スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

番外編ー復活祭だぜ クリスチャン


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


こんにちは。今日は復活祭の連休の最後の日曜日ですが空がどんより曇って雨はしとしと降り続けているし、私の心は晴れません。今日は朝鮮のことなんか考えたくも無く、カルトもTPPも他所のブログが沢山発信しているので私はお休みです。
この一週間ずっと内容証明を書くために夜も昼も無く、せっかくのお休みが台無しでした。書くのが憂鬱なのでフラフラ他のことをしたりして期末試験前の中学生みたいに焦りつつ 横道、反省して夜中に書き物 調べ物っていう不健康な一週間。三通書かないといけいうちの一通がやっと出来たので あとはそうはきつくないだろうと。でも今夜中に二通目を終えないといけない。明日出さないといけないからです。

さて、異民族と共生になるとどんなに日本人は苦労するかという一つの例になると思うので 私の現状をまな板に乗せてお話します。
政治ねたじゃないし 今日は思いっきりスペイン版になるのでご興味の無い方は ちょっと違いますので....。
家のリフォームをしているのですが、この家がただの家ではありません。歴史をたどると今から105年前までは辿れますが それ以前のことはどんなにしても分からないのです。古いレンガやアラビアタイルで出来た家で、一歩入っただけで初期の建築家の、白い明るい魂を感じていっぺんで好きになってしまったのです。恐らく彼はとても上機嫌でデザインしたのだろうと そのクラシックでロマンチックな魂をそこここに感じて私は相当無理をしてこの家を手に入れました。まだ子供たちがとても小さくて 私も若くてちょっとまぁきれいだった頃のことです。
いつか 一階を何かのスタジオとか事務所とか仕事場にして二階に住んだりしたらいいなと夢を膨らませていました。売主は80才近い老人で 子供たちがみんな独立したので家が広くてかなわない。小さいマンションに越したいということで お金が全然足りなかった私に相当値下げして売ってくれたのです。

少しずつ手を入れて行ったら いいなと思って嬉しくて仕方ありませんでしたが、ある日市から通達が来て
物凄い規模の工事をしないと行けないと書いてあったのです。
老人は これがあったのでさっさと値下げして私に売ったのでした。

オランダなどのヨーロッパの国はみんな多かれ少なかれ国が関与して外装を様変わりさせない厳しい規制があるのでしょうが スペインもそれはもう物凄い規定があってペンキの色まで決まっています。カテゴリーがあって規制がゆるいのはどうでもいい家で、私の家は一番きついのから二番目に相当規制がきつい種類の家でした。外装は勿論、中もほとんどの柱を変えてはいけないなどの内装についての厳しい制約があり、窓やタイルも変えてはいけないというものです。違反すると罰金を課されます。

100年以上経っている家の梁(天井の渡しですね)これを市が安全検査するために全部の天井の漆喰を引っ剥がせという凄まじい検査が入ったのです。
少しずつ手を入れながら暮らそうとしていた私の買ったばかりの家は、一挙に天井をはがして廃墟のようになりました。かつ、建築家の署名入りの報告書を提出しなくてはならず、この解体工事みたいなのと建築家への支払いで もう何も出来ないまでに費用がかかってしまいました。

次に追い討ちをかけるようにして 今度は市の保存課から リフォームの命令が下ったのです。
物凄い費用です。
しかもこの頃の私は 海外を飛び回っていたので大掛かりな工事なんかに専心することは不可能でした。
老人が不払いしていたために追徴金で割高になった固定資産税も三年分ほどまとめて払いました。
まぁ本人に請求することもできたのですが あの頃はまだ多分に気のいい日本人だったので 寂しくなった懐から払ってしまいました。
老人に騙されたと言えば騙されたのですが、それでも十分に価値のある家で安く譲られたので文句を言うような筋合いでもなかったのです。
まぁ何と言ってもお役所仕事なので 改装命令が下っても すぐに罰金が来たり裁判に訴えられたりするわけではないので困ったなと思いつつ10年くらい逃げおおせました。ま、だらだら交渉を長引かせる「何か」みたいですねぇ....笑

こんなに白黒つけないでのらくら逃げていたなんて 私も大分日本人離れしてきたんでしょうか...
大掛かりな工事をしないといけない憂鬱と費用の心配とで のらくらに逃げるしかなかったのです。

その間に 誰も住んでいない家ということで鍵をこじ開けられて人に住まわれてしまった時期もありました。また、100年前の大扉には真鍮のドアノックがついていて、これを何としても盗もうとする不届き者に何度も盗られそうになったり、バルコニーから下がっている鉄の飾り物はついに昨年盗まれました。蚤の市などで高価に売れるらしく、そうした盗みの標的にされ続けたのです。10数年も誰も住まないでいるものですからどんどん荒れ果てて行きました。でも石造りのいいところはあとで工事する時に何かが崩れているということは無いのです。骨に異常はなくて肉をつけるだけでまぁ新品になります。

ここまでだけでも本当に色々なことが起きて、維持が大変でした。
もうついに市の保存課から逃げおおせないとなったので 仕方なく工事をすることにしました。
建築家を選ぶのに思案しましたが セビリア大学の建築学科の教授だという人を紹介されてそれなら大事は無いだろうと安心して依頼しました。ところがこれがとんでもなかったのです。
大学の先生を信用してはいけない。
非常にずさんな設計をしたために もしもこの設計図で工事に突入したら次々とあやふやでデタラメの設計指示書のためにきっとにっちもさっちも行かなくなって破産するだろうという分析が出ました。
この先生に縁を切っていただくのに相当の苦労をしました。相手が引かなかったからです。
続いて別の建築家を打診するも中々どうしていい加減な奴ばかりで この国にはまともなのが一人も居ないのではないかという見解に達してしまいました。足元を見て付け込むのやらいい加減で期日を守らないのとまぁ色々です。六人は打診したと思います。
もう 私はこの家に縁が無いのかなと思い始めたほどです。

日本語でなんと言うのか分からないのですが 建築家の他に工事を指揮する、また設計図に基づいて資材の計算をする技師が居ます。設計技師って言うのかしら?
それでこの建築家にさんざん期待を裏切られている数年間、ずっと陰に日向に助言してくれる技師がいたんですね。手がけた工事は1000を超えるというベテランで、心から工事が好きで知恵も沢山持っている人でした。古い建物の復元が得意で しかも大好きだという人で、私はすっかりお世話になって信頼することしきりでした。復興させた古いホテルや教会、博物館と、彼の専門はなみなみならぬものがありました。話すといかにも南スペイン人らしくひょうきんで面白いところもあり、親切でいい仕事をする人という印象が常にありました。建築家もろくなのがいませんでしたが 技師も本当にろくなのが居なくて、ああここは専門家がろくでなしの国なんだなと思い始めていました。

けれどもこの人だけはいつも時間を作っては色々と付き添ってくれて本当に心から工事が好きで、私の家のリフォームを心待ちにしていました。
それでも難題に継ぐ難題がふりかかり、去年の夏には隣の家から壁をぶち抜かれましたよね?覚えていらっしゃる方もあると思うのですが....
隣の家の一階がテナントなんですがこれを借りた男が大工らしくて自分で何でもできてしまう。スナックの内装を一人でやっていましたが ある日私の家との境の壁をぶち抜いて私の家の中庭を自分の店の中庭にしてしまったのです。
私の家からのアクセスの窓とドアにレンガを積み上げて出れなくしたんです。もう笑っちゃいますよ。漫画の世界です。レンガってセメントで固めて壁にしたんですよ。積み木じゃありません。

警察に訴えて逮捕までされたのに その後に又二回も壁をぶち破ってついに私の中庭を自分の家側から繋げて山のような鉢植えをお飾りしています。完全にあちら側の庭と化しています。

木造の家ではないんですから 中間にある壁がどのくらいあるのかというと 何と80センチの厚みですよ?凄いでしょう? 一旦は塞いだのですが向こうは寝ずに開ける。いつでも開けて来る。大工だからすぐに出来ちゃう。
こうなると警察も手出しできなくなります。裁判にするしかないみたいですが行っても30を少し出ただけみたいな男で 仮に裁判で勝ってもあちらに支払い能力が無さそうです。
工事だけでも憂鬱なのに裁判なんて冗談ではありません。ま、そのうち本格工事を始めてこっちに大工が10人も居れば勝てるだろうという目算で放置です。けれども家や土地を盗られて五年すると相手の物になってしまうらしいので油断大敵です。

相手は建築許可も取らず、営業許可も取らず、衛生局に届出もしないでもう一年も平然と営業しています。
この全部の局に訴えを出していますが 役所仕事で全然しばたかないのですよ。
警察も逮捕に来ない。男は私と出会うといけしゃあしゃあと挨拶するんです。
何を食べてこういう人間に育つのかと思いますね。疲れ果てますが私は正攻法であらゆる役所に訴えを出し続けたお陰で この男に罰金がどんどん降り注いでおります。けれどもシバキは罰金だけで逮捕も何もしないんだなと 驚きをもって受け止めています。

さて、設計技師の今ではすっかり友達のCさんが紹介してくれた建築家を契約してやっと昨年の夏に工事に入りました。工事監督と技師の兼務は、長いこと陰に日向に応援してくれたベテランのCさんです。
彼ならなんでも良く分かっているからと安心してマドリッドに引越しもしたのですが、最近、ちょっとおかしいことがありました。

さてさてここからが本題です。疲れちゃった方はお休みを。

私の荒れ果てた古い家は 実はクラシック建築の宝庫なのです。アラビアタイルはただのプリントではなくて手作りの本物で、相当な価値があるということでした。床に使われているhidraulico イドアウリコという種類のタイルはhttp://baldosahidraulica.com/ こんな複雑な手作りの工程を経て一枚一枚作るようなのです。
http://blog-imgs-60.fc2.com/p/o/l/politiceconomy/Fotos-taller-(16).jpg
http://blog-imgs-60.fc2.com/p/o/l/politiceconomy/hidraulico1.jpgしかも私の家の床のタイルは、現代の物と違って100年も200年も前の骨董品なので価値も作りも全然違うらしいのです。
これは丁寧に接着剤を取って再利用するのが当然です。今現在の復刻版ですら一平米一万円くらいするということでした。勿論 全部丁寧に取り出してリフォームしたら敷き詰めるということになっていました。
それがこないだ工事の監督に行くと全部割れて取り出せなかったと言うのです。
全部割れただって!!??

荒れ放題にしていたのでほとんど接着が古くて駄目になり、無傷で取れてしまえそうなくらいにゆるゆるだったのです。
ざっと計算すると150平米はあったはずです。これがみんな割れたと言って破片も残っていないのです。
次にバルコニーやベランダに張り巡らされていた鉄格子がただの一つも残っていない。再利用する手はずだったのに 監督のCさんまでが腐りが酷くて使い物にならなかったと言うのですよ。

スペインの昔の鉄格子というのは 中まで全部鉄が詰まっていて 最近の物のように空洞ではありません。
しかも美しいアラベスクなどで出来ていて中々の物なのです。これがただの一つも無くなっている。
他ならぬCさんの言葉でもどうも釈然としません。おかしいなと思い続けていると 支払いの請求書の中に床材の再利用のための費用が紛れ込んでいる。どこの床かと書いてあるので辿ってみると そこには再利用するようなタイルが無いのです。元々無い所からあるかのように計算してある。これを指摘するとCさんは恐縮してうっかり間違えたと言う。
でもね、もう二年以上もこの家を見ていて 隅々の寸法まで頭に入ってしまっている人が こんなことを間違えたりはしないのだ。

遠いマラガ県という地方の設計技師を雇いました。私の家まで一時間半も車を走らせないと着かない遠い県です。この人に経緯を話して全ての今まで支払った支払い項目をチェックしてもらいました。昨日のことです。
膨大なページ数なので素人には無理です。A4で47ページです。しかも内容は見ても分からない。
例えばセメント@25ユーロが何立方分とか そんな感じで埋め尽くされています。
工事が半年経過して四回の支払いが済んでいますが その内訳から数十万円が騙し取られていたと判明しました。非常に僅かな単価の項目に数百円を上乗せしてあるのです。でも掛ける数メートル、数十個、数十袋なので最後には大した金額になります。それが随所に散りばめられている。
ちょっと見には分からない額と まだらな項目に施されていて専門家が対比表をエクセルで起こさない限り、分からない。
Cさんが作った表の元が正しいと仮定して試算するとこのような明らかな額が騙まし取られたと分かりましたが、その表に出てくる掛ける数百メートルなどのその寸法が違うかもしれない。今度の週末に工事現場に行き、徹底的に測定する予定です。そうして技師に検証してもらう。

ざっと想像するに、床材と鉄格子は 専門業者に売り飛ばしたのでしょう。100万円前後が動いたと推定。
私はこれが一番胸に堪えます。裏切られたことは不思議とどうでもいいのですが 私は維持に苦労を重ねたこの家をいつか美しく蘇らせる日が来ることを楽しみにしていたのです。100年前の一枚一枚材料を流し込んで模様を作る手作業。古いタイルも磨きをかけると新品のようにきれいになるのです。
私はこの家にもう一度命を吹き込みたかったのです。100年前の材料で。
あんまり残念で ちょっと胸がドキドキして来ます。売り飛ばされてしまった床材は取り戻せない....

六ヶ月間、建築業者の支払いを水増しし続けたCさんは この業者と勿論ぐるでしょう。
いくらなんでも一日で全部ははがせない床材ですから 工事監督がぐるでなければ成し遂げられません。
これほど大規模で広範囲の盗みが堂々と工事監督の手引きで成されるとは さすがの私も想像できなかったので まんまとやられました。非常に悔しいです。惜しい....

思うにCさんは この家を見たときからこれを計画していたのに違いありません。大きくて古い家ほどリフォームの規模も広範囲になっていくらでも水増しを隠せるからです。
材料の水増しの他に 契約書には無い工事を沢山入れてるそうです。
私の知らない工事が200万分くらい入っていると言っていました。
床とタイルと鉄格子で100万は稼ぎ、水増しで数十万、発注していない工事を盛り込んで〆て350万くらいか。荒稼ぎするねぇ 半年で。

彼は、家の中で埃をかぶったあれこれが非常に価値ある物だと 最初から計算していたのでしょう。
そうしたらこの工事でいくら稼げると腹積もりしていたからこそ、何度もくじけそうになる私を励まし励まし、ついに工事に入り込んだのね!!
どうです? 恥が無いと思いません?
これだからこの国は弁護士が繁盛するのですよ。

暗くなるというよりは笑ってしまうのは、隣の80cm厚の壁を二度も三度も突き抜けて来て人の家の中庭を自分の家に取り込む奴も呆れるけど、そういう目に遭っている家主の工事監督が率先して身内面したままでっかく盗むって なんか凄すぎて笑えて来ませんか? もう外敵に内部の敵に 市役所は容赦なく命令して来るし これだけ許し難い盗みをしている奴に給料まで払わないといけないなんてね。

さぁ、この始末 どう料理してくれようか。
工事だけは手抜きしていないようなので 盗んだ分だけの工事を巧くやらせないといけない。
出来るかなぁ ポーカーフェイス....
そうして請求が来た時に 対比表を出して問いただす。そして勿論起訴しないとね。
隣のチンピラを裁判に引き出す元気も動機も生まれなかったけど家中の床ひっぺがして荒稼ぎする奴は許す気がしない。
しかし どいつもこいつも志の低い泥棒ばっかりでね
何が復活祭だよ キリストはちゃんとこいつらなんとかしてくれなくちゃあ....

ということでした。お付き合い ありがとうございました。昨夜発覚の詐欺事件でございました。


※お問い合わせがあったので:私がスペインに渡った頃、マンションが90万、一軒家が300万くらいで買えました。
日本でなんでもないようなマンションが一億とか言われていた頃ですね。ここは金利が14%で百万円入れておくと14万円もらえて笑 物価の安い土地なので家族がこれで暮らせるくらいでしたよ。今から考えると凄いですね
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

08 : 19 : 42 | 海外 | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
<<TOEFL反対論 | ホーム | 45億は官房機密費でっか????>>
コメント
nashi506さんへ


> 話は戻って、試しにFC2ブログを作ってランキングバナーを設置しました。PC スマートフォン表示いずれも表示されました。

メルアドを非公開で教えて。アウトルック立ち上げたくないので そうなるとあなたのメルアドが分かりません
by: yaegaki hime * 2013/04/03 18:23 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし

> 人違いかもしれないので、ワロスワロスで聞き流してください

確認しましたが どこからなのか分かりませんでした ><
by: yaegaki hime * 2013/04/03 18:21 * URL [ 編集] | page top↑
たびたび読ませてもらっています。
本当に日本人は日本以外は住みにくいことがわかる内容ですね。

もしよろしければSNSのサイトなどで拡散してもよろしいでしょうか?
by: のなめ * 2013/04/02 23:05 * URL [ 編集] | page top↑
Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013
Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013

【これ、世界に発信しよう!】中山成彬議員質問(20013年3月8日 衆議院予算委員会)の英文書き起こし
Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013
http://jpnso.blogspot.jp/2013/03/questions-by-congressman-nakayama-at.html#!/2013/03/questions-by-congressman-nakayama-at.html
【関連情報】
【Web検索システム 辻元清美】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cstjm.cgi

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
by: 愛信 * 2013/04/02 16:55 * URL [ 編集] | page top↑
真面目だけで愚直に
> yaegaki hime 様のような、スーパーウーマンのような御方でも、これほどの気苦労を感じさせられる国なのですねぇ・・・・もちろん、良い人もおられることは前提として・・・・「普通」の日本人からしたら、信じられない内容の記事でした・・・。

はい、もうこんなことばかりですよ。だからこの国は携帯電話一つ作れないんだと思います。心を許せないですから日本人にはきついですね。どこに行っても日本人にはきついでしょう。
ぼうっと育ちますからね。

神を信じないのかと言う投稿がありましたけれど 敬虔な気持ちが無いんだと思います。
心が丈夫に出来ていて 騙したり 汚いことしても忘れていられるし 楽しく旅行に行ける。
夜 思い悩まない

> 話は違いますが、私も内容証明を書いていて・・・憂鬱な思いでいたのですが、
私はこの水増ししている技師に対するのがまだ遣り残しです。
建築業者と 建築家には書きました。

最大の悪人に口答えが出来ないまでに理詰めで行かないといけません。
しかも気持ちと反対に工事の再開を心待ちにしているわ
あなたなら安心なんだから、みたいにまだ騙されているフリをしないといけません。
一枚上手になれるだろうか?
疑われないで済むんだろうかと 憂鬱でまだ手つかずです。
そんなわけで家に閉じこもりで一週間です。
このように心を思い煩わされることが多いので
科学者も研究に没頭できなかったりするんだと思います。
ま、
国語の宿題だと思ってやっていますが 最近この手の文書が凄く巧くなってきて
喜ばしいのか 嘆かわしいのか分かりません。

スーパーウーマンねぇ.....
きっと死ぬときは ああ良かったって思うんじゃないかと考えます。
着々とやらないと誰も片付けてくれないですからね。

どういう人生だったかと考えると
真面目な人生だったな、て思ったりします。
若いときは今よりもっと寸暇を惜しまず精進していましたね。
日本人らしい生き方だったなと それだけですが。

反省はいっぱいありますが 真面目だけが取り得の人生って
ま、合格点をやりましょうかねと思う次第です。

あーーーー今日の昼までに書いて出さなきゃ!!
あと歴史のレポートもあるの!!
苦しい....きつい....
by: yaegaki hime * 2013/04/02 15:31 * URL [ 編集] | page top↑
yaegaki hime 様のような、スーパーウーマンのような御方でも、これほどの気苦労を感じさせられる国なのですねぇ・・・・もちろん、良い人もおられることは前提として・・・・「普通」の日本人からしたら、信じられない内容の記事でした・・・。
日本人って、大概の人が信頼されたら、その思いを裏切りたくないと思うけれど…海外では、騙すことも平気でできて、そのことを恥と思わない人も多いのですね・・・・海外へは旅行でしか行ったことがないので・・・・日本人の「精神性」に対して、いろいろ思うことがあります・・・。
話は違いますが、私も内容証明を書いていて・・・憂鬱な思いでいたのですが、 hime 様
の大変さと比較することも恥ずかしくなる内容で・・・はぁぁぁ~~、面倒だけれど、相手に思い知らせるには、対峙するしかないです・・・。
外国での子育て、家事、学校、「日本国を憂う気持ちを記事として発信」、本当に、スーパーレディです・・・尊敬しております・・・。
内容証明が完成し、上手く事が運びますよう、お祈り申し上げます・・・・。
by: 読者 * 2013/04/02 13:26 * URL [ 編集] | page top↑
スペイン人は神を信じていないのでしょうか?
なんだかひどい人達ですね。
でも欧州はそういうものなんでしょうね。
神の御加護がきっとあります。
八百万の神と共に、十字架も飾ってみてください。
by: 通りがけ * 2013/04/02 01:10 * URL [ 編集] | page top↑
ほんとにどいつもこいつも・・・・
いつもいつも本当に心からお疲れ様とつぶやきながらブログを読ませていただいております。母国日本への溢れる愛情とそれ以上に厳しい指摘は、ぼんやりと日々を過ごしている人間にはピンと来ない事も多いでしょうね。表現が悪いかも知れませんが、このブログは「故郷のうるさいお婆ちゃん」のようでもあり、耳に痛いことを直球で投げて来る大和撫子そのものあって、私個人としては大好きなブログなんですが・・・・・・特にスペインにおけるお話は、欧米に限らず私が住んでいる東南アジアにもズバリ当てはまることが多くて驚いております。本当に心身ともにクタクタになる時があるんです。私が住んでいる国は「キリスト教」と「イスラム教」が同居をしている場所ですが、お話にならないくらいに両者とも「クズ」と「怠け者」の集まりです。もっと付け加えましょうか?親切と裏切りはセット。こういう文化がDNAレベルで染み付いているんです。片側の人たちは月~土の間は「泥棒」「詐欺」「殺人」をやり、日曜日に教会へ行って「神様ごめんなさい」とあやまって、翌週から再び同じことをやるんです。反対側の人たちは悪い事をしても全部自分たちに「都合が良いほうへ解釈」する人達です。そのくせ両者とも理想を語らせたらコッチが恥ずかしくなるくらいに立派なことを言うんです。一般的には「スペイン統治」の時代が長くて、基本的に努力とは「バカがする事」ですし、現在は華僑に政治と経済を握られていますので、商売というかビジネスの勧め方がとても「汚ならしく」・・・・・しかし私個人としては生活の基盤は出来上がっていますので、いまさら50歳を過ぎて日本でやり直しとなるとそれも大変ですし、グダグダのクズ社会ですが、ココで生き抜く術も少しずつは蓄積しています。だからこそ日本は素晴らしい国だよ!ってお伝えしたい気持ちが止められないんですよ。でもこのようなお話は、同じ状況にならないと絶対に理解できないことでしょうから、はたしてどこまで伝わることやら・・・・・・なんか長々と取り留めのない話になってきてしまいましたね。筆を置きます。最後に、いつも応援と協力をしていますよ~(笑)
by: 海外のおっさん * 2013/04/01 23:43 * URL [ 編集] | page top↑
心労はお察し申し上げます。
御健闘を祈念致します。
なお本日はエイプリル・フールですが
目を疑う記事を見つけました。
これはアメリカ様からの脅しなのでしょうか?
3/26記事を御参照下さい。
by: 読者 * 2013/04/01 23:36 * URL [ 編集] | page top↑
菅官房長官のブログ
http://ameblo.jp/suga-yoshihide/

>最も大事な「成長戦略」でも、TPP交渉参加という経済成長に
つながる非常に高くて遠くに飛ぶ矢を放つことができました。

こういった政策が市場にも評価され、株価は野田前総理が解散を表明した
時より40%以上も上昇し、時価総額が100兆円以上増えるなど、
経済に明るさが戻りつつあります。

安倍さんは周囲が悪い・・と二階堂ドットコムで書いていましたが、
側近中の側近の菅さんがこの認識ではしょうがないですね。
地元の事務所の件や奥さんも、いろんな形で工作員に絡め取られている
のでしょう。
by: 読者 * 2013/04/01 23:06 * URL [ 編集] | page top↑
本日見た“不審ニュース”
●政府専用機トラブル 計器不具合? 首相帰国後、離陸見合わせ
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_snk20130401083

●自殺?:内閣参事官 浴室内で練炭 東京・渋谷
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/20130401p1500e040157000c.html
by: 読者 * 2013/04/01 22:52 * URL [ 編集] | page top↑
日本でも古民家が百万円くらいで売りに出されていますね、ただ修築をしないと住めたものではないです。庭も広く、田畑も付いて山林もついてたりします。

修築に数百万から数千万、ヨーローッパ、スペインほどではないとは思いますが、日本も古民家の修復には、建築屋に吹っ掛けられるものだと思っておいた方が良いでしょうね、修築費なんてものは、寿司屋での時価みたいなものだとおもいます。

一番よいのが、地元民との信頼を作れてれば問題は少なくなるとは思いますが、実際のところは、思い立ったら吉日ってな感じで知らない世界に飛びこんで行く人が多いと思います。それまでのシガラミを切りたいという思いもあるでしょうし。新天地への希望。

ので、金銭面的な面に於いては、泣き寝入りする気持ちは最初からもっておいたが方が良いでしょうね。そもそも、理想の生活に憧れて行くのであるのならば、金に代えられない生活を望んでいるのでしょうしと、他人事ながら一提言。
by: さんずい * 2013/04/01 22:19 * URL [ 編集] | page top↑
hime様のスペイン事情いつも楽しみにしています。
海外に暮らす日本人は、少なからず嫌な経験をしているみたいですね。

上海で事業を営む友人は、中国人だと数百万で買える物件が、日本人だと3500万だったと言っていました。
幼稚園も、中国人は数千円が、日本人は10万だと。
人間が入れる位大きな壺に、現金を隠しておいたら、使用人に壺ごと盗まれたとも。
日本人はいいカモなのかな~

母は、強し!!
何処に暮らそうとも、守るものがある人は、頑張れます。
日本も、最近は油断出来ないのです。
母は、強し!!
家庭、子供たちの為に、益々強くなる私です。(笑)
by: 名無し * 2013/04/01 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
よりにもよって中国から

http://www.hoshusokuhou.com/archives/25211415.html

地位ある人たちの考え方がアホ過ぎる。

ど●入り餃子忘れたか?
5年たったら、帰化なのか?
by: 読者 * 2013/04/01 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
『アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは .』

という動画が、ユーチューブにありましたので、以下に貼り付けしておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48&NR=1&feature=endscreen
by: 貼り付け * 2013/04/01 18:45 * URL [ 編集] | page top↑
北投石
日月神示立て直しの「超」暗号 中矢伸一著

中矢さんと副島先生の対談
45ページ
中矢 デイビット・ロックフェラーとかああいう人たちが長寿なのは何かやっている
からだと思います。
本当は知っているはずです。
ロックフェラーが小児麻痺かなにかの病気研究という名目で、玉川温泉の石を持って帰
ろうとしたけど、法的な問題で持ち出せなかったと言う話を最近聞きました。

北投石の秘密 安部常正著

86ページ
 ずいぶん昔の話になるが、アメリカのロックフェラー財団が、放射線障害による白血病や小児麻痺に北投石のラジウム放射線が効果のあることを究明され、照会があったことを岩手放送が放送し、これが新聞で大きく報じられた。しかし、北投石が特別天然記念物のため国外へ持ち出しも法律によって禁じられていることもあり断念せざる得なかったのである。
 これからも、ラジウムの天然放射線の効能がいかに偉大なものであるかを推測できることができる。

http://www.snsi.jp/bbs/page/15/
by: 貼り付け * 2013/04/01 18:41 * URL [ 編集] | page top↑
おお、これぞ、まさしく欧州レポート!!!
興味深く、そして、ううぅ~と唸りながら拝読いたしました。

国家の基本は「信用」。 欧州が没落するのはユーロ制度以前の問題であることを実感させられました。

人と人を「信用の絆」でかろうじて繋いでいる国家は日本しかないのか? 

この日本ですら特亞人種と特亞系議員に蚕食される状態。 あと何年、良き日本がたもてるのか?・・・と憂鬱になりました。
by: よしき * 2013/04/01 18:12 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
> 姫様、もう日本におかえりあそばして。
> 日本も半島人にいいようにされて疲れることが多いですが、気の許せる日本人も健在ですから。

うん でもねこういうの整理しないと帰れないのよ
それに子供が居るところが私のふるさとだから。

日本で子供たちの結婚も成長も見ないで 老婆になるの寂しい
最近よく老夫婦とか殺されるじゃないですか 一気に動脈とらえて切るとか 日本人の仕業じゃないですよね
by: yaegaki hime * 2013/04/01 18:01 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
> 欧米のアンティークは日本でも人気があり、私も雑貨ですがフランスの90年前のキッチン雑貨いくつかもっています。玄関ドアもドアノブも小物も大変な人気です。欧米のアンティーク建材を用いたリホームも人気です。日本の業者も欧米の蚤の市に買出しにいってます。

そうなんですか? そういえばアルハンブラ宮殿の屋根瓦が欲しいという人がいて、業者を紹介したことがあります。建売をやっている旅行者でしたが。

>歴史のある家に外人がすんでる上に家主が女となると。。

私がスペインに来た頃は マンションが90万円くらいで買えたんです
屋上でスケートが出来るようなのでも三百万円くらいでした。
ボロボロの家はあちこちによく売っていました。大金持ちである必要などなかったんです。
でもマドリーに来て ここは全然そうは行かないと思いました。一件の値段が違いすぎる。

おっしゃることもっともですね
自分が外人だってこと忘れていました。笑
そうか、罪悪感ないのかもね 俺らの文化財だひっぺがして売っちまえ 小癪な外人が!!かな。
by: yaegaki hime * 2013/04/01 17:58 * URL [ 編集] | page top↑
姫様、もう日本におかえりあそばして。
日本も半島人にいいようにされて疲れることが多いですが、気の許せる日本人も健在ですから。
by: kumaジュン * 2013/04/01 17:56 * URL [ 編集] | page top↑
「英語を学ぶ前に、自分がどういう生き方をしたいのかをまず考えるべきです。それによって必要な英語レベルはおのずと決まってくる。」と仰るのは至言

「東大・京大生で英語できない学生などいない」と瀧本哲史氏

http://www.news-postseven.com/archives/20130331_179759.html
by: 貼り付け * 2013/04/01 14:55 * URL [ 編集] | page top↑
欧米のアンティークは日本でも人気があり、私も雑貨ですがフランスの90年前のキッチン雑貨いくつかもっています。玄関ドアもドアノブも小物も大変な人気です。欧米のアンティーク建材を用いたリホームも人気です。日本の業者も欧米の蚤の市に買出しにいってます。
ですので愛でるきのない業者にしたら宝の山はっけーん!!キラキラ~だったのですね。
わたしもアンティークすきなので、家を蘇らせたかった姫様の悔しい気持ちよくわかります。同時に姫様は外地ににて、大変な成功をされているのですね。素晴らしいお宅にを所有されているのですね。歴史のある家に外人がすんでる上に家主が女となると。。。
みんなが羨む家だから紛争の種になるのでしょうか?
心中お察しします。
by: 読者 * 2013/04/01 11:08 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/2220-ccb7751c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
13位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。