スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ナショナリズム


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


お早うございます。
今日は ちょっと歴史の試験があるので日本の現状についての記事は書けません。
重要な指摘は昨日の私の記事のコメント欄に沢山あります。特に年次改革要望書が怖いですからよく見てみてください。

せっかく試験脳になっているので どこのブログでも書かない事をいくつか。

私の親友の老人(1932年生まれ)は モロッコのタンジールで育ったのですが なんでそんなところにスペイン人が居たのかというと モロッコというのはヨーロッパの覇権が色々と交錯していた軍事的に非常に重要な地域だったんですね。ほら カサブランカなんて映画ができるくらいだから当然、アメリカもここに出しゃばっていたわけですよ。アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、スペイン、ポルトガルなんかですね。

それでタンジールの辺りは 金融など最も進んだ地域だったらしいです。もしかしてここにお金を隠したりなんかしていたのかな? 老人が言うにはある日宣教師の衣服をまとった男性が銀行に現れて、あの長いコートみたいなのを脱ぐと、体にびっしり札束が巻きつけてあったと言うのです。そうやってフェリーに乗ってお金を隠しに来ていたみたいですね。モロッコと聞くと なんかアフリカの一部で遠くて辺境地帯と言うイメージがあるかもですが、スペイン本土なんかとは比べようも無いくらいの進んだ金融システムが確立していたそうです。

雰囲気としては非常に進んだインターナショナルであったと。例えばスペインでは買えない様な物資がここにはあふれていたそうです。
特に20世紀初頭からはモロッコはフランスとスペインの軍事的な保護を受けていたんですね。植民地としての性格が強まるのは1930年以降みたいなんですが、スペインとフランスの軍隊が保護していた。フランスからも入植者が50万人とかあったみたいです。フランス人はいい学校をどんどん作るので教育を掌握して行くんですね。
さて、何がいいたいかと言うと、彼らはモロッコ人より数段上の民族という感覚があったようです。
つまりはこれがヨーロッパ、まぁアメリカ人も、彼らの植民地支配の根拠になるわけですが、この世は神様が治めておられる、そのお力を授けられたのが王様であると 神格化された絶対中央集権国家の体制がずうっと続くんですが そこには神格化された王様と強大な権力を持ち続ける教会が中心にあるわけです。
これがブルジョアジーの台頭なんかで 力関係が崩れて来て、何によって人々は 中世的な神格化された王様や教会から解き放たれていくかというと「ナショナリズム」なんですね。まさに。
こんなのは確か昔勉強した筈なのに 違う教え方をされたのかどうもこの辺の変革についてはナショナリズムとはっきり言われた覚えがありません。

で、言語、地域、習慣が同じ民族で結束しようという流れが強まって、ばらばらだった国も言語ごとにまとまって行くわけです。ドイツ語圏はドイツとして、フランスはフランスとして、というようにですね。
ところが このナショナリズムの中に一つの優れた民族が他の劣等民族を支配していいのだという思想が混じって行くわけです。(奴隷はギリシャ ローマの昔からあったんだから 何もこれが最初じゃないですがね)
正当な理由としてのナショナリズムが拡大して行くのです。
あの帝国主義思想っていうのは、人種差別だと漠然と考えていたのですが、これがすなわち白人国家のナショナリズムとは気がつかなかったですね。

西洋人の歴史っていうのは1789年のフランス革命以前と以降に分けてあるんですが、それ以前が中世で以降が現代になるんです。教会や王族を断ち切るっていう物凄い変革の前と後ってことなんですが、人はみんな自由であるとか言っているうちは良かったんだけど 劣等民族を支配していいんだっていうのもこのナショナリズムの流れの一つだったって ふえーーーー!!!勘弁してくれよ、と思いました。

そうやって分かってみると アメリカがやたらとアラブ諸国に介入して行くのも これなんだなとあらためて思いました。日本に対しても そう。てめーの頭のハエも追えないアメリカが ふざけんなと思いますけどね。

で、こうやって白人の思想変革を解いてみると 次に支配される側の心理ってのがあるのですが これが実は一筋縄じゃないのですよ。始めの老人に話は戻りますが、保護領だのなんのと言っても要するにモロッコはフランスとスペインが統治していたんですよね。植民地だったと老人ははっきり言うのですからそうだったんでしょう、実質。それでモロッコ人ていうのは三等国民だったと。泥棒も凄いし教育も行き届いていないし 使用人として使っていても家に入ると必ずベッドの下をのぞいて そこに彼らが隠れていて後で泥棒するために出てこないか確認したって言うのです。
スペイン人の言う事ですから真偽は分かりませんけど スペインは割りと穏健な統治をしていたけれどフランスのそれは過酷を極めたって言うのです。で、それが本当だったとしてフランス人は選民意識と三等国民としてのモロッコ人を軽蔑して過酷な体罰とか色々したらしいですが、モロッコ人はこれを恨んではいたけれど 同時に憧れの気持ちを持っていたというのです ←ココ重要。彼らは強い(カッコいい)とモロッコ人は虐げられている方の側なのに そう言っていたというのです。モロッコの青年なんかは恨みつつ憧れたのかもしれないなと ふと20世紀初頭から半ばまでの生きた雰囲気を 私は老人の言葉から感じる事ができました。

1956年にモロッコの独立運動が成って スペイン人は住まいも財産も捨てて本国に帰ります。
モロッコで育った人には あれが故郷であり、スペインなんていうのは外国みたいな馴染みの少ないものらしいです。

支配層の思想と 支配されている側の気持ち、これらは単純でないっていうのがまぁ理解としてあったらいいなということで。虐げられつつ憧れるっていうのは なんか日本人としてもなるほどと思い当たりますよね。
支配層の根底がナショナリズムってことで 開眼。

ちなみに先週の国語の試験、クラスで私が最高点だったと昨日先生から発表されたら拍手が湧きました。これは驚き 素直ないい性格なんだなと思いました。私以外はみんなスペイン語が母国語なんですから頭に来ても普通なのに、一秒で拍手って日本人でもこうかな? ですが単純にスペイン人や南米人は懐が深いとは言い切れません。前に居た学校では私の成績は スペイン人のオバサンから敵視されていました。クラスには快く思わない雰囲気が満ちていました。では、歴史の試験が終わったらまた日本に戻って来ます。
関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

16 : 05 : 08 | 海外 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<政治歴三年、 | ホーム | ちょっとスペイン>>
コメント
世界二大勢力間最終戦争
世界二大勢力3,000年来の因縁の対決が、第3次世界大戦となって顕れそうな気配の今日この頃。大戦のシナリオを自分達に有利なものにしようと、相変わらず両勢力とも小細工に余念が無いようです。

ユダヤ民族本流は、イルミナティ・フリーメーソンを分裂させ、自分達が建国した北朝鮮を使ってアメリカを徹底的に叩く絶好の機会を窺っているのでしょう。そのために金正恩をスイスで育てた訳なので。4月29日午後2次頃から約10分間、北朝鮮軍は韓国との黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)近くで砲撃訓練を実施。戦争の準備体操でしょうか。大粛正も一段落着いたみたいですし。

日本の支配者は、前の大戦でナチスのヤラセに騙された失敗も今度は繰り返さないでしょう。ヒトラーさんもオペラ歌手の演技指導まで受けて見事に汚れ役「20世紀の大悪魔」を演じきり、身代わり男性に死んでもらってベルリンを脱出。晩年は好きな絵を描く悠々自適の生活を許されました。

力と力の対決がろくな結果を招かないことは過去の歴史が示す通り。人類は何度核戦争を繰り返せば気が済むのでしょうか…。ロスアラモス研究所長のロバート・オッペンハイマーは核実験成功に際して、過去の核戦争を伝えるヒンドゥー教の詩篇バガヴァッド・ギーターの一節『我は死なり、世界の破壊者なり』が心に浮かんだとのこと。彼は知っていたのですね。核兵器使用は、地球人類にとって今回が初めてではないと。

地球人類とは、つくづくレベルの低い生き物であると思わざるを得ません。愚かなだけなら救われる可能性も残されているもしれないけれど、「愚か」の上に「傲慢」ときているから、もう救いようが無い。「傲慢」を捨てて「謙虚」になれば、この地球は本当に美しくて平和な、住みやすい星になると思うのだけれど…。
by: 旅人 * 2014/04/29 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
日本にも罠が仕掛けられている
こちらの動画を見ていて姫様の記事を思い出しました。

欧米人が仕掛ける罠 後編

http://www.youtube.com/watch?v=1Bc95b-rxd4#t=894

高山正之さんの話が興味深いです。
侵略者である白人は、現地の女性に混血児を産ませ、そしてその混血児を優遇する。
そして白人の血が一滴でも入ってれば、白人の名前を貰えれば名誉であるという感じになる。
原住民は原住民に近いと恥るようになると。
白人は戦略的にやっているとおっしゃってます。
アメリカの虐殺、侵略についても話があったのですが、こういう話を聞けばTPPなんてとんでもないって思います。
虐殺と侵略の歴史を多くの人が知るべきなんでしょうね。
安倍さんが「世界で一番企業が活動しやすい国」と言われてましたが、「世界で一番略奪しやすい国」の間違いですよね。
甘く見たらいけないのに。
そして日本には日本人が一つにまとまらないように、在日、韓国といった罠が仕掛けられているのでしょうね。
それにも気づかずに「韓国がー」を叫んでたら、それを見て黄色い猿が喧嘩していると笑っている人達がいそうですね。
by: 玉響 * 2013/11/13 14:14 * URL [ 編集] | page top↑
支配層(アメリカ)に憧れるところは日本人と似てますね。

学校が楽しそうですね。スペイン人でも、フェルナンド・アロンソみたいに好感を持てる人物もいるから、良い人が出世して有名になって、それに若い人が憧れるようになれば全体的な民度もあがるかも知れませんね。
by: nashi506 * 2013/11/07 16:22 * URL [ 編集] | page top↑
愛信が会津の瀬戸の手先であるように
[頑張れ日本人]は、日本人ではないな。

会津人が吠えると真意が反対であることになるからな。
by: 拡散は賊軍会津の手法なり * 2013/11/07 09:10 * URL [ 編集] | page top↑
ひがみに負けないよう頑張って下さい
会社でも学校でも良い成績をおさめる人はひがまれますよね。前の学校の雰囲気はつらかったですね。よい学校生活が送れるように祈っています。BYタグ
by: 読者 * 2013/11/07 08:30 * URL [ 編集] | page top↑
日本車の関税は撤廃しないみたい米
さすが安倍ちょん
by: 読者 * 2013/11/07 07:25 * URL [ 編集] | page top↑
山本太郎議員の水の飲み方と、あの方達との共通点が ???

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22200557?cate_newarrival_g_politics=undefined
by: * * 2013/11/06 21:17 * URL [ 編集] | page top↑
★TPP「特定秘密指定も」 内閣府副大臣 政府見解を修正

岡田広内閣府副大臣は一日の衆院国家安全保障特別委員会で、環太平洋連携協定(TPP)など通商交渉の情報について、特定秘密保護法案に規定された安全保障に関する「重要事項」に該当する可能性に言及し、国民に公表しない「特定秘密」に指定することもありうるとの考えを示した。

TPPは特定秘密に該当しないとする政府見解を修正した。政府が恣意(しい)的に指定し、秘密の範囲を広げる懸念が強まった。

http://ninjyaoh.blog.fc2.com/blog-entry-6154.html
by: TPP断固阻止 * 2013/11/06 18:19 * URL [ 編集] | page top↑
アメリカ軍用慰安婦
拡散お願いします。
☆米軍の慰安婦☆
まだ2000程度のアクセスなんだけどよーく調べてる。

コレ見たら米国人も口を閉ざすんじゃないかな。


他の動画もすごいんだけど日本語と英語を分けたせいか、
どの動画もアクセスが少ない。


従軍慰安婦 
~彼女たちの叫びが聞こえますか
http://youtu.be/KZ2d1bqycmw

■金融湯田公支配者の手羽先
カルトそうか、統一協会=安倍一味


→彼らは多くの総理大臣や政治家、財界人、ジャーナリストなどを殺害し、2011年3月11日には福島原発で核テロ、さらには核兵器による人工的な津波と地震を引き起こして日本国民2万人以上の命を奪っている。

国家権力が動かないのであれば、日本の政界を全て入れ替える他に日本が独立国家に戻る道は残されていない。

ベンジャミン古歩道
http://benjaminfulford.jp/

秘密保全法案は
湯田米のため

聞くな!
言うな!
語るな!

http://satehate.exblog.jp/20910972/

■日本征服計画 ijn9266
文明・文化の徹底的破壊と征服
http://satehate.exblog.jp/20908181/
by: 頑張れ日本人 * 2013/11/06 16:50 * URL [ 編集] | page top↑
拡散
http://www.news-us.jp/article/379496988.html

従軍慰安婦 ~彼女たちの叫びが聞こえますか
http://www.youtube.com/watch?v=KZ2d1bqycmw

米国では同州上院が1月下旬、慰安婦制度を非難する決議を採択したほか、東部ニュージャージー州下院も3月下旬、同様の決議を採択した。

この動画の新聞記事を見たアメリカ政府のコメントを是非、聞かせていただきたいです

当時の新聞を探した方々に感謝


by: TPP断固阻止 * 2013/11/06 16:40 * URL [ 編集] | page top↑
おめでとうございます
クラスで最高点おめでとうございます
(^。^)オメデト∠※ホン!。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆ミ

私もネットで従軍慰安婦 竹島 南京大虐殺 尖閣について勉強しています 即答で反論できるレベルになれるように頑張ります 

by: TPP断固阻止 * 2013/11/06 16:16 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/2482-3f07e6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
11位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。