スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

日銀の株主45%が知りたい


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


選挙なんですが、何故か日銀が気になって仕方ありません。
憲法もお仕着せですが 日銀もおかしいです。
法律と経済がおかしい国は 基本がみんな変なんじやないの?
そう思うといてもたってもいられないです。
ちゃんと分かりたくて!!
いつも気になってはいたのですが、他にも沢山あるのでつい、後回しにして来ました。が、今夜はちょっと整理したいです。

日銀陰謀説とか 色々言われていますが陰謀云々が無いわけ無いと思いません?
●だって株式って言うのが そもそも変じゃないですか。
●次に株主を公開しないって 秘密にしておいて済むことなの?
●国民に対して開示する義務が無いんですか?
変過ぎて信じられないくらいよ。

ざっと検索すると公認会計士の方が書かれています
http://a-hasegawa-cpa.jimdo.com/2011/05/02/%E6%97%A5%E9%8A%80%E3%81%AE%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84/

日本銀行は、ジャスダック上場銘柄。
とはいっても、日銀は株式会社ではないので、株券のかわりに出資証券が売買されている。
日本銀行は、日銀法によって設立され、行政庁が設立認可をする認可法人で、会社法や民法などによって設立される、いわゆる法人とは違う。

出資総額は、1億円。
日銀法では政府の出資は55百万円を下回ってはならない、と決められている。
残りの45%は、民間からの出資で、 そのほとんどが個人

ちなみに、出資者の権利は、
①出資者総会はなく、出資者による議決権の行使は認められない
②出資者への配当は財務大臣の認可が必要で100分の5を超えてはいけない、←じゃあ財務大臣は知っているんだね 谷垣とか与謝野とか知っているわけだ。
③日銀が解散した場合の残余財産の分配は、払い込み金額と特別準備金額の合計額まで
と日銀法で決められています。
証券会社で出資証券を購入できる。記名式で、1口100円から。
....................
↑こうやって額面通り受け取って ふーーーん てわけにも行かないですよね。
配当金は極小の上、議決権を持たないので、株を買い占めても発言の権利が確保できないって見えるけど、本当にそうだろうか? むしろ操られているのではない? どうもそうとしか見えないもの。
私はもう国外に出ていたし 良く知らないのですが プラザ合意以降日銀や財務省がおかしくなった、裏で不平等条約みたいなのが締結されたのでは? という意見が囁かれていますね。あの時は 竹下登か....

でも、何でわざわざ中央銀行なんてものを設置して、そんな不便極まりないルールに則って通貨発行をしなけりゃいけないの? 通貨発行権なんて政府が持っているべきでしょ?
何で国が通貨発行するのにわざわざ中央銀行に国債引き受けさせて利息まで払わないといけない?!

中央銀行が完全に国営なら、国が借金するという変な事態はないですよね。
自国通貨を印刷出来る国が、自国通貨建ての借金をするっておかしくない?
あまりに馬鹿げているから陰謀があるんだなと ふつーーーに思うよね?
特に日本政府が円建ての国債を発行し、民間銀行に利子を払うなんて。国民の税金を、利子として銀行に渡しているわけでしょ?
なんで?

私がおかしいなと思ったきっかけは よく三橋さんなんかが盛んに言う「日本はギリシャになりません。なぜなら国民が債権者だからです」ていう あれです。おお そうかと膝を打って喜んでましたよね? 昨日まではね、でも 不服そうな白川とか 腹黒い黒田が総裁になって これは.......と疑いが濃くなったのですよ。だっておかしいですもん あの人事。中川さんを陥れた奴らはみんな出世しているしね。

この辺で今夜は筆を止めます だんだんと勉強して行きましょう
専門家ではないのだから 一辺には無理ですもんね。でも、諦めません。この精神を培うがために私達は教育を受けたんですよね? 物理とか歴史とか文学とか...自分には勉強する力があると自覚するための義務教育だったし、それに続く後の教育でしたよね?

こんな意見↓を見つけました。かなり説得力があります


■日銀のデフレ政策の経緯について

米国はバブル時に日本の強力な貿易力を目の当たりにした。
日本が普通に経済成長をすれば、自動車産業等、米国内企業の存続が脅かされかねないし、自分たちが原爆を落とした敗戦国が
Japan as No.1 などと呼ばれるのは面白くない。No.1は米国である必要があるのだ。

そこで米国は日本のバブル崩壊後に日本にデフレ政策を強要し、日本の輸出企業を弱体化させる作戦に出た。
日銀はベースマネーを抑制しつづけ、円高・デフレを実現した。
これは公務員の給料が民間を抜くことを可能にし、日銀にとっても好都合だった。米国と日銀の利害が一致したのだ。

米国の思惑どおり、円高で日本の工場は海外に移転し、それに伴って技術は流出した。
結果、経済成長を抑制された日本は自動車やテレビの海外シェアを韓国に奪われる結果となった。

日本の政治家がわざわざ1998年に日銀に目標の独立を与えたのは、米国の意向であると想像される。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

23 : 25 : 15 | 日本潰れるぞ! | トラックバック(1) | コメント(27) | page top↑
<<靖国に行ってきました | ホーム | 帰国してみると....>>
コメント
要は、株式の仕組みもやくわからず、米国がやっており「お前もやれ」と催促され始めたことが、すべての元凶。
とりあえず、国際ルールに則り、過半数を政府が維持していることで国を乗っ取られていないことだけは、この国の政治屋のオツムの出来を考えると立派。
by: 通りすがり * 2015/12/03 23:26 * URL [ 編集] | page top↑
....................
↑こうやって額面通り受け取って ふーーーん てわけにも行かないですよね。
配当金は極小の上、議決権を持たないので、株を買い占めても発言の権利が確保できないって見えるけど、本当にそうだろうか? むしろ操られているのではない? どうもそうとしか見えないもの。
私はもう国外に出ていたし 良く知らないのですが プラザ合意以降日銀や財務省がおかしくなった、裏で不平等条約みたいなのが締結されたのでは? という意見が囁かれていますね。あの時は 竹下登か




流石にこれは飛躍しすぎでは?
政府を操れる存在がいたとして、
政府自体を操れるのに
わざわざ日銀を介する意味がない。
by:    * 2014/08/30 20:33 * URL [ 編集] | page top↑
これ参考になりますよ
これ参考になりますよ

http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html
by: タイソン * 2013/10/17 22:47 * URL [ 編集] | page top↑
米中韓ポチの安倍
外国人には優しく優しく激甘で、ペコペコ媚び媚びで、日本人血税を大盤振る舞いする安倍!

日本人には残虐で、チューチュー血税を吸い取り、増税する安倍!

反韓デモする日本人に大激怒し誹謗中傷し、在日に同情し在日擁護する安倍。(安倍は朝鮮人じゃね?)

韓国人による仏像泥棒や、韓国人による日本人標的刃物通り魔事件には、全く怒らず見逃してやる反日親韓な安倍。(日本人には冷酷で、韓国人を熱く熱く溺愛する安倍)

アメリカの利権取り金儲け戦争に、日本の自衛隊(国防軍)が駆り出されるだなんで
許さねえええええええええええ!!!



by: 核武装せよっ!ここは日本だっ! * 2013/07/17 13:31 * URL [ 編集] | page top↑
>愛信

また瀬戸のところの次に書くなよ。

タイミングはずすて工作うまくやれよ。
by: ハットリ * 2013/07/16 09:57 * URL [ 編集] | page top↑
問16 3. TPPは参加すべきでない
coffeeさんのブログで紹介されていた2013毎日アンケートで選挙区・比例区の候補者のTPPに対する態度がわかります。

例)生活の党
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kouji_hirei_meikan.html?mid=C01049002001

後5日です。投票前にここを見てチェックして下さい。
by: * * 2013/07/16 03:01 * URL [ 編集] | page top↑
絶望した
TPP、、、いつの間にか、、、自民党と電通はグルで国民騙し!

それでも殆どの日本国民は怒らない。TPPや移民大量流入の危険性をわかってない!

外国人の奴隷に成り下がり貧困に陥り、痛い目に遭ってから目が醒めるのであろう!
その時はもう手遅れ、、、
by: 核武装せよっ!ここは日本だっ! * 2013/07/16 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
首相や閣僚の靖国参拝見送り、公明代表求める
首相や閣僚の靖国参拝見送り、公明代表求める
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130715-OYT1T00462.htm?from=ylist

憲法改正反対、靖国参拝反対、愛国心反対の日本人社会の破壊者創価学会が本音を現した支那の
日本侵略大賛成。 反日売国民主党と結託してすべての日本人に子供の出来なくワクチンを強制的
に接種する法案を成立させた公明党は政権交代したとたんに、安倍自民党に公明党のマイナンバー
法案を要求して3条委員会の特定個人(在日朝鮮人)情報保護委員会を設立した。
首相や閣僚の靖国参拝見送りはまさに息を吐くように嘘を吐く朝鮮資質の日本人社会の破壊者が正
体を晒した要求だ。 創価学会公明党が反日売国テレビ局・マスコミを支配しているので、日本人
はまだ騙せると思ってる。 支那朝鮮に支配された反日売国テレビ局・マスコミはこれらの事実を
隠蔽して報道する事は無い。


【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
by: 愛信 * 2013/07/15 19:09 * URL [ 編集] | page top↑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C

2010年(平成22年)3月末日時点における政府以外の出資者の内訳は、個人35.9%、金融機関2.4%、公共団体等0.2%、証券会社-%、その他法人6.5%となっている[1]。株式会社と異なり、出資者は経営に関与することはできず、役員選任権等の共益権はない。


by: 読者 * 2013/07/15 17:29 * URL [ 編集] | page top↑
日本銀行百年史

◆日本銀行百年史
↓↓↓
http://www.boj.or.jp/about/outline/history/hyakunen/index.htm/



by: 読者 * 2013/07/15 16:55 * URL [ 編集] | page top↑
インターネットの規制は、ツイッターの言論封殺を行うアカウントの凍結で行われます。
気をつけよう反日売国テレビ局・マスコミの捏造報道
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

今日の内閣支持率は長期間実施されているアンケートです。多くの人たちの意思の表明です。
反日売国テレビ局・マスコミの垂れ流す報道が信用ならないことを多くの人々が知っています。
多額の税金を使って捏造したデータで世論を誘導するNHKが発表する内閣支持率と長期に渡り調査されている
【今日の内閣支持率】の違いを確認してみて下さい。
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php
反日売国テレビ局・マスコミの報道は決して鵜呑みにせずに、自分の目と耳で確認してみましょう。 
マスコミを信じてはなりません。

ツイッター・アカウンド 凍結につき、ツイッター分はこれからはここへ掲載します。

【出逢いの街の掲示板】
http://www.aixin.jp/gktj/ski/ski.cgi

ps:
【愛信選挙情報】
[第23回2013年参議院議員選挙情報]
http://www.aixin.jp/skjh/sjmenu.cgi

東京選挙区【定数 : 5/ 立候補者 : 15 】
http://www.aixin.jp/skjh/sj94.cgi

アクセスしたら応援投票を忘れずに、カッチとね

インターネットの規制は、ツイッターの言論封殺を行うアカウントの凍結で行われます。
by: 愛信 * 2013/07/15 16:34 * URL [ 編集] | page top↑
古い記事ですが、【日本人が知らない 恐るべき真実】『日本銀行の正体』



◆◆◆【日本人が知らない 恐るべき真実】
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/

古い記事ですが、『日本銀行の正体』
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=155060

『日本が闇の権力に支配される日は近い』(中丸薫著)より引用です。


--------------------引用
日銀は株式会社である。当然、株主が存在する。彼らこそ、流通する通貨の量を勝手に上下させて、インフレ、デフレを自由自在に操り、金融機関の金利を操作して景気を捏造できる者たちである。

日銀の大株主は、闇の権力者たちなのである。現在のところ40%の株を所有しているが、日本の大不況を利用して、もう11%手に入れるべく、とことんまで買い叩いておこうと虎視眈々とねらっている。

今世紀における二回にわたる世界大戦の元凶は、国際金融財閥が支配する中央銀行制度である。各国の中央銀行は、各国政府を超越して舞台裏で結束して各国民の支配を続けているが、彼らの活動と真の目標は極秘のベールに包まれてしまっている。真相が決してマスコミで報道されることがないのは、中央銀行が秘密政策を通して一国の政治・経済・金融・外交・軍事・教育(国民の洗脳)を支配し、定期的に戦争を発生させるからである。

中央銀行は人工的にインフレ、デフレ、好景気、不景気を起こし、政策を国際金融財閥とその手下と共同で秘密裏のうちに前もって決定し、彼らを富ませている。人類最大の不幸と呪いとは、中央銀行が民主主義を偽って各国を支配し、定期的に戦争を企画していることである。この種の戦争ではシナリオや勝者が最初から決まっており、馬鹿を見るのは常に、だまされている各国民である。

もちろん中央銀行の真の機能については学校や大学では何も教えてくれない。銀行のすることなすこと、すべてが国民から隠され、議会や国会で公に議論されることはない。この厚い秘密のベールに包まれた中央銀行制度に初めてメスを入れた人物がユースタス・マリンズ氏である。

日銀などの中央銀行の業務は絶対秘密で、その理由は、国民に真相を知られたくないからであり、中央銀行が絶えず国民の利益に反する行動をしているからである。

無から金を生じさせつつ国民から財産を略奪するのが中央銀行であるが、この金はさらに利子をつけてそのまま貸し付ける。国民から担保をとって、毎日のように負債を負わせ、大きな負債を抱えさせる。そうやって誠に都合よく国民を支配するのだ。しかもそのトリック負債たるや、紙とインクのコストしかかからない偽りの紙の通貨による偽りの負債であり、それが税金を搾取するための口実ともなるのだから、笑いが止まらないであろう。

中央銀行を支配するカナンの末裔とその共犯者たちの常套手段は、何らかの必需品を独占し、その上で法外な値段を設定して膨大な利益を上げることである。このようにして築いた富を通して一国の役人を買収し、マスコミ、教育、宗教界をも支配してしまう。

中央銀行家と共犯者たちの行為すべてが犯罪的であるが、…外からは何もわからない。非難を受けると必ず、「われわれは公的には何らの影響力を持たない」などと主張する。マスコミも支配しているのだから、一般に露見することはない。

現実には米国や日本では、マスコミや教育機関を通して巨大な規模で洗脳が行われており、その核となる所に中央銀行が存在する。米国でいえば連邦準備銀行であり、日本では日銀である。中央銀行銀行は世界で最も危険な影響力を公使できるが、それは彼らが各国を超越して協力し合うためである。

こうして現実に存在するのは、中央銀行の連合と残りの世界との抗争の構図ということになる。人々は自己欺瞞に陥ってしまっている。この事実は徹底的に否定され、それゆえ、常識に対抗してこういうことを訴えていくには非常な困難をともなう。

-------------------------------------------------------引用・転載終り


正確には、日本銀行は日本銀行法に基づく「認可法人」であり、株式会社ではないので、株主総会はありません。日本銀行は出資証券を発行しており、出資者に、配当をすることができますが、株主総会に相当する出資者総会は存在せず、出資者には議決権も認められていません。

しかし、政府と資本の双方から圧力をかければ、日銀を国際金融資本=闇の勢力が動かすことは、可能です。さらに、将来、民営化されれば、赤子の手をひねるがごとく、日銀を掌握するのは容易になります。現在、日銀の株主構成は少し古いですが、下記です。

日銀の株主構成

1.個人38%(国内外問わずとのこと)
2.銀行3.2%(〃)
3.法人3.4%(〃)
4.団体0.3%(〃)
5.証券会社0.1%(〃)
6.政府・大蔵省(現財務省)・大蔵大臣(財務大臣)55%
らしい。

そのうち、2006年には、40%が国際金融資本(≒ユダヤ資本)の掌中にあり、やはり、日銀の利益は闇の勢力へと消えていくようです。






by: 真実拡散 * 2013/07/15 16:29 * URL [ 編集] | page top↑
 お薦め!!!


v-237v-237v-237
◆「あなたはお金のしくみにこうして騙されている」 天野統康 (著)

レビューより

この本を書いた天野統康氏に感謝する。国民が知るべき真実を分かりやすく、一冊の本にまとめてくれたことを。

重要なポイントは、中央銀行日銀は私企業であり、株式会社であり、その55%の株式は日本政府所有とは言え、事実上は海外の国際金融資本家に経営を左右されていること。貨幣発行権を日本政府(=日本国民)の手に戻せば、1,000兆円にも達する国と地方の負債なんて、その瞬間に無くなってしまうこと。

バブル創出も、潰すのも、全て中央銀行の所有者の胸先三寸。何だ、失われた10年というバブル崩壊による莫大な損失も、1997年のアジア金融危機も、全て中央銀行のシステムを操る国際金融資本家達の仕業だったのか!我々は騙されていた!TVで経済問題をもっともらしく解説する専門家と称する人達、彼等はわざと国民に真実を知らせて来なかったのだ!

この本は気持ちよいくらい、それらの事実をあぶり出してくれる。難しい理屈は何も無い。銀行という詐欺的システムを理解すれば、お金の問題はスッキリ解決する。この隠された事実を、全ての納税者は知らないといけない。でないと、東日本大震災の復興を口実に、またしても増税で、本来支払わなくても良い税金を取られる。いつまでも騙されているのはバカだ。そのことをこの本は教えてくれる。全ての人々の必読書だ。何も知らないあなた。今直ぐに読むべきだ。

------------------------

v-237v-237v-237
◆なぜ政府貨幣が良いのか! 他 
↓↓↓
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8041E95EC625633E&feature=plcp




by: 読者 * 2013/07/15 15:36 * URL [ 編集] | page top↑
◆中央銀行とは何ものなのか

◆中央銀行とは何ものなのか 2010年08月16日
http://blog.goo.ne.jp/leonlobo2/e/6eb75c2be688358dc2bd097858753788


現代の通貨供給システムは、ほとんどの国で同じ形態をとっている。どこの国にも中央銀行と呼ばれるものがある。中央銀行はベースマネー(現金通貨)を経済に供給し、商業銀行は預金通貨を経済に供給している。

 中央銀行は国家の通貨政策を担っているにもかかわらず、今日、中央銀行の政策には政府の意向はほとんど反映されない。中央銀行は、政府にも国民にも干渉されず、完全なブラックボックスの中で通貨政策を決定している。「中央銀行は政府から独立している方が物価の安定が確保される」、というのが世界の共通認識となっているからだ。

 しかし、ごく単純に考えて、国家の通貨を発行している機関が、政府から干渉を受けない存在というのはあまりにも不可解だ。はたして本当にそれが望ましいあり方と言えるのだろうか。「政府から独立することによって物価の安定が確保される」というのは、まったく合理性を欠いた主張としか思えない。

独立性を保ち、物価の安定だけに傾注している中央銀行の方がこれらの肝心な点で優れた実績を上げているという証拠はほとんどないのである。
p71 『スティグリッツ教授の経済教室』 ジョセフ・E・スティグリッツ

たとえば労働者は、中央銀行が過度の金融引き締め策を採ると失うものが多いにもかかわらず、そうした決定の場に代表を送ることができない。その一方で、失業が増えてもたいして失うものはないが、インフレには大きな影響を受ける金融市場の声は、概して十分に代表されている。
p74 同上

こうした仕組みから利益を受けるテクノクラート(高度の専門知識を持った官僚など)や市場参加者は、この仕組みの素晴らしさと、金融政策を政治を超越したところに置かれるべき専門的事項として扱う必要を説いて、多くの国に見事にそれを納得させてきた。
p72 同上

 中央銀行というのは、特定の利権集団の利益を代表している機関である可能性が非常に高い。だとすると、中央銀行を政府の干渉も及ばない機関に祀り上げてしまえば、恒久的にその利益を維持できることになる。そしてその目論見はまんまと成功しているようだ。

 世界中のほとんどの人々は、自国の中央銀行は政府機関だと信じ込んでいるはずだ。それはごく自然に、中央銀行とはそうあるべきものだと人々が考えているからだ。しかし実際は、中央銀行のほとんどは政府から干渉を受けない、法的に独立した民間機関なのだ。そして、人々の手の届かないところで、その生活に多大な不利益をもたらしている。

 この不適切で不公平極まりない仕組みは、どのようにしてできたのだろうか。


金細工師の錬金術

 現在、世界で流通している通貨は、価値の裏づけのない不換紙幣が一般的だ。これは国家の信用を裏づけとして発行されている。それ以前の紙幣は、価値との交換を約束した兌換紙幣だった。兌換紙幣が登場するまでは、価値そのものが通貨として使われていた。つまり、金や銀、宝石だ。通貨としてこれほど確かなものはない。

 ただし、金や銀などの金属貨幣は、その重量と保管の難しさが問題だった。安全な保管庫がない時代は、価値の保存は庶民にとっても金持ちにとっても大きな悩みだった。今日でさえ、金の保管は厄介事だ。かつてのヨーロッパでは、王侯貴族以外で、安全な保管場所を持っていたのは、金細工師くらいだった。日常的に金を扱う金細工師は、頑丈な保管庫を造っていた。必然的に、金細工師は金保管の社会的役割を担うようになった。

彼らの経営は、その取引の公正さよりは彼らの金庫の堅牢さに、より多くを依存していた。
p50 『マネー その歴史と展開』ジョン・ケネス・ガルブレイス

 金細工師は金を預かると、「預かり証」を発行した。預け人は必要なときに預かり証を金細工師のもとに持参して金を引き出し、商取引などに使った。取引で支払われた金は、すぐにまたどこかの金細工師のところに預けられ、預かり証が発行されただろう。引き出された金が、まったく同じ金細工師のところに舞いもどってくることも多々あったはずだ。彼らは、それならわざわざ危険を冒して金で取引をする必要などないという考えにいたる。預かり証に裏書をして渡せばいいのだ。取引のコストも時間も節約できる。この「預かり証」がヨーロッパでの紙幣の起源となった。

 預かり証による取引の安全性と利便性の認識が広まると、金が引き出される割合はどんどん減っていく。所有権が巷で移動しているだけで、よほどの必要がない限り、金は引き出されなくなる。その大前提は、金細工師が確実に金を保管しているという「信用」だ。もし、一人でも金を勝手に流用するようなふとどきな金細工師が現れると、業界全体の信用が崩れる。金はたちまち引き出されて、保管料というコストのかからない貴重な副収入を失う。ギルドの伝統が、金細工師たちの意思統一と規律を守った。

 金細工師全体で保管している莫大な金は、金庫の中に鎮座し続けた。5年、10年、15年……。彼らはその総量を計算したかも知れない。もしかするとそれは、国王の財貨をしのいでいたかも知れない。あるいは、数回の戦費に匹敵する額だったかも知れない。とにかく、目もくらむほどの莫大な財貨が自分たちの管理下で、引き出されることもなく、ただ静かに眠り続けているだけなのだ。ようするにその金は、そこになかったとしても何の影響もないのだ。そして、代々金細工一筋に生きてきた実直な職能集団の心に……

 金属貨幣の時代は新たに金銀が採掘されない限り通貨は増えない。社会の中で流通するおカネの量がほぼ一定であれば、新しい生産を行なう余地はあまりない。新しい生産には、経済の中を流通するお金が増えなければならない。椅子取りゲームのようなもので、ゲームの参加者が増えれば、椅子の数も増やさなければならない。人口が増えると需要が増える。増加した需要を満たすための生産には、その分の通貨の追加が必要になる。しかし、金属貨幣は人為的に増やすことはできない。人口が増え続ける社会では、金属貨幣はつねに不足することになる。

 おそらく、金細工師の元には、常に通貨供給の依頼があったはずだ。金を貸出せば金利収入が入る。しかし、保管庫の中の金は、他人のものだ。貸したくても貸し出せない。ただし、彼らは長年の経験から、金が引き出される割合や季節的パターンなどを把握していたはずだ。一定の金を貸出しても決して発覚しないことを彼らは理解していた。問題は、単独で行なった場合、一回でも想定外の大量引き出しが起これば、犯罪が発覚してしまう。そのとき、金細工師全体を道連れにしてしまう。

 しかし、グループで行なうなら、想定外の大量引き出しにも対応できる。一定量の金をグループで備蓄しておけばいいのだ。この組織的犯罪を決行すれば、金細工師たちはまったくコストをかけずに莫大な金利収入を得ることができる。それともまじめに日々コツコツ、コツコツと金を叩きながら、保管料という副収入で満足するかだ。さあ、あなたならどうする。

 ほどなく彼らは、あなたの期待をあっさり裏切って、ほぼすべての金を貸出してしまった。この犯罪を可能にしたのが、ギルドの存在だ。彼らには専門技術を何世代にもわたって秘匿継承してきたという伝統があり、その結束力は血よりも堅い。ギルド内の秘密は絶対に外に漏れない。ヨーロッパにギルドの伝統がなければ、金細工師のこの危険極まりない組織犯罪は成立しなかっただろう。

 金細工師たちは、金の保管料を得る一方で、同じ金から高金利を稼いだ。最も旺盛な金の需要者は王侯貴族であり、そうした金は外国の奢侈製品の購入などに当てられ、流通から消えた。金は金細工師の元には還流しなくなり、貸出す金が底をついたところで、この犯罪は終わる……はずだった。しかし、金細工師の犯罪の本番は、貸出す金がなくなったときにはじまった。

 金がなければ、金があることにして「預かり証」を貸し出せばいいのだ。預かり証を発行する制約などない。その気になれば無限に発行できる。その事実に気づいたとき、彼らは呆然としたに違いない。金細工師は、錬金術をあみ出したのだ。預かり証とはすなわち、金の等価物にほかならない。

 金細工師は、金が引き出される割合やパターンを把握しているので、預かり証を増刷した分、市中から一定の金を回収して金準備を増やせばいいだけだった。金細工師たちは、無限に増刷できる預かり証で暴利を得た。

 経済の中の通貨は常に不足していたので、預かり証がどんどん増えても何の問題も起こらなかっただろう。それどころか、経済は活性化したはずだ。産業規模が拡大し、新しい産業も興っただろう。金細工師はそのことにも気づいていたかもしれない。もしワインの供給が不足していれば、ぶどう農園に預かり証を配分してやればよい。農園が拡張され、雇用も増える。

 ペンをすらすら走らせるだけで、時間もコストもかけず、莫大な富を築いた金細工師たちは、家業を廃業して、金貸しを専業とするようになる。そして銀行業に発展する。銀行家となった彼らは、預った金をもとに、兌換紙幣を発行して貸し付けを行った。しかし、金細工師の時代と同じで、預った金の総量などにはまったく制約されることなく、多量の紙幣を発行して金利を稼いだ。インチキの仕掛けはまったく同じなのだ。少しだけ違うのは、預った金に対して利息を支払うという点だけだ。人々は、銀行家は預った金の総量を超えて、兌換紙幣を発行していないと信じた。

 自由に通貨を生み出せる彼ら銀行家は、その時代の支配者と言えた。王侯貴族が銀行家のおカネを必要としたのは、金細工師の時代と変わらない。徴税は常に上限に達しているため、王は銀行家の資金なしには、国家の運営ができなかった。王がもっともおカネを必要としたのは戦争の時だ。

 もしかすると戦争をお膳立てしたのは、銀行家だったかもしれない。たとえ敵同士であっても、秘密を共有する銀行家はギルド的友愛精神で堅く結ばれている。戦争は彼らの勢力を拡大するチャンスだった。彼らは、どちら側を勝たせるかを簡単に決定することができた。資金が底をついたと告げられた王が敗者だ。金細工師の末裔たちは、経済や戦争を自在にコントロールしながら、権力を掌中に収めていった。銀行家にとっておカネは、好き勝手に生み出せる文字どおりの紙切れにすぎない。そんなものは富ではない。彼らが欲したのは絶対的な権力だ。

 ヨーロッパの王室が没落したのは、銀行家の単純なトリックを見抜けなかったからだ。

 「無」から生み出されているだけのおカネを借り続け、領土も財貨も権威も失っていった。その気になれば、王自らがおカネを生み出せることに最後まで気づかなかった。 

 この単純なトリックは、次々と世紀をまたいで行く間に、公的な通貨システムに姿を変えた。金細工師が近代的銀行になり、ギルドが中央銀行になった。しかし、どのように姿を変えてもインチキの本質は変わっていない。銀行は預かったおカネを貸し出して、金利差を得ているのだと人々は信じている。しかし、実際は預かったおカネを貸出しているわけではない。銀行は、「無」から預金通貨を生み出して、貸出している。

 しかし、そうしたことは経済学の教科書には載っていない。
 現代でも、おカネが誕生する単純な仕組みは公にしてはいけないのだ。

経済学の他のいかなる分野にも増して、貨幣の研究は、真実を明らかにするためではなく、真実を偽装し、あるいは真実を回避するために、複雑さが利用されている分野なのだ。p9 
『マネー その歴史と展開』 ジョン・ケネス・ガルブレイス

 なぜ真実を偽装し、回避する必要があるのだろうか。
 おそらくそれは、この驚くほど単純な仕組みが、経済に対して絶大な影響力を持っているからだろう。バブル景気から恐慌まで。しかし、中央銀行は、マネーは中立で無力だと装っておきたいのだ。そうすれば、誰もマネーに注目しない。中央銀行が独立性にこだわるのも同じ理由だ。彼らは他者を排除したブラックボックスの中にマネーの真実を閉じ込め、密かに経済をコントロールしたいのだ。


 世界的不況下の今日、国債や歳出削減、増税といった項目に議論が集中しているが、それは見え透いた煙幕にすぎない。
 この事態に、世界中の中央銀行は無力を演じ続けている。
 しかし、セントラル・バンカーは本当は何をすればいいかを熟知している。

<参考資料>
『マネー その歴史と展開』 ジョン・ケネス・ガルブレイス
『スティグリッツ教授の経済教室』 ジョセフ・E・スティグリッツ
『円の支配者』 リチャード・A・ヴェルナー
『戦後日本の資金配分』 岡崎哲二/他
『通貨・金融の歴史と現状』 新宅彰
『現代金融と信用理論』 信用理論研究学会
『決済システムと銀行・中央銀行』 吉田暁
『貨幣と銀行』 服部茂幸
『銀行業序説』 辻信二

以上----------------------


>「無」から生み出されているだけのおカネを借り続け、領土も財貨も権威も失っていった。その気になれば、王自らがおカネを生み出せることに最後まで気づかなかった。

現在においても未だに、
殆んどの政治家も官僚も国民も、政府が自らお金(政府貨幣)を、生み出せる事に気づいていません!

また、政府貨幣を知っている者も、インフレ要因、無用と洗脳されている方が殆んどの様である!

非常に残念で、嘆かわしい事である!!!







by: 真実拡散 * 2013/07/15 15:28 * URL [ 編集] | page top↑
粘着民族に、粘着される事の損害は永遠に続くのか?
欧米の侵略の方法は、小数民族に支配させる事を常套手段としていますが、無論、日本も例外なくやられています。その一例となると思うので鹿児島神宮をあげたいとおもいますが、ウィキから一部。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE
祭神

主祭神天津日高彦穂々出見尊(山幸彦)豊玉比売命 - 天津日高彦穂々出見尊の后神相殿神帯中比子尊(仲哀天皇) - 八幡神を合祀した関係による息長帯比売命(神功皇后) - 同上品陀和気尊(応神天皇) - 同上中比売尊(仲姫命) - 応神天皇の皇后。同上太伯 - 句呉の祖。国内では唯一当社でのみ祀られる

以上、ウィキをご覧の通り、この鹿児島神宮という神社は、日本で唯一、句呉の祖である太伯を奉ると言うトンデモ歴史観をもつ道教神社ですが、本来、神宮とは、そもそも特別な例を除く限り天皇の先祖を奉る事となっている神社の事ですが、薩摩隼人は、自らの出自を呉人としています。そこに天皇の存在を利用し勝手なことをしております。つまり薩摩隼人は、自らの出自である呉の太伯を天皇と重ね合わせる事によって、自らの立場を日本人の祖の直系としたがるという、かなり歪な歴史観を持ち生きているのでしょうが、勝ったらなんでもありなんでしょうかね、なんにせよ、実際問題として日本人にとってはこんな迷惑な話しもあったものではありませんね、このような隙を見せているから欧米や中国その他に良いようにやられてしまうのでしょう。なんなら故郷中国にでも戻ってもらった方が有り難いものですが、一度粘着されるとどうしようもないものなのでしょうか?ま、己の為ならば日本の財産を何でも売る連中です。日本銀行株を売る事なんぞも屁とも思っていない事でしょう。今、その子孫であるアベやアソウが日本を細切にし、大安売りをしている最中です。いーかげんにこう言った売国行為は止めていただきたいものですよ。
by: さんずい * 2013/07/15 15:21 * URL [ 編集] | page top↑
◆国の通貨発行権(政府貨幣)の重要性を理解していたアメリカの政治家(暗殺)!!!


v-237v-237v-237
◆国の通貨発行権(政府貨幣)の重要性を理解していたアメリカの政治家(暗殺)!!!
↓↓↓
http://7fukuzin.at.webry.info/201111/article_4.html


▼リンカーンの言葉▼=政府貨幣

「政府は政府の費用をまかない、一般国民の消費に必要なすべての通貨、銀行の預金を自分で発行し流通させるべきである。 通貨を作製し、発行する特典は政府のたった一つの特権であるばかりでなく、政府の最大の建設的な機会なのである。
この原理を取り入れることによって、納税者は計り知れない程の金額の利子を節約できます。 それでこそお金が主人でなくなり、人間らしい生活を送るための人間の召使になってくれるのです。」


◆「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド
(1790年の発言)

>誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。
=誰が政治家に成ろうと、操れる、抹殺も可能。
現にそう成っていますね!
近年では、オバマ、中川大臣、フセイン、カダフィ、等々


日本の政治も主には、属国として操られていますね!


◆悪徳政治家、官僚、プロパガンダマスコミも、操り人形、トカゲの尻尾、
本丸、根源は、中央銀行を支配している悪徳資本家

◆これを、打ち砕く最重要点=当然、通貨発行権を取り戻す事!
元から絶たなきゃダメ!(古ww)


◆ドーンと政府貨幣発行、財政出動で、雇用、復興、景気、円高、デフレ対策を!!!





by: 真実拡散 * 2013/07/15 15:19 * URL [ 編集] | page top↑
悪いしらせだが...
今日の午後からマレーシアで行われている
TPP交渉に正式に日本が交渉参加というニュースですよね?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130715/k10013046121000.html

今まで11カ国で決められた内容は覆せないルールだから交渉参加自体が正気の沙汰とは思えないが、政府は内容ひた隠しにするから他国のリークや反応見るしかないね。

ただの自由貿易交渉のように軽く考えてる
国民には四年間内容を好評しないという協定がどれだけ異常なのかもう少し理解してもらいたいね。
by: どちらにしても * 2013/07/15 13:58 * URL [ 編集] | page top↑
気をつけよう反日売国テレビ局・マスコミの捏造報道
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

今日の内閣支持率は長期間実施されているアンケートです。多くの人たちの意思の表明です。
反日売国テレビ局・マスコミの垂れ流す報道が信用ならないことを多くの人々が知っています。
多額の税金を使って捏造したデータで世論を誘導するNHKが発表する内閣支持率と長期に渡り調査されている
【今日の内閣支持率】の違いを確認してみて下さい。
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php
反日売国テレビ局・マスコミの報道は決して鵜呑みにせずに、自分の目と耳で確認してみましょう。 
マスコミを信じてはなりません。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。


ps:
【愛信選挙情報】
[第23回2013年参議院議員選挙情報]
http://www.aixin.jp/skjh/sjmenu.cgi

東京選挙区【定数 : 5/ 立候補者 : 15 】
http://www.aixin.jp/skjh/sj94.cgi

アクセスしたら応援投票を忘れずに、カッチとね
by: 愛信 * 2013/07/15 13:33 * URL [ 編集] | page top↑
悪いしらせが・・・
日本がTPPに参加するという最悪なしらせがYahooニュースに流れました・・・
by: クボタ * 2013/07/15 12:34 * URL [ 編集] | page top↑
悪いしらせが・・・
日本がTPPに参加するという最悪なしらせがYahooニュースに流れました・・・(>_<)
by: クボタ * 2013/07/15 12:34 * URL [ 編集] | page top↑
姫さま
1997年、橋本内閣による日銀法改正で日銀の独立性が強力になりましたが、この内閣がハニートラップに掛かり外国からの圧力を受けていたことは容易に想像できますね。
当初、安倍内閣は日銀法の改正にも意欲的な態度を見せましたが腰砕けでした。
残念ですね。
この問題は必ず、次の法改正の時が勝負だと思います。彼らは絶対に自分では手を出しません。必ず、他人にやらせて証拠は残さない。動くのは管義偉だと思います。
必ず、更なる日銀の独立性が重要だと云いだします。

ところで姫さま、最近気になることがあります。それは、このブログが実は注目されている証拠だと思うのですが、気が付いたことなので申し上げます。
自分は少年時代を西日本の大都市で育ちましたので、皮膚感覚で朝鮮を感じ取ります。自分とは異質なので即、分かります。いくら自分の実家はキリスト教系の武家の出身だと云っても自分の眼は誤魔化せません。
これは関東で育った方には分からないようですね。自分の云っていることは国籍の問題ではありません。朝鮮は朝鮮です。その出自から性根が日本に帰化出来ない連中で、可哀想な奴らです。
ここのコメント欄には保守ではあるが安倍総理に批判的な愛国者が集まりますので、朝鮮はその心理につけ込み懐柔しようと試みます。
例えば、
日本のキリシタン大名は日本人の奴隷売買をしていた、等と云う人の心理は従軍慰安婦は性奴隷であったとしたい朝鮮人の心理と同じで、日本人も奴隷を売っていた事にして日本を道徳的に貶めたいのです。
日本銀行は英国人が作った、等と云うのも日本人には日本銀行なんか作れない!と云う歪んだ心理が深層ににあります。
日露戦争をロシア戦争などと呼びたいのは、大国ロシアと日本が戦争など出来る筈が無いと云う歪んだ心理がありますね。
Jシフなどのユダヤ人が日露戦争に金を出したのは事実ですが、それは当時世界中で最もユダヤ人を迫害していたロシアでユダヤクーデター(ロシア革命)を起こす為です。
彼らはその為に日本を利用した。日本は日本で岩倉使節団の調査でロシアだけが日本に領土的野心があることを見抜いていました。ユダ公と日本の利害が一致していただけなのですが、朝鮮は日本がそんな大国だと認めたくないので、変な事を云いだします。
日本は、明治以降最悪の歴史を歩まれてきましたが、と云う件りが面白いでしょう。
朝鮮人は明治維新を近代化に成功したと信じたくないのです。だから明治以降は最悪の歴史にしておきたい朝鮮人の心理が働きます。
明治鮮人政府とか、このような言葉を連発するのは明治維新を成し遂げたのは朝鮮人だとか、安倍政権の安倍さんは朝鮮系日本人で実は日本を支配してきたのは朝鮮人なのだ、と思いたい朝鮮人特有の妄想が深層心理にあります。

まあ、ココをご覧の方は良く分かっている人も多いとは思いましたが念の為に。
朝鮮のDNAは哀れなものです。
こう云う事を止めさせるのは皆で笑ってやるのが一番です。
by: 嫌われ者 * 2013/07/15 11:48 * URL [ 編集] | page top↑
10月に新1000$刷り
>八田様

沢山カネを持っているケド借金も莫大なロスロック


株賭博で70000兆円の借金=7京以上とか天文学的借金

日本人血税なアメリカ国債100兆返せよ!
by: 新$ * 2013/07/15 10:42 * URL [ 編集] | page top↑
その通りで、陰謀なくして世の中は存在しません。

日本銀行はイギリスが作ったものです。その大株主もイギリスのロスチャイルドでしたが、日本人で株を保有しているのは、そのロスチャイルドの手下だけでしょう。

で、今は、アメリカのロスチャイルドが大株主と言われてますが、いつからか、先の戦争で負けたからとも言われますが、ま、それも一つの、プラザ合意、ま、それも一つの、ただどれも漠然としか想像できませんが、アメリカから戦前に一つ大きな投資を日本銀行は受けましたね、そうロシア戦争です。ロスチャイルドの手下ジェイコブ・ヘンリー・シフと言うアメリカの投資家にロシア戦争での軍事費を調達してもらいました。この時から日本銀行は、イギリスからアメリカの所有物へと切り替わっていったのではないかと思いますが、あのロシア戦争が、イギリス、アメリカ、いったいどちらの方が儲かったかはいまいち解りませんが、日本には、一切利益の無かったロシア戦争であると言うことだけは分かります。それだけでなく後日、第二次世界大戦、さらに力をつけたロシアによって仕返しをされた挙げ句、アメリカやイギリスにも見捨てられるはめとなるとは、日本は、明治以降最悪の歴史を歩まれてきましたが、なんにせよ、投資家の手下明治鮮人政府の作ったこの妙な体制を解体しないかぎり、日本人の命は投資家の獲物であり続けるでしかありませんよ。今、明治鮮人政府の申し子アベが、鮮人に見習った政策を矢継ぎ早に出してますからね、危険なことです。
by: さんずい * 2013/07/15 09:19 * URL [ 編集] | page top↑
スレち御勘弁
民主党政府の選挙からか?毎度頻繁な選挙投票でも有るまいし

ろくでなし
かってにコッソリと
知らなかった場合も多いに有ります。

投票時間の繰り上げ
間に合わ無かった場合は訴訟を!


組織票を有利にと
消費税大増税な
自公民

意図的に
時間の繰り上げを
全国で行っている。
これは、固定票をもっている政党に有利な行為である。
つまり「一人一票の平等」という
憲法第14条違反であるため無効であり違法であると判断されるべきだ。
憲法から見ればこれは職権の濫用に該当するから憲法違反の行為である。
多くの人の
有権者の投票の行為をとりあげるというとんでもない行為である。午後8時までが原則なのに

勝手に総務省や選管が判断している行為は
違憲違法である。国民主権を奪う行為である。
職権の濫用に該当する。
これは憲法第14条の国民の平等に違反し
基本的人権の侵害です←ジミンは基本的人権を取り上げる自民党綱領を発表しています。

平日に休みを取れないサラリーマン有権者はどうやって投票すんだ?
投票権に対する妨害だろ。

遂に金融湯田様の御所望でしょう!

参院選投票日繰り上げ、11都道県81投票所で

当日時間の繰り上げも!

→頻繁に消すのでニュースはやめろヤプーなイルミナティ禿げhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00000921-yom-pol

by: 読者乙 * 2013/07/15 08:30 * URL [ 編集] | page top↑
メルマガの転載
buntarouさん、こんにちは。
大日本平和党の八田です。


どんな事業を起こすにしても、
まずは資本(お金)が必要ですよね?


自己資本を持っている金持ち以外は、
銀行から融資を受けるか、
株券を発行するか、債権を発行するか、
いずれにしても金融機関を通す必要があるのです。


銀行から融資を受ければ、
銀行は企業の債権者となります。


すると銀行は、その経営状態を把握することもできるし、
その状態が悪ければ経営について口をはさむ権利があります。


つまり、力関係を図式にすれば、
銀行>企業となるのです。


続いて国家と企業の関係についてですが、
国家の収入は税金から得ています。

税金がなければ国家経営は成り立たりません。

所得税、消費税、物品税、どの税金であっても、
企業が営利活動を行うからこそ得ることができるのです。


政治家に置き換えて考えてみても、
政治活動及び選挙活動にはお金が必要です。

よほどのお金持ちでもない限り、
献金がなければ成り立たりません。


この献金も企業が営利活動を行うからこそ
得ることができるわけです。

つまり、国家は企業が利益を出さなければ
運営ができないのです。

だから、国家は企業が利益を出しやすい
環境を整えなければならなくなります。


こうしたことから力関係でいえば、
企業>国家となります。


また、私たちのお金を銀行に預けると
「金融資産」となります。

銀行は、預かったその金融資産の
「運用権」を持つことになります。

金融資産を運用するため銀行は株券を購入します。


株券は企業の所有権だから、
銀行は企業の所有権を持つことになるのです。


つまり、ここでも
銀行>企業という力関係になります。


このように考えていくと三者の力関係は、
銀行>企業>国家 となるのです。


法律的な観点から見れば、
国家が銀行や企業の存在を認め、
その営利活動を許しているからこそ
銀行も企業も成り立っているのですが、
これは建前に過ぎないのです。


表向きとしては、確かに国家が最高位ですが、
実質的には、銀行や企業の方が上位に位置しているのです。


すなわち、貨幣経済社会において、
お金を持ち、それを操作できる力を持つ者が、
最も強大な権力を持つことになり、
世界をも支配できるというわけです。


世界の金融資本で最も強大な金融力を持つ一族、
それが、英国のロスチャイルド・・・
そして、米国のロックフェラーなのです。


彼らは、政治家を意のまま操っています。

操るために用いるのは古来より使われるシンプルな方法です。

それは、お金、女、地位、という報酬を与える方法です。


そして、目的を達成するために、
事件、革命、戦争などを巻き起こしているのです。


次の箇条書きは、ロスチャイルド一族が関わった
歴史的な重大事件の例です。

・フランス革命
・南北戦争
・第一次世界大戦
・ボルシェビキ革命
・世界大恐慌
・ナチスドイツの出現
・第二次世界大戦
・イスラエルの建国
・米ソ冷戦
・シオニズムとイスラム世界の衝突



フランス革命以降、地球はロスチャイルド一族を中心に
回ってきたといっても過言ではありません。


前述しましたが、ロスチャイルド一族は、
国の中枢である中央銀行を所有していて、
そこからお金を発行し政府に貸し付けているのです。


旧約聖書に、このような言葉があります。
《借りるものは貸すものの奴隷となる》


お金を発行する権利を持つ者こそが、真の支配者であり、
国王にしても、政治家にしても、お手上げ状態なのです。


「良い国を作る!」と意気込んで政治家になった者たちが、
なぜ、国家や国民のためでなく、
自分の富と権力のために走ってしまうのでしょうか?

それは裏の権力者に睨まれたら
何の政策も実行できないからです。

だから多くの政治家は、初心の意気込みをなくし、
欲に走ってしまうのではないでしょうか?

まんまと、お金に踊らされ
支配層の思い通りに動いているのです。

そんな中、彼らの操り人形にならなかった人たちが
米国には存在しました。

6名の歴代米大統領です。

第3代ジェファーソン
第7代ジャクソン
第16代リンカーン
第20代ガーフィールド
第29代ハーディング
第35代ケネディ


これらの歴代米大統領は任期中に
暗殺未遂または暗殺されています。

この6名の大統領は通貨発行権を
取り戻そうとした人たちです。

例えば、ケネディ大統領は、
1963年6月に通貨発行権を実際に取り戻し、
政府発行紙幣を流通させましたが、
その半年後には暗殺され、政府紙幣は即座に回収されました。


それ以降、通貨発行権を取り戻そうとする
大統領は出てきていません。

彼らに逆らうということは
命さえ危なくなるということなのです。




さて今度は、ロスチャイルド財閥と
ロックフェラー財閥がいかに巨大かを見てみましょう。

と、言いたいところですが、
ここでは控えさせて頂きます。

世界中の多分野の巨大企業を所有していて、
あまりにも多くて、ここには挙げられないほどです。


有名な多国籍企業ばかりですが、
全てロスチャイルド系とロックフェラー系の企業です。


専門分野である銀行業、保険業など
金融関係は勿論のこと、
資源、エネルギー産業、マスメディア、工業分野、
エンターテイメント、食品、薬品産業まで、
その分野は生活に関わるもの全てといってもいいくらいです。


また、戦争に必要とされるお金、石油、原子力、武器、
世論形成に必要なメディア関連企業も所有しています。


他にも世界最高級ワインとして名高い
「シャトー・ムトン・ロチルド」と
「シャトー・ラフィット・ロチルド」は
共にロスチャイルド一族のワインです。


そして、英国ロンドンで
世界のお金の価格を毎日決めているのも
ロスチャイルド一族なのです。



最後までお読みいただき有難うございました。


--------------------------------------------
政治団体 大日本平和党
--------------------------------------------
by: buntarou * 2013/07/15 07:13 * URL [ 編集] | page top↑
日本の金と権力が集まるとこには全て朝鮮人が君臨。
日銀の株主は後藤組の組長なんかが有名ですね。

糸山もインサイダー取引で日航の大株主になったと言われてます。

駅前の一等地にビルを持ってるとか(森ビル)大企業の大株主・・・日本の富裕層をピラミットに置き換えると頂点部分は全て朝鮮人です。

通貨発行権を抑えると言う事は国を抑えると言う事です、
リンカーンが暗殺されたのは米政府の通貨発行権をユダヤに寄越せと要求され断ったからです。

by: NoldLand Wikinger Armeeteilung.Oberer TruppenKommandant. A.KESSELRING * 2013/07/15 01:37 * URL [ 編集] | page top↑
中田サ高住と申します。
初めまして。中田サ高住と申します。
興味をそそるブログですね。またお邪魔させていただきたいと思います。
これからも更新頑張ってください!

by 中田サ高住
by: 中田サ高住 * 2013/07/14 23:58 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/2351-e75743ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
昨日の「そこまで言って委員会」では、【そこまで暴露して委員会、あの国の真実スペシャル】と題して、北朝鮮の真実、韓国の真実、中国の真実、エジプトの真実・・・が報道された。 風林火山【2013/07/15 03:13】
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
12位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。