スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

売り渡した証拠書類、アップします


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


下記の通りの読者の投稿がありましたが、これは保守全員の共通の叫びと思いますので提示します

三橋先生のブログに書いてあること本当なのかな?三橋先生が拡散して下さいってお願いしてますよね。
私は、tpp交渉決裂しかないと思ってたけど、アメリカは、私よりはるかに賢くて、事前協議による決定も決定だと言ってるらしい。
それじゃあ、交渉決裂してもダメじゃん!
日米修好条約に逆戻りか?
関税自主権無くなるのか?
安倍総理は、日本を売り渡す気なのでしょうか。
誰かお願い、私の質問に答えてください。
もう一度、誰か、私の質問に答えてください
.................................
誰がそうだよって言っても信じられないと思うので最下段に読むと本当だと思わないで居られない証拠を出しておきます。長いし根気要りますが これを読むともう叫んで聞かなくて大丈夫になります 苦渋
次に私が出している記事も信じられないと当然思うと思うので、どの文章でも拾って検索にかけると出てきます。原典に当たって納得することもできます。いわば水戸黄門の印籠ですから、どうぞ。

最近、知り合いが警備会社の試験を受けてきたのですが、面接だったか筆記試験だったか 訓示だったかで、TPPも出て来て、2020年頃には単純労働者の移民が増えて治安が悪化しているだろうから、警備業は需要が増えると見込んでいると言うお話があったそうです。昨日 それを聞いて愕然としました。企業っていうのは自分が日本人だと言うことを忘れていられるんだなと。そうなる前に阻止しようとは思えないで 淡々と先を読んでそっちに対応して行くのです。

私自身は死人のように毎日 いつ病気になってもおかしくないくらいに辛く暮らしていますが、文章の切り張りとまとめる力がある限り、ブログは続けないとと思います。こんなに保守がみんなして沈黙というかスルーしているんだから一人でも安倍政権の売国を言い続けなくては。
どうか この記事を一人でも多くの方の目に触れるよう、ランクアップとコピー拡散お願いします。



2013年4月15日(月曜日)山田正彦氏ブログ←この人もね、農水大臣だったくせに捨て身で守るって気概がなかったよね 今更何?と思うけどまずは 記事をどうぞ。読むと書いている本人と内容とに同時に怒髪になりますが

TPPに関する日米事前協議の合意はミズーリ艦上降伏文書に等しいのでは?

12日に締結された日米協議合意は、私にとっては大変ショックでした。
自動車の関税はそのまま先方が了解するまで据え置き、且つ、関税・非関税ルールは米国の言いなりで関税撤廃をすることで全ての品目をテーブルに乗せることに合意したのです


こんな屈辱的な、一方的な「合意」は戦後最大!ミズーリ艦上降伏文書に等しいものではないでしょうか。

しかも内閣官房の書簡はたった1ページで抽象的な言葉で終わっていますが、私の親友・首藤信彦氏(外交評論家・前衆議院議員)が徹夜で仮翻訳した文章を送っていただいて、更に驚きました。その内容をこの後に掲載していますので皆さんにも是非、読んでいただきたいと思います。
併せて政府が発表している佐々江賢一郎さんの米国に対する、米国務省への書簡。更に米国通商代表代行マランチェスの日本政府に…対する書簡も添付しますので、是非、比較してお読みください。

以下、首藤信彦氏の仮翻訳文書。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
USTR 2013.4.12
TPPへ向けて:日本との協議事項報告 <仮訳>

アメリカ政府はTPPに参加したいという日本との公式二国間協議を2012年2月に開始しました。これは日本のTPP参加国との協議を始めたいという2011年11月の表明にもとづくものです。
日本との協議は、自動車や保険セクターおよび他の非関税障壁に関する二国間の幅広い関心事をカバーし、TPPが求める高い基準を日本が満たす用意があるかどうかという点に関する議論も含まれています。
今日、アメリカ政府は日本との間に、強固な実施行動のパッケージおよび諸合意が成立したこと、そしてアメリカ政府が一連の協議を成功裏に完結したことを報告申し上げます。

自動車
アメリカ政府は、自動車部門に関する深刻かつ積年の関心事を明確にしました。日本政府はアメリカとの協議において、日本車の輸入関税はTPP交渉の他のいかなる製品に猶予された最長期間よりもさらに遅い時期において段階的に廃止されることに合意した。しかも、この段階的廃止は猶予期間が終了した後にのみ実行されることも日本政府は合意した。さらに、これらの措置は米韓FTAで韓国に認められた関税廃止措置よりもはるかに遅れることも日本政府は合意した。

4月12日に日本政府は、簡易許可手続き(PHP)すなわち日本に輸出される米国車に対してより簡単で時間のかからない認証方法での輸入台数を二倍以上にすることを一方的に決定して通告してきました。最近の例でいえば、車種ごとに年2000台まで認められている簡易輸入手続きを、今度は車種ごとに年5000台までアメリカ自動車メーカーは日本に輸出する際には認められることになります。

アメリカ政府と日本政府は日本の自動車産業分野に存在する広範な非関税障壁(NTM)を、TPP交渉と並行して行われる二国間協議の俎上に載せることを合意しました。そのテーマの中には諸規制の透明性、諸基準、証明書、省エネ・新技術車そして流通などの問題が含まれる。さらに、特定車両に対するセーフガード条項を協議し、係争事例の法的救済として関税再課税(snapback tariffs)などのメカニズムも協議することを日米政府は合意した。協議でどれだけの範囲のイシューを協議するかは添付されたTOR(内閣官房資料3)に書かれている。そしてその協議の結果はTPP交渉におけるアメリカと日本の二国間における最終二国間市場アクセス包括協定における強制的約束として含まれるものである。

保険
近年、アメリカ政府はアメリカの保険会社が日本郵政の保険との関係において、日本の保険市場で平等な基準で取り扱われていないことを強調してきた。今回の協議において、TPP協議へ向けて平行して行われる交渉と同時に、このTPP交渉における平等な取扱いの問題を取り上げることに合意した。さらに、日本政府は、4月12日に一方的に以下のことを通告してきた。その内容は、日本郵政の保険に関しては、民間の保険会社に日本郵政と平等な競争条件が確保され、また日本郵政の保険が適切なビジネス経営(非公営)の下で運営されていると日本政府が決定するまでは、いかなる新規のあるいは修正されたがん保険及び単独の医療保険を許可しない、ということである。

非関税障壁(NTM)
アメリカ政府はアメリカ製品の日本への輸出を妨げている広範な産業分野および産業横断的な非関税障壁に対する懸念を表明してきた。これらの問題がTPP交渉においてはまだ十分に討議されていない以上、それらは二国間で、TPP協議と並行して、討議され、TPP交渉終了までに完結させなければならない。(これに関しては別添fact sheetで問題の実情を含め詳細に説明されている)

日本は高い基準での協定受け入れを表明
我々二国間の協議を通してアメリカ政府は、日本がTPP交渉に参加したいなら、現在の参加国である11か国によってすでに交渉された高い基準での協定を受け入れを保証せよと強く強調してきた。それに対し、また2月22日の共同声明に記載されているとおり、日本政府は、すべての産品を交渉のテーブルに乗せ、そのうえで2011年11月12日にTPP参加国によって表明されたTPP協約に明記された包括的で高い基準の協定を達成するために、交渉に参加することを言明した。

強固な関係の成長
もし日本がTPP交渉に参加するなら、その参加はアメリカの最大の貿易パートナーである国の参加であり、TPP協定の経済力を高める。日本は現在、アメリカの第4位の貿易パートナーである。2012年にアメリカは700億ドルの産品を日本に輸出し、サービス分野は2011年に440億ドルに達した。TPPに日本が参加することは、アジア太平洋地域FTA(FTAAP)への道筋を進めると同時に、競争力のあるアメリカで生産された製品とサービスに対する日本市場のさらなる開放を意味する。そのことは同時にアメリカ国内の雇用を支えるのだ。TPPに日本が参加したことにより、TPP参加国全体では世界のGDPの40%近く、そして世界貿易の三分の一を占めることになるのだ。    
以上
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【駐米日本大使発書簡】

2013年4月12日
資料2
拝啓
安倍晋三内閣総理大臣は,TPP交渉への参加を追求するとの決定を正式に表明しました。日本政府及び米国政府は,TPP交渉参加への日本の関心に関する二国間協議を続けてきました。これらの協議の結果として,日本政府を代表して,以下を確認する光栄を有します。
これらの協議を通じて,両国政府は,日本がTPP交渉に参加する場合には,日本が他の交渉参加国と共に,2011年11月12日にTPP首脳によって表明された「TPPの輪郭」において示された包括的で高い水準の協定を達成していくことになることを確認しました。地域で最大かつ最も発展した二つの経済大国として,日本と米国は,経済成長を更に促進し,二国間の貿易を更に拡大し,及び法の支配を更に強化すべく,共に取り組んでいきます。
この目的のため,両国政府は,TPP交渉と並行して,保険,透明性/貿易円滑化,投資,知的財産権,規格・基準,政府調達,競争政策,急送便及び衛生植物検疫措置iの分野における複数の鍵となる非関税措置に取り組むことを決定しました。これらの非関税措置に関する交渉は,日本がTPP交渉に参加した時点で開始されます。両国政府は,これらの非関税措置については,両国間でのTPP交渉の妥結までに取り組むことを確認するとともに,これらの非関税措置について達成される成果が,具体的かつ意味のあるものとなること,また,これらの成果が,法的拘束力を有する協定,書簡の交換,新たな又は改正された法令その他相互に合意する手段を通じて,両国についてTPP協定が発効する時点で実施されることを確認します。
米国は,自動車分野の貿易に関して長期にわたる懸念を継続して表明してきました。それらの懸念及びそれらの懸念にどのように取り組むことができるかについて議論を行った後,両国政府は,TPP交渉と並行して自動車貿易に関する交渉を行うことを決定しました。交渉は,添付されているTORに従い,日本がTPP交渉に参加した時点で開始されます。さらに,2013年2月22日の「日米の共同声明」に基づき,両国政府は,TPPの市場アクセス交渉を行う中で,自動車に係る米国の関税がTPP交渉における最も長い段階的な引下げ期間によって撤廃され,かつ,最大限に後ろ倒しされること,及び,この扱いは米韓FT
i 日本及び米国は,世界貿易機関(WTO)の衛生植物検疫措置の適用に関する協定(SPS協定)に基づいて並行二国間交渉の中で衛生植物検疫措置に関する事項について共に取り組む。
Aにおいて自動車に係る米国の関税について規定されている扱いを実質的に上回るものとなることを確認します。
日本と米国は,日本には一定の農産品,米国には一定の工業製品というように,両国ともに二国間貿易上のセンシティビティが存在することを認識しつつ,TPPにおけるルール作り及び市場アクセス交渉において共に緊密に取り組んでいくことを楽しみにしています。
TPPに関する二国間の協議が成功裡に妥結したことを確認する貴使の返簡を楽しみにしています。
敬具

日本国大使
佐々江賢一郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【米国通商代表代行発返簡】
2013年4月12日
拝啓
TPP交渉参加への日本の関心に関する日米間の二国間協議に関する2013年4月12日付けの貴使の書簡の受領を確認するとともに,米国政府を代表して,以下に記述された内容を確認する光栄を有します。
これらの協議を通じて,両国政府は,日本がTPP交渉に参加する場合には,日本が他の交渉参加国と共に,2011年11月12日にTPP首脳によって表明された「TPPの輪郭」において示された包括的で高い水準の協定を達成していくことになることを確認しました。地域で最大かつ最も発展した二つの経済大国として,日本と米国は,経済成長を更に促進し,二国間の貿易を更に拡大し,及び法の支配を更に強化すべく,共に取り組んでいきます。
この目的のため,両国政府は,TPP交渉と並行して,保険,透明性/貿易円滑化,投資,知的財産権,規格・基準,政府調達,競争政策,急送便及び衛生植物検疫措置iの分野における複数の鍵となる非関税措置に取り組むことを決定しました。これらの非関税措置に関する交渉は,日本がTPP交渉に参加した時点で開始されます。両国政府は,これらの非関税措置については,両国間でのTPP交渉の妥結までに取り組むことを確認するとともに,これらの非関税措置について達成される成果が,具体的かつ意味のあるものとなること,また,これらの成果が,法的拘束力を有する協定,書簡の交換,新たな又は改正された法令その他相互に合意する手段を通じて,両国についてTPP協定が発効する時点で実施されることを確認します。
米国は,自動車分野の貿易に関して長期にわたる懸念を継続して表明してきました。それらの懸念及びそれらの懸念にどのように取り組むことができるかについて議論を行った後,両国政府は,TPP交渉と並行して自動車貿易に関する交渉を行うことを決定しました。交渉は,添付されているTORに従い,日本がTPP交渉に参加した時点で開始されます。さらに,2013年2月22日の「日米の共同声明」に基づき,両国政府は,TPPの市場アクセス交渉を行う中で,自動車に係る米国の関税がTPP交渉における最も長い段階的な引下げ期間によって撤廃され,かつ,最大限に後ろ倒しされること,及び,この扱いは米韓FTAにおいて自動車に係る米国の関税について規定されている扱いを実質的に上回るものとなることを確認します。
日本と米国は,日本には一定の農産品,米国には一定の工業製品というように,両国ともに二国間貿易上のセンシティビティが存在することを認識しつつ,TPPにおけるルール作り及び市場アクセス交渉において共に緊密に取り組んでいくことを楽しみにしています。
i日本及び米国は,世界貿易機関(WTO)の衛生植物検疫措置の適用に関する協定(SPS協定)に基づいて並行二国間交渉の中で衛生植物検疫措置に関する事項について共に取り組む。
貴使の書簡に対し,TPP交渉参加への日本の関心に関する二国間協議が成功裡に妥結したことを確認します。米国政府は,現在のTPP交渉参加国と共に,TPP交渉への日本の参加をできる限り速やかにかつ円滑に促進するために取り組んでいく用意ができています。
敬具

米国通商代表代行
デミトリオス・マランティス


関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

16 : 21 : 06 | 安倍内閣 | トラックバック(0) | コメント(31) | page top↑
<<寝ても覚めても...狂おしく | ホーム | やっぱり売り渡したね、おれ達の麻生>>
コメント
その3

残念な事に議員や党員が農民達に「TPPは民主党の陰謀なんだ」と説明して回る情けない工作が開始されました。これから自民党によるTPP肯定工作がどんどん展開されるでしょう。

失敗に失敗を重ねた安倍政権をJAや医師会が見限れば、財界依存や維新の会依存が加速するでしょう。
結果小泉構造改革以上の新自由主義型売国政党へと変じるかもしれません。

三橋貴明さんも仰っていましたが、今何とか出来るのは「まず自民党」です。
TPPと並行で行われる政府間交渉は特に野党の介入が困難です。
しかし自民党は昔から内と外を切り分け、味方の意見しか聞いて来なかった政党です。
安倍晋三という人は特にその傾向を強く受け継いでいます。
ネットで政治が語られる様になった今も政党内でこの体質は抜けず、多くの国民の意見を蹴っています。
しかしこれだけ危機的な状況にも関わらず、味方である筈の支持者や党員から批判の声が殆んど上がっていません。
これではTPPも並行交渉もただ譲歩を繰り返して終わるでしょう。
自民党を変えつつ、野党からも全力で追求させないと厳しい未来になりますね。
保守派の方々や自民党支持者の方々がこういう危機的状況をどう考えているのか、あまり見えてこないのがとても残念です。
今も民主党叩きに依存している方々も数多くいらっしゃいます。そんな呑気な場合でしょうか。
結果安倍政権も頓挫しても、もう民主党やマスコミのせいにして逃げるのは難しいと思います。
これで良かったんでしょうか。


大変長い文章となり、失礼いたしました。
by: EL * 2013/04/22 16:17 * URL [ 編集] | page top↑
その2

さて、そこから自民党です。TPP断固反対を全国で掲げ、205人のTPP反対公約候補を衆議院議員にさせました。
Jファイルの6条件を公約だと思って投票した方もかなり居たでしょうね。
しかし、党内で簡単なガス抜きをしてあっけなく参加表明。
ここでアメリカとの並行交渉は確定し、アメリカの目的はほぼ達成されました。
後は国会が介入出来無い政府間書簡交渉で日本を譲歩させるだけです。もうTPPが失敗してもアメリカにはどうでも良い事です。
自民党の大罪は国家主権や国益を大きく揺るがす交渉にも関わらず執行部が総理の専任事項にして逃げた事です。これで反対派は切り捨てられ、民意は無視されました。
逃げない、ブレない、ウソつかない、を信じて投票した方々は騙されました。
本来であれば党員や支持者が怒りの声を上げて撤回を迫る展開ですが、どういう訳か殆んどありませんでした。
「まだ参加表明しただけ」と何も理解していない擁護も飛び交っていましたね。
非常に疑問だったのですが、自民党支持者の方で民主党時代にTPPに反対されていた方々はTPPの構造を全く理解していなかったのでしょうか?
これでは何の為に反対だったのか全く判りません。

その後TPP反対で当選した大西議員がTPPに警鐘を鳴らした識者を国会で名指しで避難し。主張を捏造して貶めました。国会で言論封殺とは情けない限りです。
稲田議員や佐藤ゆかり議員は自民党政権になった途端TPP賛成派に鞍替えしました。
西田議員は並行交渉が決まった後も「TPPのメリットを探す」とトーンダウン。
甘利大臣は参加の為に複数の国で譲歩を重ね、麻生大臣はアメリカでTPPを絶賛。
予てより激怒していたJA北海道に続き、JA佐賀が自民党推薦の白紙撤回。
医師会も自民党から離れる可能性が生じています。
知的財産交渉や国内制度交渉で負ければ日本の医療制度には暗澹たる未来が待っていますので。
日本は医薬品輸入大国です。タミフルの消費量は世界一。医薬品は輸入赤字が拡大の一途を辿っています。
知財や制度交渉で負ければジェネリック医薬品への影響や新薬の高騰、先進医療技術の著作権適用による医療行為の独占や高額化、病院の株式会社化による外資保険の買収工作なども起こるでしょう。
これで国民皆保険制度に影響がないというのは欺瞞です。
by: EL * 2013/04/22 16:16 * URL [ 編集] | page top↑
今しがた投稿した者です。投稿内容が長すぎた為か消えてしまいました。
念の為分割して投稿いたしますのでもし重複した場合は申し訳ありません。

その1

TPP反対のブログを幾つか辿って記事を拝見させていただきました。
お怒りはごもっともですが、3月のTPP交渉参加表明で既に判っていた事だと思います。

TPPは「交渉参加の為に今以上の関税自由化や非関税障壁の撤廃をしなきゃならない」性質の包括的経済連携協議です。この構造は2005年のP4時代からずっと変わっていません。
ですので参加表明自体が自殺行為でした。

リーマン・ショック後の金融危機に直面したアメリカがASEAN閣僚会議での二階大臣のTPP参加検討発言に目をつけたのは自然な話です。
案の定アメリカの金融界は飛びつきました。
しかし政権交代によって鳩山政権が誕生。年次改革要望書を撤廃してアメリカ離れを促進。しかし普天間問題で自爆し、ブレーンだった小沢一郎を失い、お小遣い問題で失脚。宇宙人に総理は無理でしたね。
結果アメリカは簡単に管政権を取りんでしまいました。日本を強請り続けた年次改革要望書も日米経済調和対話という形で復活しました。TPPへの参加も求められました。
そこから先、不平等な内容に二の足を踏んで二政権共にオブザーバー参加を断られ、それでもTPPはアジアの成長を取り込むという文言で参加の模索が続きました。
党内に7~8割をの反対派を抱えた政党の運営は混乱を極め、消費増税を併せて執行部の独断が先行しました。
これが党内分裂を加速させて昨年末の衆院選の通り、民主党は哀れな末路となりました。
by: EL * 2013/04/22 16:16 * URL [ 編集] | page top↑
TPP反対のブログを幾つか辿って記事を拝見させていただきました。
お怒りはごもっともですが、3月のTPP交渉参加表明で既に判っていた事だと思います。

TPPは「交渉参加の為に今以上の関税自由化や非関税障壁の撤廃をしなきゃならない」性質の包括的経済連携協議です。この構造は2005年のP4時代からずっと変わっていません。
ですので参加表明自体が自殺行為でした。

リーマン・ショック後の金融危機に直面したアメリカがASEAN閣僚会議での二階大臣のTPP参加検討発言に目をつけたのは自然な話です。
案の定アメリカの金融界は飛びつきました。
しかし政権交代によって鳩山政権が誕生。年次改革要望書を撤廃してアメリカ離れを促進。しかし普天間問題で自爆し、ブレーンだった小沢一郎を失い、お小遣い問題で失脚。宇宙人に総理は無理でしたね。
結果アメリカは簡単に管政権を取りんでしまいました。日本を強請り続けた年次改革要望書も日米経済調和対話という形で復活しました。TPPへの参加も求められました。
そこから先、不平等な内容に二の足を踏んで二政権共にオブザーバー参加を断られ、それでもTPPはアジアの成長を取り込むという文言で参加の模索が続きました。
党内に7~8割をの反対派を抱えた政党の運営は混乱を極め、消費増税を併せて執行部の独断が先行しました。
これが党内分裂を加速させて昨年末の衆院選の通り、民主党は哀れな末路となりました。

さて、そこから自民党です。TPP断固反対を全国で掲げ、205人のTPP反対公約候補を衆議院議員にさせました。
Jファイルの6条件を公約だと思って投票した方もかなり居たでしょうね。
しかし、党内で簡単なガス抜きをしてあっけなく参加表明。
ここでアメリカとの並行交渉は確定し、アメリカの目的はほぼ達成されました。
後は国会が介入出来無い政府間書簡交渉で日本を譲歩させるだけです。もうTPPが失敗してもアメリカにはどうでも良い事です。
自民党の大罪は国家主権や国益を大きく揺るがす交渉にも関わらず執行部が総理の専任事項にして逃げた事です。これで反対派は切り捨てられ、民意は無視されました。
逃げない、ブレない、ウソつかない、を信じて投票した方々は騙されました。
本来であれば党員や支持者が怒りの声を上げて撤回を迫る展開ですが、どういう訳か殆んどありませんでした。
「まだ参加表明しただけ」と何も理解していない擁護も飛び交っていましたね。
非常に疑問だったのですが、自民党支持者の方で民主党時代にTPPに反対されていた方々はTPPの構造を全く理解していなかったのでしょうか?
これでは何の為に反対だったのか全く判りません。

その後TPP反対で当選した大西議員がTPPに警鐘を鳴らした識者を国会で名指しで避難し。主張を捏造して貶めました。国会で言論封殺とは情けない限りです。
稲田議員や佐藤ゆかり議員は自民党政権になった途端TPP賛成派に鞍替えしました。
西田議員は並行交渉が決まった後も「TPPのメリットを探す」とトーンダウン。
甘利大臣は参加の為に複数の国で譲歩を重ね、麻生大臣はアメリカでTPPを絶賛。
予てより激怒していたJA北海道に続き、JA佐賀が自民党推薦の白紙撤回。
医師会も自民党から離れる可能性が生じています。
知的財産交渉や国内制度交渉で負ければ日本の医療制度には暗澹たる未来が待っていますので。
日本は医薬品輸入大国です。タミフルの消費量は世界一。医薬品は輸入赤字が拡大の一途を辿っています。
知財や制度交渉で負ければジェネリック医薬品への影響や新薬の高騰、先進医療技術の著作権適用による医療行為の独占や高額化、病院の株式会社化による外資保険の買収工作なども起こるでしょう。
これで国民皆保険制度に影響がないというのは欺瞞です。

残念な事に議員や党員が農民達に「TPPは民主党の陰謀なんだ」と説明して回る情けない工作が開始されました。これから自民党によるTPP肯定工作がどんどん展開されるでしょう。

失敗に失敗を重ねた安倍政権をJAや医師会が見限れば、財界依存や維新の会依存が加速するでしょう。
結果小泉構造改革以上の新自由主義型売国政党へと変じるかもしれません。

三橋貴明さんも仰っていましたが、今何とか出来るのは「まず自民党」です。
TPPと並行で行われる政府間交渉は特に野党の介入が困難です。
しかし自民党は昔から内と外を切り分け、味方の意見しか聞いて来なかった政党です。
安倍晋三という人は特にその傾向を強く受け継いでいます。
ネットで政治が語られる様になった今も政党内でこの体質は抜けず、多くの国民の意見を蹴っています。
しかしこれだけ危機的な状況にも関わらず、味方である筈の支持者や党員から批判の声が殆んど上がっていません。
これではTPPも並行交渉もただ譲歩を繰り返して終わるでしょう。
自民党を変えつつ、野党からも全力で追求させないと厳しい未来になりますね。
保守派の方々や自民党支持者の方々がこういう危機的状況をどう考えているのか、あまり見えてこないのがとても残念です。
今も民主党叩きに依存している方々も数多くいらっしゃいます。そんな呑気な場合でしょうか。
結果安倍政権も頓挫しても、もう民主党やマスコミのせいにして逃げるのは難しいと思います。
これで良かったんでしょうか。


大変長い文章となり、失礼いたしました。
by: EL * 2013/04/22 16:12 * URL [ 編集] | page top↑
福岡県警はなぁ左翼学会支那帰化人公安体制やで~公安署長岡元の息子で西南大学商学部元福岡県警岡元大輔から貰ったコンセントに反応した◯留米氏北野町高良◯721-1-302草加学会鹿毛信義、古賀好男、八女市本村25総合庁舎監視室左翼学会荒木町藤田古賀重文。中央府おささ5-16-58.501どぶす古賀麻里恵、糸数昌一、プラント本舗支那帰化人半晴誠吾、福岡県警左翼学会藤吉道史、左翼学会政党はなぁ保守自民党の邪魔をする寄生虫やで~http://kurume-city.jugem.jp/
by: 支那朝鮮創価ばかプラント本舗半晴誠吾 * 2013/04/20 18:27 * URL [ 編集] | page top↑
訂正をひとつ。

でもね・・・FBIにもマークされている人間が容易にアメリカの高官からの情報を聞けるんだろうか。
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0240320/top.html
ちなみに。「天皇とマッカーサーのどちらが偉い」って本出しているらしいけど、
ここから、反天連に活動が繋がるんだね。



この書籍は内田聖子さんではありませんでした。
べ平連とか、反天連とか良く知らないのですが、昔の学生運動と似てる感じなんでしょうか。レッドパージとか、中核派やら反原発やらも出てきて、何とも、東條英機氏の日本の赤化を危惧していた言葉が思い浮かんできました。
そういった方々が、こういうNGOに関わられてるのはどうなんだろうと考えます。
by: 通りすがり * 2013/04/19 16:08 * URL [ 編集] | page top↑
サファイアさん
「日本の面影」ブログ
4/19記事 「やっぱ、安倍ってパッパラパーだろ!!~安倍と自民党なんてパッパラパー集団だってよくわかった!」より
こいつバカじゃねえの!中略
これで私は完全に反安倍、反自民党にまわります。少なくともこんなデタラメ、インチキ偽装保守政権を批判せずにはいられない。
by: 読者 * 2013/04/19 15:19 * URL [ 編集] | page top↑
やっぱ、安倍ってパッパラパーだろ!! ~ 安倍と自民党なんて、パッパラパー集団だってことがよくわかった!
このブログは偽装保守とは思ってませんでしたが、これまでTPPも安倍政権も触れていませんでした。
ちょっと違う切り口の痛烈な批判です。

http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=422

私はこれまで安倍さんに少しは期待してる部分があって政治的な内容は控えてたけど、今の自民党と安倍を支援してる勢力も、これでハッキリわかった。
ネット上で騒いでる安倍マンセー隊なんて、完全にあっち側じゃん。
今の自民党なんて偽装保守集団もいいところ。

奴らは女を外で働かせ、女から家庭や子供・子育てを奪い、拝金主義の奴隷にしたいだけなんだね。
日本の経済成長のため、女も赤ちゃん生んで3年経ったら仕事しろですか、主婦やってて子供が大きくなったら起業しろですか、ハイハイ。

こんな発想してること自体、とても正気に思えないし、そうなるともちろん家族解体も加速、男の居場所も完全に圧迫されることになります。
こんなので喜んでる女なんてパッパラパーだよ。

これで私は完全に反安倍、反自民党にまわります。少なくともこんなデタラメ、インチキ偽装保守政権を批判せずにはいられない。
こんな奴らだから、バカげたダンスの必修化に反対するどころか、大いに進めようとするわけだ。

民主党政権で景気が冷え込んだのは私もよくわかってるけど、だからといって未だにバカの一つ覚えで「(むやみやたらに)経済成長を!」なんて言ってる奴も、ほとんどバカ。
加えて名前からしてアホ丸出しの「クールジャパン戦略」・・・違法ダウンロード刑罰化の時から、金貸しオリックスの代理人やってる稲田朋美なんて完全に某金融勢力筋の手先、役立たずパッパラパー弁護士だってわかってたけどね。

しかも日本文化を商業化するなんて発想も輪をかけてパッパラパーの証し。
大体、あっちのK-POPの方も韓国文化とは何の関係もないし、あんなもの引き合いに出してる時点で文化が何たるか何一つわかってないことがわかるし、加えてAKB 秋元康なんかをブレーンとして進めてるなんて・・・着物貶めオール日本人パッパラパー家畜化、日本文化破壊・金儲けプロジェクトとでも言いかえるべき。

そもそも「女性が働きやすいように」「女性が起業しやすいように」・・・大体こんな言葉使って女を優遇させて働かせたり起業させようとしてること自体、歪な思考回路の偏狭脳の持ち主だってバレバレ、莫大な利権と直結してることも。
全部国のカネ、税金からですよ。

これから男の就職難はますますひどくなり、デタラメのインフレ政策で、その実態は経済成長どころか経済収縮から崩壊、これから日本はメチャクチャになっていくでしょう。

もちろん、そのあげく「移民を進めよう」なんてのも既定路線。
イメージ的には、偏向した経済成長路線を狙ってフェミ旋風が吹き荒れ、現在、女性閣僚ばかり、経済・王室崩壊中のスペインがわかりやすい。
by: 文月 * 2013/04/19 15:16 * URL [ 編集] | page top↑
連投すみません。
山田議員って民主党ですよね。自民党が信じられなくなったら、民主党とどっこいどっこいに見えるのかもしれませんが。

内田聖子さんをじゃあのさんと一緒にぐぐってみました。
http://s.ameblo.jp/sakurakomachi-z/entry-11498780719.html


712 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/26(火) 01:12:35.93 ID:J/JgYc3B0
そういえば、9条の会の小田 実は、
ベ平連の代表だったよね。
この「ベ兵連」って、アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長の内田聖子も関わっていた。
http://www.tokyo-icc.jp/lespace/interview/int_0809.html
問題は、この内田聖子が、米国NGO「Public Citizen(http://www.citizen.org/ )」の、
メンバーの1人として参加し、TPPのスクープをぶち抜いたとされる。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/67417
そして、その情報を元に、TPP=アメリカ隷属協定と、デマを撒き散らす、
孫崎と岩上

でもね・・・FBIにもマークされている人間が容易にアメリカの高官からの情報を聞けるんだろうか。
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0240320/top.html
ちなみに。「天皇とマッカーサーのどちらが偉い」って本出しているらしいけど、
ここから、反天連に活動が繋がるんだね。


この人、どんな思想の持ち主なんでしょうか。
by: 通りすがり * 2013/04/19 14:11 * URL [ 編集] | page top↑
安倍よりいい人材?むしろ安倍より悪い人材を探す方が難しいだろ。

超売国の民主党が3年以上かけて交渉参加できなかったのに、安倍はたった三ヶ月でこれだけ進めたんだよ。

とりあえず誰でもいいから変われって話。

西田昌司や稲田朋美や西村眞吾だっているじゃないかw

今すぐ彼らが無理ならそれまでゲル(一応TPP反対側にいる)でもいいじゃないか。

そもそも、総理大臣とは5年もたてば変わるもので、この人しかいないというようなものじゃない。

ニュージーランドにはTPP交渉参加を認めてもらうために、これから譲歩するんだよ。
交渉の余地はないのに交渉するかのように言ってるから責められてるんだ。実際は交渉の余地はない。

自動車の譲歩について、確かに、もとからメリットは少なかったんだが、それすらも何も得ることなく譲歩したって話。しかも、6条件の一つ、つまり公約を破った。
すごい交渉力ですねーって話だよ。

「かんぽのがん保険への参入見送り」は去年の春に、アメリカに屈するなって野田をみんなで叩いてただろ。
なぜ、安倍なら叩かないのか謎だ。
by: ぼんたろー * 2013/04/19 14:05 * URL [ 編集] | page top↑
http://asianews2ch.livedoor.biz/lite/archives/26313475.html

ここにもじゃあのさんがいました。


愛知もそういえば、アベノミクス特区のひとつでしたね。大阪は公明党の牙城なんですよね。

日本の政治を安心して見れるようにするには、今更でも民主党やらそれにつながる団体やら似たりよったりなものを政治から遠ざけないといけないんだと思います。日本を売り渡して構わないところが多すぎる。

ブログ主さんは、海外にお住まいだから、対外的なTPPが関心の中心なんでしょうが、国内ニュースではおかしなのがちょろちょろ見えております。

手榴弾(のようなもの)を駅前の植え込みで見つけてたり、不審火で住宅や神社が焼かれてたり、工場爆発してたり、連続通り魔で女性が鈍器で殴られたり、福島原発の電源板がショートしてたり、始発電車が車両不備で出発できなかったり、風力発電の風車が何基もヒビが入っていたりと、暮らしの近くが不安定になって来ています。
これらはすべて単なる単発のニュースであり、勘ぐってしまうのもどうかと思うのですが。
良識の目が様々に行き届いて警察や消防など防犯のプロと良い関係が築けているのは地域の治安に貢献すると思います。

今の政府は発足してすぐに暴力団対策を打ち出していました。国内の不安分子にしっかり対応してくれているようでもあり、心強いところが多いです。そういうところからも、自分は安倍政権に頑張って欲しいです。

どんなに良い議員さんがいても、私たち国民は選挙権だけです。政党政治が日本の政治なんだと気をつけています。だから、一票を大事にしないといけないんですよね。自分の選挙区に、望む政党の候補者がいれば良いですね。党員になれば、総裁選とかで投票権があるみたいですが。
by: 通りすがり * 2013/04/19 14:04 * URL [ 編集] | page top↑
民主党ではなくて
ミンス臭などと言われて怒るのは当たり前なのですが一理ある(書いている本人は分かっていないでしょうが)のではないでしょうか。
NLC岡山の会というサイトの青木直人氏の記事です
2010年6月(菅政権)の記事ですね


『街が緑に変わり』

街が緑に変わり、梅雨の季節が始まります。雨にひときわ引き立つ紫陽花、いいですね。情緒があって。
すこし考えることがあって、このところブログに毎日のように原稿を入れています。そちらも読んでください。
さて、参議院選挙の投票日も7月11日の線で確定し、否が応でも政治が日常の話題になろうとしています。



7月の選挙は一大エポックになるでしょう。日本の混迷が始まるからです。
先日床屋で、若いマスターと話したのですが、彼が言うには「民主党がいいとは思わないが、もう二度と自民党だけはいやだ」と。
この言葉がすべてを物語っています。
「民主党がいいとは思わない」「でも自民党はもっと嫌だ」。これが世論なのです。こうなれば、もう二大政党制は機能しない。当然、政治の安定は期待しがたい、とこうなるのです。
彼が質問しました。「青木さん、いったい誰に、どこに投票したらいいのですか」。
私の答えは単純でした。「そんなものはない。あれば苦労はせん」
私個人が支援している政治家はいますが、まだまだ大きな力にはなっていない。

これから始まるのは政権が発足し、政界の集合離散が本格化し、短期政権が生まれては次々に崩壊してゆく政治状況です。日本には本当に一部を除いて人材が払拭してしまいました。自民「幕府」の人材は枯渇し、他方で民主党にはまともな国家論をもつ議員が少数です。
こうして、いよいよ本物の「竜馬伝」がスタートするのです。右を見ても左を見ても崖ばかり。覚悟しておいてほしい。もはやどこからも援軍など来ないということを。
しかし日本人は幕末の危機も、日清・日露の戦役もこうした状況の中を乗り切ってきたのです。これからまちがいなく、新しい日本人が登場してくる。
たとえそれが長いトンネルの先であったとしても、です。

引用終わり

何一つ国民のナショナリズムを反映しない政府、票を投じる国民を顧みることの無い与党自民党。彼らへの怒りこそが民主党を誕生させたエネルギーでした。私は多くの自民党支持者の語る民主党のサギフェストに国民が引っかかったという分析は正確ではないと思います。
状況は変わっておりません。株価が上がったアベノミクス万歳、保守の安倍さんはやれるところから地道に保守の政策を実行している、と今は多くの人が思っています。安倍自民党の欺瞞に国民が気づくまでには2年以上かかると私は思います。その欺瞞に決定的に国民が気づいた時どうなるのか私にはまだ分かりませんが今からトンネルの先を見据える必要があると思います。
by: 名前はまだない * 2013/04/19 13:58 * URL [ 編集] | page top↑
動画ニュース・ランキング開設のお知らせ
動画ニュース・ランキング開設のお知らせ
http://aixin.jp/ax00/atgr.cgi

反日売国テレビ局・マスコミの隠蔽する情報を分かりやすい動画ニュースで知りましょう。
自分の目と耳で確かめてください。 判断するのは貴方です、そして平和ボケしている頭を目覚めさせましょう。 
正しい情報で正しい判断できる事は大切です。疑問に思う事は自分で情報を集めて納得できる考えを見つけましょう。
テレビ局・マスコミに騙されないようにしましょう。
【動画ニュース・ランキング】をカッチとね

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
by: 愛信 * 2013/04/19 12:45 * URL [ 編集] | page top↑
維新政党・新風
じぶんは維新政党・新風を応援することにしました。
by: 読者 * 2013/04/19 12:04 * URL [ 編集] | page top↑
安倍より良い人材は?
安倍より良い人材がいれば、もちろん今すぐにでも総理になって頂きたい!
で、誰よ?

アメリカが期限を定めない関税撤廃を公式に表明したけど、例外なき関税撤廃を求めるニュージーランドとかの国との関係はどうなるの?TPPの内容はもう決まっていて日本が今から交渉参加しても交渉の余地はなかったんじゃないの?

アメリカの自動車の関税なんて屁で、こんなものがTPPで撤廃されても日本の自動車輸出は特に伸びないという話じゃなかったの?また、日本での自動車関税手続きが容易になると、日本でのアメ車のシェアが増えるの?みんなアメ車に乗りたいの?日本郵政の斎藤社長の「かんぽのがん保険への参入見送り」発言は昨年の春頃だったけど今さら何で取り上げるの?

もうTPPに関しては疑問が一杯で夜も眠れません!どうなってるんだよ!もう!怒髪天だよ!
by: 黒酢 * 2013/04/19 11:43 * URL [ 編集] | page top↑
安倍自民にはTPP交渉で完全に失望したんですが、
自民党で他に誰かいい方いないですか?

このまま参院選で自民が勝ってしまったらストッパーが無くなるから、
正直、今の安倍政権だと何しでかすかわからなくて怖いです
竹中が幅聞かせてるし…

憲法改正も、政治がこんな状態でまともなもんが出来るとは思えない
これじゃ民主のときと変わらない、毎日心配で息苦しいです
by: 名無しさん * 2013/04/19 11:24 * URL [ 編集] | page top↑
シバキ隊リーダーが じゃあの氏に公開処刑される
ブログ「保守速報」さん、けっこう面白いです。こちらと「保守速報」さんとでは色合い違いますがこれはこれで面白いので勝手にご紹介を・・・失礼しました。
by: 日本酒 * 2013/04/19 10:50 * URL [ 編集] | page top↑
バカ
>ん~!!段々香ばくなってきてますな!このブログ。ミンス臭がプンプンするようになってきてるぜ。

文章読解能力がないのか?
民主党なんかもうすでに話題にする価値すらないから話していないよ?
それとも自民党・安倍政権批判は全部民主党勢力の手先って陰謀説でも信じている?
とにかくこの人の頭が沸いていることだけは確かですな。

by: クボタ * 2013/04/19 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
ねぇ、こんな事言うの気がとがめるんだけど
自民党が信じて欲しいって言って また信じるの?
TPPに絶対入らない ぶれない 嘘つかないって言って大勝したのよ?
私 あなたってすーーーごくいい人で お友達だったら嬉しいと思うくらいに
純情な人だと感じるんだけど
 
> 農業については、ちゃんと交渉している。
> 大丈夫です。ISD条項とかって認めなければいい。
> 交渉している、できる、信じて欲しい。
↑ これ、TPP入らないよ公約スローガンとおんなじじゃん!!事前交渉で既にメタメタらしいし。> ついでに外国人留学生について聞きました。月10万とかもらってるのは国費留学生で、1200人ぐらい
↑この数字がまず信用できないのと、国費留学生ってスパイですよ? 知らなくないよね?年一万円で家族が食べていける国に月10万て。彼らだけ、学費ただなのよ? 飛行機代も。こういう待遇されている日本の学生一人もいないんだけど。シナのスパイなんかに一円だってくれてやる税金はないわい!!失せろ であります。
どんなに少なく見積もっても 尖閣問題からこっち強制送還 打ち切りにすべき。
安倍さんが 減額するどころか大推進しているって聞いたけど。
かんぽも なんか薄ら寒い嘘くさい回答だな。
又今度電話して舐めんじゃねぇ と言ってやって よろしくね


> 姫様、今自民党に電話して聞いてみました。自動車については書いてあるとおりでした。かんぽについては、「かんぽは国が株主で、今も強い。今かんぽはがん保険はやってない、それで日本の他の保険会社ともうまくやっているので、別にかんぽに手枷をかけたわけではない」みたいなことでした。
> 農業については、ちゃんと交渉している。
> 大丈夫です。ISD条項とかって認めなければいい。
> 交渉している、できる、信じて欲しい。
> みたいな感じかな。
>
> ついでに外国人留学生について聞きました。月10万とかもらってるのは国費留学生で、1200人ぐらい。月5万円ぐらいもらってる交換留学生が1万?でも交換留学生だから、日本人も向こうでもらってる。
> 外国人留学生30万人計画ってのは、(私の個人的見解だけど) 人数もっと真面目に考えた方がいい。
>
> うーん、大丈夫なのか?
> もっと議論のうまい方、電話してみて下さい。
> 姫は流石に国際電話は、できないでしょうから(笑)
by: yaegaki hime * 2013/04/19 05:25 * URL [ 編集] | page top↑
今どき民主党なんてどうだっていいんだよ!
けなすにしても、もうちょっと気の利いた事言えないのかね。
田母神さんの後輩が出馬する偽装保守維新の方がよっぽど恐ろしいです。
by: 文月 * 2013/04/19 00:00 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
> ん~!!段々香ばくなってきてますな!このブログ。ミンス臭がプンプンするようになってきてるぜ。

いつものあなたですか。根拠示してちゃんと説明しなさいよ 
何が民主だ あなたIQいくつ?
by: yaegaki hime * 2013/04/18 23:55 * URL [ 編集] | page top↑
http://www.hoshusokuhou.com/archives/25833063.html

hime様
記事の内容と違いますが、議員さんが応援してくれると、やはり、実行する側も安心でしょうから、佐藤議員に感謝!

保守速報さんは、いっぱい情報あって、良いですよ。私は、各記事の一番上の情報源だけ読んでます。
by: 読者 * 2013/04/18 22:49 * URL [ 編集] | page top↑
このまま安倍政権への不信が大きくなり、参院選で自民が惜敗または辛勝とならないかが、自分は一番気になります。

既知かもですが、井上太郎さんのブログもありました。
http://s.ameblo.jp/nihonnoishi/entry-11493217790.html

はっきり言って、自分にはどっちも小難しくて理解できません。三橋さんのブログを読めば不安になるし、井上さんの方を読めば、もう少し流れを見てても良いのかなともなる。というか、tpp反対の大元が気になってしまう。中国は野蛮だけど、アメリカは少しは話がわかるのかなとかも思いますし、いやいや、ヤクザ企業やらアメリカ側のが恐ろしいでしょとも見える。

今現在と今後とで政府と与党が国民との約束をきちんと守るかどうかの解釈の違いになるのかなとは思うのですが、自民党の信じてくださいは、信じたいけど信じ切れない。幾人かは応援してる議員もいますが、反吐が出そうな人もいる。tpp反対は伝えます。自民党にも一票は入れるけど、嫌々な一票よりも、日本を任せるの一票が投じたいです。

自分は、安倍さんの政権交代の演説での、自民党の結党の経緯の話を聞いて難しいことに取り組もうとしてくれてるのかなと、それなら任せようと思っています。嫌な政策には意見を言って行きます。


三橋さんと井上さんが対談すればどんな結果になるんでしょうか。
by: 通りすがり * 2013/04/18 22:42 * URL [ 編集] | page top↑
ん~!!段々香ばくなってきてますな!このブログ。ミンス臭がプンプンするようになってきてるぜ。
by: 読者 * 2013/04/18 21:58 * URL [ 編集] | page top↑
安倍内閣を倒閣すること
この内閣は完全に駄目です。
倒閣しましょう。
そういう方向で行きましょうよ。

いいかげん、安倍支持者には目を覚ましてもらいたい。頭痛いですわ。

もう証拠は出揃ってますよ。
by: まさ * 2013/04/18 20:38 * URL [ 編集] | page top↑
青木直人BLOG
2013年3月27日

●何度でも言わなくてはなりません。
土佐勤王党の真の敵は異国ではなく、彼らが悲しいまでに信じ込み、担ぎ上げていた山内容堂だったという事実を。
「保守のホープ」安倍晋三は果たして容堂なのかどうか。私の中ではすでに答えはでています。土佐勤王党の壊滅と容堂に対する幻想から醒めた時、倒幕派は維新に向けて着実に前進することが可能となったのです。幻想を捨て、事実を直視すること。このことの重要性は幕末も今も何ら変わりはありません。
by: 読者 * 2013/04/18 20:21 * URL [ 編集] | page top↑
単純労働者が増えるのではなく、浮浪者が増えるのではと?

そして、ハングレが増殖し、マフィアが出来、闇社会が力を持ち、日本の治安が悪化すると、今ですら、観光ビザだの留学だので入国しておきながらにして不正規に労働している者らが大勢いるくらいだと言うのに、それでも欲望が枯渇する事なく枠からはみ出す位に、安い労働力を欲しがる結果が招くものは、浮浪者の大量生産となるでしょうね。

by: さんずい * 2013/04/18 19:38 * URL [ 編集] | page top↑
はてさて
昨日の三橋貴明氏のブログを読んでからこのかた、憤死寸前です。
中韓どころの話じゃなく、このまま、周囲の人々が米国を始めとする諸外国の食い物にされてもいいのか?
しかし、今さら市井の一個人に何ができるものか?
いろんな想念で気が狂いそうです
当初は国民の声で安倍さんを正しい方向に進まざるを得ないように導くことができると考えていましたけれど、ここまで巧妙な安倍晋三を御することなど不可能。
なんとか他の勢力を持ってして潰すしかないと思うようになりました。
しかし、マスコミはおろか、ネット言論まで強い安倍支持。
最近はややトーンが落ちてきたものの、主権回復の日イベントやら中身は伴わないけど保守の心をくすぐるリップサービスで好況を維持しようとするのではないかと思われます。
安倍さんが最近は小泉純一郎を通り越して、井伊直弼に見えてきました(´Д` )
以下、三橋貴明氏のブログ
続きを転載します。
こんなこと言っちゃって干されたりしないのか心配になってきます。

 さて、昨日の続きです。

 アメリカにせよ、ニュージーランドにせよ、日本とのTPP交渉事前協議では、「自国の国益」、より具体的に書けば「自国のビジネス」あるいは「自国民の所得拡大」を目的に臨んできます。国際収支の統計的に言えば、
「より、日本から貿易の黒字を稼ぐにはどうしたらいいだろうか。農産物や自動車などをできるだけ日本に売り込み、我が国は買わなければいいのだ」
「より、日本からサービス収支の黒字を稼ぐには、どうしたらいいだろうか。我が国のサービス(保険など)の販売拡大の邪魔になっている非関税障壁を撤廃させればいい。特に目障りなのが、簡保だ」
「より、日本から所得収支の黒字を稼ぐには、どうしたらいいだろうか。投資を自由化させ、我が国の投資家を日本に内国民待遇させればいい」
 上記を目的に交渉すればいいわけです。

 結果的に、アメリカやニュージーランドは貿易収支、サービス収支、所得収支、そして「経常収支」の黒字を稼ぐことができます。すなわち、米国民やニュージーランド国民の「外国から獲得する所得」が増えます。何というか、実に「重商主義」的でございますなあ。

 もちろん、
「本当に『国民』の所得が増やせるのか? 特に、アメリカは一部の資本家や企業の所得が増えるだけではないのか?」
 という疑問が浮かんできますし、それは確かにそういう面が強いのでしょうが、少なくとも「国家全体」としては、「国民が外国から得る所得を増やす」となっているわけです。(所得の配分がおかしくて、格差が拡大傾向にあるのは、あくまでアメリカの国内問題です)

 それに対し、現在の我が国は、
「TPP交渉に参加する」
 ことが目的になってしまっており、完全に非対称な交渉と化しています。

『TPP交渉、NZ・豪・カナダが条件 「例外なし」要求
http://www.asahi.com/business/update/0417/TKY201304170577.html
 「環太平洋経済連携協定」(TPP)の交渉に参加表明した日本に対し、米国以外の国々も交渉条件を示していることがわかった。農業国のニュージーランドやオーストラリア、カナダが「すべての品目を交渉の対象にする」「高い自由化を実現する」などと求め、カナダは米国のように日本車にかける税金(関税)を残すことも主張している。
 複数の交渉関係者が明らかにした。日本はTPP交渉で農産物にかける関税を守りたいと訴える方針だが、日本に農産物を売りたい農業国の理解を得るのは難しくなるおそれがある。
 日本は交渉参加のために、すでに参加している11カ国から承認を受ける必要があり、米国のほか、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ペルーの手続きが終わっていない。 』

 そりゃまあ、先方は日本のTPP交渉参加を認める以外には、別に譲歩をする必要はないので、こうなるに決まっています。この非対称な交渉をくぐり抜け、日本の「国益」を守れるのか。具体的には、自民党の6つの判断基準を貫き通すことができるのか。

 無理に決まっています。現在の日本が置かれた状況は、「交渉力」などと言った抽象論では突破できないのです。というか、この種の抽象論を言い出さなければならない時点で、負けなのだと思います。

 注意しなければならないのは、アメリカにせよ、他の国々にせよ、「国益」とはあくまで(TPPの場合は)自国のビジネス、もしくは自国民の所得拡大であるという点です。そこに、「中国包囲網」だとか「日米安全保障強化」といった「ビジネス」「所得」と無関係なことを持ち出さなければならない時点で説得力がないのです。

 くどいですが、TPPはアメリカの「陰謀」とやらでも「中国包囲網」とやらでもありません。単なる(アメリカにとっては)ビジネス、所得拡大政策の一環です。確かに、「企業」が政治家と結びつき(ロビーイングにより)、この種の内政干渉的な対外交渉をやらせるという点で奇妙なのですが、それが世界の、あるいはアメリカの現実です。

参考:TPPのための米国企業連合
http://www.hatatomoko.org/tpp-americakigyorengo.html

 そもそも論をしておくと、日本市場の「非関税障壁」とやらを撤廃させなければビジネスが拡大できないというならば、企業側が市場に合わせたサービス・製品を開発すればいいのです。
 また、国家には各国ごとの「完全自由化してはならない分野」「非効率でも自国の供給能力を維持しなければならない分野」というものがあります(これが今書いている本のテーマ)。
 さらに、「市場原理主義」を標榜する企業や投資家が「政治家」と結びつくことは、民主主義を歪めてしまいます。

 日本国民は、特に日本の政治家は、上記のTPP,あるいはグローバリズムの「本質」を今こそ理解しなければなりません。そして、明らかに日本の国益を害する「非対称な交渉」を続けている日本政府、官僚をコントロールしなければならないのです。

 ちなみに、先日の日米の「非対称な交渉」合意を受け、アメリカの農業団体は以下の通りの状況になっています。

『舞い上がるような気持ち」米農業団体は大歓迎
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130417-OYT1T00330.htm
 米国のコメや豚肉、乳製品などの農業団体は15日、日本の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加をめぐって共同記者会見を開いた。
 団体の代表者からは、「舞い上がるような気持ちだ」などと、日本市場への輸出拡大を期待し、歓迎の声が相次いだ。
 会見には、全米豚肉生産者協議会(NPPC)、穀物商社大手のカーギル、全米農業連盟、USAライス連合会などが参加した。
 関税撤廃には長い移行期間を置いたとしても最終的には撤廃し、関税を残す例外は認めるべきではないとの主張も相次いだ。』

 さて、「アメリカの農家の所得増大(=日本の農家の所得縮小)」な交渉をやってしまったようにしか見えない安倍政権ですが、自民党側はどうするのでしょうか。一度動きだしてしまい、なかなか方向転換できない「政府」をコントロールすることも、与党の役割の一つだと思うわけでございます。
by: クボタ * 2013/04/18 19:29 * URL [ 編集] | page top↑
単純労働者について
名前はまだないさんへ回答というか追加情報ですが、関岡さんは労働移民について、ちょっと違った視点からお話していたこともあります。

確かに急激には増えないのはそのとおりですが、例えば、アメリカの建設業者の従業員は多国籍ですので、その人たちが入ってくる可能性はあるとのことです。

その時はTPPに加盟してない中国人が大量に入ってくることを懸念されていました。
by: ぼんたろー * 2013/04/18 19:17 * URL [ 編集] | page top↑
単純労働者
たしか関岡英之さんが「TPPで単純労働者が増えるというのは間違いだ」とおっしゃっていた記憶があります。(ちょっと何の動画か覚えていないのですが)
関岡さんは「何らかの資格を持った人たちがやってくる」というお話でした。

ただTPPとは別に様々なグローバル化政策を打っているので(ビザの緩和とか)どっちにしろ単純労働者は増えるでしょうが。
by: 名前はまだない * 2013/04/18 17:22 * URL [ 編集] | page top↑
姫様、今自民党に電話して聞いてみました。自動車については書いてあるとおりでした。かんぽについては、「かんぽは国が株主で、今も強い。今かんぽはがん保険はやってない、それで日本の他の保険会社ともうまくやっているので、別にかんぽに手枷をかけたわけではない」みたいなことでした。
農業については、ちゃんと交渉している。
大丈夫です。ISD条項とかって認めなければいい。
交渉している、できる、信じて欲しい。
みたいな感じかな。

ついでに外国人留学生について聞きました。月10万とかもらってるのは国費留学生で、1200人ぐらい。月5万円ぐらいもらってる交換留学生が1万?でも交換留学生だから、日本人も向こうでもらってる。
外国人留学生30万人計画ってのは、(私の個人的見解だけど) 人数もっと真面目に考えた方がいい。

うーん、大丈夫なのか?
もっと議論のうまい方、電話してみて下さい。
姫は流石に国際電話は、できないでしょうから(笑)
by: アq * 2013/04/18 16:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/2233-9a127cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
15位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。