スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

スペイン市民戦争


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


スペイン市民戦争について 質問がありましたのでこちらで答えさせていただきます。
去年さんざん勉強したのに まぁ あっという間に何でもかんでも忘れてしまって呆れます。
こんなだと いくら勉強してもザルのごときにゾロ漏れてしまって ちっとも蓄積しないと溜息が出ました。ちょうどいいのでおさらいさせていただきます。

まず、市民戦争前夜のスペインは左派が支配してまして、右派のうっ憤が蓄積していました。あの当時のスペインの右派と言うのは日本で連想するような右派、保守ではなくて特権階級です。カトリック教会の犯罪的なまでの強大な権力と貴族、大地主がつまり保守です。ここを間違えると理解できません。一方、市民と言うのがバリバリの共産主義、社会主義、アナーキストに労組、シンジケート、果ては現在のバルセローナやバスク地方のスペインから独立したい革命的民族主義などもこっちに加わり、寄り合い、決して一枚岩ではありませんでした。結局その間隙を軍部に突かれたって言うのがざっくりした見方でしょう。1936年のスペイン政府は、左派の政府でした。ここから戦争が始まります。1935年には第7回コミンテルン世界大会があって、国際的統一戦線及び人民戦線の徹底的展開がありました。

ちなみにコミンテルンの主な攻撃目標にされた日本とドイツは1936年11月25日に日独防共協定を調印したのでした。
ああ、なんかつながって来ましたね、そういう事だったのか・・・・・
コミンテルンの根本政策とした決議の第一には、コミンテルンはそれまでの諸団体との対立を清算し、反ファシズム、反戦思想を持つ者とファシズムに対抗する単一戦線の構築を進め、このために理想論を捨て各国の特殊事情にも考慮して現実的に対応し、気づかれることなく大衆を傘下に呼び込み、さらにファシズムあるいはブルジョワ機関への潜入を積極的に行って内部からそれを崩壊させること、第二に共産主義化の攻撃目標を主として日本、ドイツ、ポーランドに選定し、この国々の打倒にはイギリス、フランス、アメリカの資本主義国とも提携して個々を撃破する戦略を用いること、第三に日本を中心とする共産主義化のために中国を重用することが記されている Wikipediaより抜粋

このようにして、あの戦争には沢山の要素と段階がありまして、そう簡単にはどちらがどうとは言いきれないのです。

1.まず、社会的な貧富の差、強大な貴族や教会、聖職者の特権階級対する労働者ゃ貧しい小作人(ほとんど農奴)の戦いでした。
2.絶対的権力を持つ宗教(カトリック)と反宗教の共産主義体制の戦いでもありました。
3.軍部による独裁と、(民主主義と言うには左傾化し過ぎている)共和国側との戦い。
4.革命と反革命派の戦い、つまり二つの全く異なるナショナリズムの戦い
5.ファシズムと コムニズムとの戦い

二つの陣営は、次のように別れました。

※El bando sublevado フランコの反乱軍、国民戦線軍(ナショナリスト派)=金持ち、大地主や貴族、教会権力、が全力で支援(特権階級の権益なのに民族独立主義派と呼ばれた←イタリア、ドイツ、ポルトガルが支援

※El bando republicano 政府側の共和国派=人民戦線軍(共和国派、ヘミング・ウェイ、ジョ―ジ・オーウエルなどが身を投じた)社会党、共産党無政府主義、労働組合、カタルニャの民族独立派、バスク独立派←ソビエト連邦とメキシコが支援
。。。。。。。。。。。。。。。。。
さて、読者の質問ですが、
「スペイン内戦では、フランコのナショナリスト政権を英米も支援したのではないでしょうか?」
これは、ちょっと違うと思います。市民戦争後、フランコの独裁政権は米国は嫌いましたが、支援してやらないと戦後の荒廃に苦しむスペインがソ連に取り込まれてしまいかねなく、仕方なく経済援助しています。そして30か所もの基地に米軍が入って来ますね。防共のためです。これは先週のスペイン海軍史で習ったばかりなので 如何にスペインの共産化を警戒したかが分かりました。スペインは内戦のお蔭で 国土荒れ果て、経済は立ち行かなく、飢えに苦しみました。フランコ独裁政権は何と75年まで続きます。フランコの死と共にあっという間に民主主義を樹立させます。ここには大きくアメリカの力が加わったらしいです。そして念願のEUに加盟できましたね。独裁政権のままでは実現できなかったのです。
それは物凄い 凄まじい粛清を行ったらしいです。
でも対する人民解放軍も凄かったと聞きます。ミサに行こうとする善男善女を彼らはピストルで撃ち殺したとセビリアの老人から聞きました。

どうでしょうか、こんな所で。
意外と日独の防共協定に心が釘づけになりました。今まで読み過ごしていました。
いやー、コミンテルンの働き、凄まじいまでですね。
ああ、日本は身を守れませんでしたね、悔しい。あれからずっと荒廃に向かってますね。






関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

06 : 19 : 32 | 海外 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<続 スペイン市民戦争 | ホーム | スペインと米国関係史>>
コメント
英米の秘密支援・・・
yaegaki himeさま、詳しくご説明いただきありがとうございます。

確かに、私も堂々と英米がフランコを支援していたとは全く思っていません。表向きには英米はフランコを批判したりしておりましたし、ゲルニカの爆撃なども英米は激しく批判しています。それは当然知っているのですが、しかし積極的ではなく秘密裏に、表面的には消極的立場を装いながら、本音では英米も反共のフランコ支持だった部分があるように思うのです(全面的とは言いません)。例えば、幾つかの事例があります。

<フランスでは、ブルムが人民戦線政府の首相となったばかりであり、ブルムはスペインの共和国側を援助する方針であったが、イギリスの圧力と国内の右翼の脅迫に屈して不干渉政策をとらざるをえなかったのである。
 不干渉政策は、ヨーロッパ諸国に受け入れられて、不干渉協定が成立した。この協定は、合法政府としての共和国政府の武器購入の権利を奪うものであり、その意味において共和国側に不利に作用するものであった>
https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%85%E6%88%A6-543212

[なお、アメリカ合衆国も従来の外交政策であるヨーロッパの紛争に対する不介入の姿勢を守り、中立という建前を取っていたが、実際にはフランコ軍にテキサスの石油を提供していた。
(引用)フランコを助けたものはナチス・ドイツとファシスト・イタリアだけではなかった。スペイン共和国を破壊するために、アメリカ合衆国、イギリス、フランスは、ドイツ=イタリアと「協力」したといってもよい。やがて第二次世界大戦において敵味方となる西欧諸国とファシズム諸国は、フランコを助ける上では、公然とまたは隠然と、共同していたのであった。アメリカやイギリスなどの国々は公然とフランコを支持したわけではない。また、これらの国の人で直接にフランコ側に立って戦闘に参加したものはあまりいなかったようである。しかし、アメリカ合衆国は物資によってフランコを助け、イギリス・フランスは「不干渉政策」によってスペイン共和国を敗北に落とし入れたのである。<斎藤孝『スペイン戦争』1961 中公新書 p.115>]
http://www.y-history.net/appendix/wh1504-112.html

<36年7月 
7.16 フランコ将軍,英国籍飛行機で,密かにカナリア諸島からマジョルカ島に移動.英秘密情報員のポラード大佐が同行.

1937年
1.06 米国のルーズベルト大統領、スペイン共和国への武器の輸出を禁止。

↓しかし・・・

38年4月
4月 ルーズベルト大統領,共和派支配区に落とされている爆弾がアメリカ製であることを認める.同時にそれが「完璧に合法的」なものであると述べる.それまでに,デュポンの子会社「アトラス・パウダー」社は,ドイツに6万発の爆弾を販売していた.

38年4月
4.16 英国とイタリア,「スペイン戦争終結後,イタリアが軍隊を引き揚げる」ことで合意.英国はこれと交換にイタリアのエチオピア併合を認める.スペインに対する干渉が,これにより全面的に容認される.>
http://www10.plala.or.jp/shosuzki/chronology/world/iberia2.htm

などなど。

つまり何が言いたいかと言えば、ルーズベルトが表で中立を宣言しながら支那事変で蒋介石をこっそり支援していたように、英米はスペイン内戦でも、表で中立を宣言しながら、時に裏から独伊を通してフランコを支援していたように思うのです(勿論、表では英米は独伊やフランコを痛烈に批判しているのですが)。

つまり、実際に戦争をしているのは人民戦線やナショナリスト軍、国際旅団やソ連や独伊の義勇軍だったりするのですが、その背後で、中立を装いながら反共戦争としてスペイン内戦を演出していた狡猾な英米の存在があったように思うのです。

自説を強弁するつもりはないのですが、私の考えているのは一種の陰謀説、一つの非公式な考え方として捉えて頂ければと思います。

と言いますのも、私は第二次世界大戦始めの頃まで、どうもヒトラーが英米にそそのかされて動いていたように思っていて、それがスペイン内戦の時から始まっていたように考えているからです。例えば第二次大戦がはじまり、ヒトラーは、イギリスから宣戦布告されても、真剣にイギリスと戦おうとせず、英国とは講和を求め、ソ連に攻め込んだりしています。

実際に、ドイツはスペインを通して、英米と戦争になって以後も、アメリカから石油の供給を受けていました。スペイン内戦から第二次大戦初頭にかけて、表から見えない、いろいろ謀略的な動きがあった事が感じられるのです。例えば、ドイツは第二次大戦が開始してから暫くしても、アメリカから石油を手に入れる事が出来ました。これは、ドイツがソ連と戦うのに役立ちました。

<スタンダード石油は第二次世界大戦を通してファシストの国であるスペインにも石油を輸送していた。スペインヘの石油輸送は間接的に枢軸国を援助することだった。スペインのタンカー船団は定期的にドイツに航行し、ドイツの大使館、軍事基地、戦車と装甲車、東部戦線にスペイン軍を運ぶ輸送車などに燃料を供給していた。(スペインの軍隊はソ連軍と戦っていた)。このような状況を憂えた経済学者ヘンリー・ウォルドマンは、1943年2月26日付の『ニューヨーク・タイムズ』に次のような意見を載せた。「考えても見てください。戦争の真っ最中に敵国を実際に手助けしている国がアメリカなのです。そればかりではなく、スペイン大使が詳細に述べているように、アメリカはこのような援助を続けるばかりか、援助を拡大する準備までしているのです。スペインは敵国です。しかし、それでも、アメリカはスペインを援助しているのです。」 それでも、状況は改善されなかった。毎月4万8千トンのアメリカ産の石油がスペインを経由してナチス・ドイツに供給され続けた。>
http://www1.s-cat.ne.jp/0123/Jew_ronkou/america/amerecakigyou_Nazis_kyouryoku.html

様々な工作があった支那事変から真珠湾攻撃に繋がっているように、欧州ではスペイン内戦に、その後の世界大戦につながる様々な工作があって、コミンテルンのみならず、英米の謀略もそこに働いていたと私は考えております(あくまで自説に過ぎませんので、そういう考え方もあるという程度に受け取っていただければ幸いでございます)。
by: ルーク * 2015/05/21 14:37 * URL [ 編集] | page top↑
平成23年10月11日の東レ、大津市教育委員会、日教組、金に五月蠅い帰化未帰化在日韓国人創価学会員ノンキャリア警察官、同和、創価学会)という帰化未帰化在日韓国人諸組織 & 韓国 による大津市立皇子山中学校日本人男子中学2年生虐殺事件
平成23年10月11日の東レ、大津市教育委員会、日教組、金に五月蠅い帰化未帰化在日韓国人創価学会員ノンキャリア警察官、同和、創価学会)という帰化未帰化在日韓国人諸組織 & 韓国 による大津市立皇子山中学校日本人男子中学2年生虐殺事件
-----
【ものすごく緊急の情報拡散と協力のお願い】その55

-----
平成23年10月11日の東レ[帰化未帰化在日韓国人によって乗っ取られた企業]、大津市教育委員会[帰化未帰化在日韓国人によって乗っ取られた地方公共団体教育委員会]、日教組[帰化未帰化在日韓国人教職員組合]、金に五月蠅い帰化未帰化在日韓国人創価学会員ノンキャリア警察官[帰化未帰化在日韓国人創価学会員ノンキャリア・パチコップ]、同和[1639年日本国鎖国から1910年日韓併合までの間に日本国へ密入国し今日まで不法滞在している全羅南道、済州島等の朝鮮半島南部の朝鮮半島被差別部落民]、創価学会[帰化未帰化在日韓国人新興宗教団体]、韓国[侵略国家]による大津市立皇子山中学校日本人男子中学2年生虐殺事件について、

凛子。(ღ▻ ܫ◕)b゚+‏ 様 Twitter H24.10.10 [加筆済み]
済生会滋賀県病院って、帰化未帰化在日韓国人が引き起こした兵庫県尼崎市内のJR西日本福知山線脱線事故で活躍した医師を病院内いじめで自殺に追いやった帰化未帰化在日韓国人が大量に入り混でいる病院だよね。

戸内穂士‏ 様 Twitter H24.10.10 [加筆済み]
今回の事件は、平成7年9月1日22時頃の創価学会(帰化未帰化在日韓国人新興宗教団体)による東村山市議会議員「朝木明代」謀殺事件と似ている。 創価学会を追求→マンションから突き落とされたあげく、自殺で処理されました。 目撃者・検察官・弁護士・ノンキャリア警察官すべてが創価学会員だった。今回の事件は、東レ・地方公共団体教育委員会・日教組・金に五月蠅いノンキャリア・パチンコ警察官・同和・創価学会・韓国とすべて帰化未帰化在日韓国人で構成されていた。
-----

抗議先[葉書、FAX、メール、テンプレ、ツィート、電話などなど]

東レ廃業要求関係
103-8666中央区日本橋室町2-1-1東レ(株)代表取締役社長日覺昭廣

創価学会自主解散要求関係
160-8583新宿区信濃町32
SGI副会長池田正博(成正博ソン・ジョンパク)=在日韓国人
創価学会会長原田稔
創価学会理事長正木正明

公明党自主解散要求関係
160-0012新宿区南元町17公明党本部F03 3225 0207
100-8962千代田区永田町2-1-1-806公明党代表[参議院議員]山口那津男F03 6551 0806
100-8962千代田区永田町2-1-1-1024参議院議員山本香苗T03 6550 1024 F03 6551 1024

創価学会宗教法人格剥奪関係
163-8001新宿区西新宿2-8-1東京都知事舛添要一[公明党]F03 5388 1213=帰化在日韓国人

公明党解散命令関係
100-8926千代田区霞が関2-1-2
総務大臣高市早苗F03 5253 5190
総務事務次官大石利雄F03 5253 5190
総務省自治行政局長佐々木敦朗F03 5253 5512・5614

日教組自主解散要求・「日本教職員組合(日教組)から帰化未帰化在日韓国人教職員組合(在教組)への改称」・「韓国式交ぜ書き「子ども」をやめて日本国式漢字書き「子供」をするよう」要求要求関係
101-0003千代田区一ツ橋2-6-2日本教職員組合(帰化未帰化在日韓国人教職員組合)本部T03 3265 2171

解同自主解散要求関係
100-0042中央区入船1-7-1部落解放同盟中央執行委員長組坂繁之F03 3551 6500

地方公共団体教育委員会除鮮・日教組解体関係
100-8959千代田区霞が関3-2-2
文部科学大臣下村博文F03 6734 3650
文部科学副大臣丹羽秀樹F03 6734 3650
文部科学副大臣藤井基之F03 6734 3650
文部科学大臣政務官赤池誠章F03 6734 3650
文部科学事務次官山中伸一F03 6734 3589

公安・警察関係
100-0013千代田区霞が関1-1-1公安調査庁長官
100-8974千代田区霞が関2-1-2
国家公安委員長 兼 海洋政策・領土問題担当大臣 山谷えり子
警察庁長官
100-8929千代田区霞が関2-1-1警視総監
(各郵便番号、各住所)各都道府県警察本部長

その他通報先
100-0014千代田区永田町2-3-1首相安倍晋三F03 3581 3883・3581 9351・5510 0654
100-8910千代田区永田町1-11-23
自民党幹事長谷垣禎一F03 5511 8855
自民党政調会長稲田朋美F03 5511 8855
自民党青年局長木原稔F03 5511 8855
自民党全員
和田政宗 等の次世代の党全員

【抗議葉書52円もお願いします。】

荒川区フラウエン
by: 敦子 * 2015/05/21 12:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/2910-db96631e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!  人類の祖先が作った最古の石器が発見された。 『アフリカのおよそ330万年前の地層から、人類の祖先が作った最古のものとみられる石器が見つかり、人類の進化の過程で道具を使う行為がどのように発展したのか探るうえで貴重 日本は危機的な状態です!【2015/05/21 16:24】
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
14位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。