FC2ブログ

地球温暖化説に待った!どうするCO2削減


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


地球温暖化 不信を広げる研究者の姿勢(2月25日付・読売社説)
 地球温暖化問題の前提とされてきた科学的な論拠を巡り、国内外で場外乱戦が起きている。 温暖化の主因は、人類が出した二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスとされてきた。以前から、これに懐疑的な研究者は少なくないが、両者の論争は今や、スキャンダル絡みの様相も呈している。

 不信が拡大する中、特に今冬は世界各地で寒さが厳しく豪雪も重なったため、欧米では温暖化それ自体を疑う人さえ増えている。
小沢環境相も、「温暖化の科学的な根拠が揺らげば、国民、産業界の対応も変わってくる」と、懸念を表明した。
世界各地で、土壌乾燥化や氷河の縮小といった気候異変が伝えられている。これにCO2排出がどう影響しているかを解明することが、対策を効果的に進める上では欠かせない。科学界は真正面から取り組む必要がある。
ことの発端は「ウォーターゲート」事件になぞらえた「クライメート(気候)ゲート」事件だ。
地球温暖化に関する報告書をまとめている国連の委員会「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)で中心的存在とされる英国人研究者の疑惑が指摘された。
昨年11月、この研究者が在籍する大学から大量の電子メールなどが漏洩(ろうえい)し、データをごまかす相談個所が見つかった。温暖化を裏付けるのに都合の悪いデータを隠蔽(いんぺい)したと疑わせる文言もあった。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100224-OYT1T01342.htm

随分前から囁かれていたことですが いよいよ馬脚が現われてきました

以下、工学者の武田 邦彦氏の主張を掲載します、「25%削減」などを国際的に約束した鳩山首相というか日本の運命がかかっています ご一読下さい
ウソが続くIPCC

日本ではNHKをはじめとしたマスコミが、オリンピック報道だけをしているので「IPCC温暖化のウソ」に触れていないが、2010年2月20日現在、欧米のマスメディアが報じた「IPCCのウソ」は次の通り。
(以下、IPCCのウソ事件名、報道機関、簡単な内容の順)

1) ClimateGate (多数の報道) 歴史的気温のねつ造事件
2) FOIGate (イギリス政府) データ提出拒否事件
3) ChinaGate  (Gaudian newspaper) 中国の気温の偽造事件
4) HimalayaGate (多数の報道) ヒマラヤの氷河が溶けるウソ事件
5) PachauriGate (IPCC議長のヒマラヤウソ隠し事件)
6) PachauriGateII (London Times) コペンハーゲン虚偽発言事件
7) SternGate (U.K.Telegram) IPCCが採用した委員会報告の虚偽事件
8) SternGateII (Rovert Muir-Wood) Sternレポート虚偽事件
9) AmazonGate (The London Times) 非学術論文使用事件
10) PeerReviewGate (The U.K.Sunday Telegraphy) 非査読論文偽装事件
11) RussianGate (内部告発) ロシアの気温の作為的変更
12) RussianGateII (the Geologidcal S.A.) 気温のねつ造事件
13) U.S.Gate (研究者告発) 1990年に測定点変更で1℃上昇事件
14) IceGate (研究者告発) アンデス山脈の氷の偽装事件
15) ResearchGate (Penn State U.他) IPCCグラフの元データ疑惑
16) Africa,Dutch,Alaska,NewzielandGate 各国の気温データのねつ造

いやはや・・・なんと言ったら良いか判らないほどデータの偽造、細工、誤報のオンパレードで、まだまだ各国データもおかしいと言われている。
そして、これらの直接的な犯罪以外に、間違ったデータを提供したり、指導した団体や人たちの名前も挙がっている。分類すると、

1) IPCCの中心にいる人  議長やイーストアングリア大学の教授
2) アメリカ政府など     ゴア氏、ロビー
3) 国際的環境団体      WWF、グリーン団体
4) 各国の温暖化脅威論者   

などだから、次第に「誰が仕掛けたか」も判ってくるだろう。
日本では、上記の人たちが発言したことや書籍を紹介した人、IPCCの論拠はシッカリした論文だけと主張した人、IPCCの矛盾したデータを専門家でありながら、長く支持してきた国立環境研究所、そしてIPCCのデータすら伝えず、さらに過激な間違いを続けていたNHKや環境省など「知らなかった」ではすまないだろう。
専門家には責任がある。仮にもテレビなどで何かを発言し、書籍に書いたりするには、IPCCのこのような腐敗した中身を知っていて、その中で自分で判断して大丈夫と思う物だけを言っているはずだ。
その点では「IPCCの報告はキチンとした査読論文によっている」とわたしに言った人はどのように感じているだろうか?
人間は誠実で正直でなければならず、それが試されるときは自分が間違っていたときだ。正直に話して日本だけは混乱をしないようにしたい。
すでに国際的にはIPCCの事務の大物が嫌気をさして辞任している。こんな「ウソ団体」から去ろうとする人が増えてくると思われる。
いったい、「25%削減」などを国際的に約束した鳩山首相やそれを支持した議員や団体、大学などは今後、どうするのだろうか?
(平成22年2月21日 執筆)
なお、ここに示したのは、”The end of the IPCC: One mistake too many!, By S. Fred Singer, Hindustan Times, “Continuing Climate Meltdown”, Wall Street Journal, Feb 16, 2010, “What to say to a global warming advocate”, Mark Landsbaum などによった。 (C) 2007 武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ


転載、ご利用、拡散のためならいくらでもお役立て下さい ただできましたらブログ主様は 都度、私のところから転載と一言入れてくださいましたらと思います
関連記事
スポンサーサイト




人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

20 : 41 : 45 | 外交政策 | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑
<<石垣市長!!保守が勝った!!良かった | ホーム | 「拡散用」民主の危険性 親戚友人にメールしよう!!>>
コメント
Re: 排出権取引というインチキ
はい ごもっともです 何しろコイツはいいことは何一つしませんね
ひとっっっつもやりません。害毒以外のなにものでもないのに
なんかおろおろ下向き猫背でいつも泣きべそで なんていうか父性本能 母性本能でもって
なにもそこまで追い詰めなくても て国民がいっぱいいる どうしようもないですね


> 今は立ち止まって冷静に人為的温暖化説の信ぴょう性を検証すべき時だろうと考えます。
>
> 問題は温暖化説が政治と経済の中枢にガッチリと組み込まれてしまった現状にあります。一種の環境利権とも言うべきものが出来上がり、人為的温暖化説に疑問を投げかける科学者が迫害されています。
>
> 鳩山由紀夫がかかげるCO2・25%削減のために、外国との排出権取引が画策されています。2兆円にものぼる血税が、正当性が疑問視されている学説を根拠として、中国などに流されようとしています。これは国民への重大な裏切りであり、阻止しなければなりません。
by: yaegaki姫 * 2010/03/01 00:36 * URL [ 編集] | page top↑
石垣市、勝ちました!

管理人さんのアドレス情報にここのサイトの紹介が入ってました。

このco2の件も拡散させていただきますね
by: we love japanの住人 * 2010/02/28 23:21 * URL [ 編集] | page top↑
取り上げて頂いて有難うございました。
冷たい(無関心な)人達に地道に周知活動してましたので嬉しかったです。
日本のメディアは酷いので。津波警報もTBSでは対馬が地図になかったですし。抗議電話が殺到か、TBS電話繋がりませんでした。
石垣島の選挙おめでとうございます。開票率98.97% 、中山=16400、大浜=11400。
by: あい子 * 2010/02/28 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
シミュレーションの限界
もう一言付け加えさせてください。

本日の津波騒動。
気象庁は三陸沿岸で3mの大津波を予想していました。実際に観測されたのは最大でたったの1.2m。

かなり大きな誤差です。日本の大騒ぎを外国メディアは皮肉をこめて報道しています。

ここで見えてくるのは科学の限界です。
あるいはシミュレーションの限界と言う方が正確でしょうか。
インプットされるパラメーターの数値はおおむね不正確であり、結果が大きく左右されてしまうのです。

素人判断ですが、津波のシミュレーションは、たぶん、気候変動のシミュレーションに比べればはるかに単純でありましょう。ハワイなどでの観測データーによる修正も可能だったはずです。それにもかかわらず、予想は大きく外れました。

新型インフルエンザの患者数が予想よりはるかに少なかったことも思い出されます。
一時期の鳥インフルエンザの大騒ぎはなんだったんでしょうか。

対策が効果を発揮したんだ、という言い訳が聞こえてきそうです。
人為的温暖化説を唱える科学者も、対策の効果を強調することになるのでしょうか(笑)。
by: 五郎 * 2010/02/28 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
排出権取引というインチキ
今は立ち止まって冷静に人為的温暖化説の信ぴょう性を検証すべき時だろうと考えます。

問題は温暖化説が政治と経済の中枢にガッチリと組み込まれてしまった現状にあります。一種の環境利権とも言うべきものが出来上がり、人為的温暖化説に疑問を投げかける科学者が迫害されています。

鳩山由紀夫がかかげるCO2・25%削減のために、外国との排出権取引が画策されています。2兆円にものぼる血税が、正当性が疑問視されている学説を根拠として、中国などに流されようとしています。これは国民への重大な裏切りであり、阻止しなければなりません。
by: 五郎 * 2010/02/28 21:40 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/288-d4a5a3cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
CRUメール流出事件は複数の第三者機関によって調査され、いずれも不正はなかった、結論を大きく左右しない些細なミスはあった、データの透明性には問題があったと結論づけている。結論固執型懐疑論者は、未だに各種報告書を闇に葬り去り、流出した断片的な情報に基づいて陰謀論を流布する。そして、石油産業から懐疑論者への多額の資金援助が暴かれた事実についても一切触れない。 節操のないサイト【2019/06/05 02:10】
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (28)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (117)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (193)
海外 (52)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (4)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
16位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード