どの国も狡猾ですよ!!
対話という貢ぎ外交をしているようでは、
自民党も期待出来ない…

無関心が一番ダメですね。
しっかり目を光らせ疑問を発信していかなきゃ!!






by: 通りすがり * 2013/03/06 00:06 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/2192-b2a567a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
13位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。