スポンサーサイト


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

プロパガンダ映像


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


読者のお知らせで以下の事が分かったのですが、あのモノクロ映像は説得力があって信じてしまいますよ。
私は全部疑うから そもそも懐疑的に斜めで構えてるけど、スペイン人は信じて当然と思いますね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
フィリピンでの出来事と言えば、バターン死の行進ですね。こんなの東京裁判用のプロパガンダです。
バターン死の行進というウソ
http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2011/01/post-7ee1.html

【バターン死の行進】
http://kenjya.org/sonota3.html

いわゆる「バターン死の行進」 
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-586.html

しかし、、、バターンの捕虜に対しては、民主党の岡田が謝罪してるし、安倍首相もしっかり謝罪(!)してるので、国際的には日本が悪いということになっちゃってますね。。。
岡田が元米兵らに公式謝罪・「バターン死の行進」の元米兵捕虜らに岡田克也外相「非人道的な扱いを受け、ご苦労され、…」・米国は原爆などで日本に謝罪せず「対等な日米関係」は噓・『リンドバーグ第二次大戦日記』、ジョン・ダワー『人種偏見』
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3974.html

【政治】安倍首相が「バターン死の行進」元米兵捕虜を夕食会に招待
http://kimamato.blog.jp/archives/1025868592.html
。。。。。。。。。。。。。。。。。
しかし、何で謝るだろうね、謝ったらお終い、てのが世界の常識なのにまずこの国際感覚が無い。俺は悪くない、許してくれ!てならまだましだけど 敵を食事に招待したら記事になって世界中に報道されただろうし、まずい政治ばかりやるね。それでいて英霊の遺骨ですら何もしない。
ああ、今朝もまたドッと疲れて 起き上がる。
こういうの ソースは?て思うんだけど 兎に角一時間でもいいから時間作って毎日翻訳しないとな、て思う。
思うばっかりでちっとも やれない。そのうち死んじゃったらどうしようと思うと死にきれないだろうな、て考える。
私のご奉公は スペイン語訳だなと 思ってる。
最期にして唯一の御奉公だから 願わくは20年くらいは時間が欲しい。

それにしても こういう物に目を光らせていて抗議するくらいの気概と組織が必要だと思う
つまんない事に予算使わず、これこそやらないとダメよ

関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

00 : 10 : 04 | 海外 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<沖縄に負担なんか かけてない。あそこは地理的に危険なのだ | ホーム | 世界で放送され続けてる日本悪者のドキュメント>>
コメント
企みが透けて見える
>中国の李鵬首相が「日本という国は20年後には消えてなくなる」と1995年に発言したと言われている

オーストラリアでの有名な発言ですが、
李家という名前は、「イルミナティ悪魔の13血流」の一つにあるので、この李鵬首相もその流れの人なのかもしれません。まさにワンワールドを企んでいる人の発言だと思う。
by: 読者 * 2015/11/23 16:46 * URL [ 編集] | page top↑
やはりシナは、あなどれない
今、マイケル・ピルズベリーの本「China 2049」を読んでいるところです。

ここでリンクされているチャンネル桜の伊藤貫氏出演の動画も見てみました。アメリカのことを色々、言っていましたが、米中に挟まれた日本はどうしたら良いのかは、言いませんでしたね。米中が戦争をしない。出来ないというのは分かりました。
しかし、世界は、この2国だけじゃない。
ハートランドのロシアの存在が抜けていて語らないと話にならないと思います。

シナの背後にべったりとユダヤ金融資本がついていることは、「China 2049」を読んで分かりました。世界銀行とかがシナにアドバイスしているようです。ネットでも言われていましたが・・・アメリカの次は、シナで金儲けとか
by: 読者 * 2015/11/23 16:31 * URL [ 編集] | page top↑
日本人は全員この現実を見るべき!
何故、この現実に日本人は気付かないのか!!

【伊藤貫】米中衝突は起こらない!アメリカが日本を守らない理由[桜H27/11/19]
http://www.youtube.com/watch?v=Kla8vz0fx-U
・・伊藤貫さんによるとマイケル・ピルズベリーの本「China 2049」についてもCIAと米国務省は怒ってるんですって。
がっかりです。

<伊藤氏は特に解決策を示すでも無く番組は時間切れとなりましたが、イライラしたのは、隣でヘラヘラ笑っている水島総氏でした。対米自立どころか、対米従属を進める安倍政権を擁護する連中を伊藤氏が痛烈に批判しているのに、その矛先が、自分自身に向かっている事を誤摩化す姿勢は、絶望が足りなさ過ぎます。>
http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/entry-12098378628.html

<世界のグローバル化をもくろむ人々(誤解されやすいですが、ユダヤ人がすべてそういう人々であるというわけではありません。グローバリズムを推進する人々の中には宗教や国籍を問わず様々な人々がいます)の企てはTPPで終わるわけではありません。
 アメリカの主導するTPPと、中国の主導するRCEPが、FTAAPとしてやがて一つに統合されていきます。
 この世界統合の流れの中で、日本という国民国家は姿を消す運命を辿りつつあります。中国の李鵬首相が「日本という国は20年後には消えてなくなる」と1995年に発言したと言われている、その言葉の通りに。
 そして、この世界統合の流れの中で、それに抵抗して、国民国家の枠組みを死守する代わりに、「政治家となって以来の一貫した哲学」に基づいて、日本の国家解体とグローバル化に着手をはじめたのが安倍晋三という似非「愛国」政治家です。>
http://wjf-project.info/blog-entry-65.html

<日本の属国化は完成した
―― 安倍首相の訪米、日米ガイドライン、TPPなど、戦後70年の日米関係は新局面を迎えています。一連の動きをどう見ていますか。
西部 100パーセント絶望している。戦後レジームからの脱却を唱えていた安倍首相の訪米によって、日本の属国化あるいは保護領化は完成したわけですから。事実上の属国は名実共に完全なる属国と化した。ポイント・オブ・ノーリターンを超えた以上、もはや独立の道に戻ることはできないでしょう。以後、日本は属国という隘路をひたすら突き進むほかないのです。
 安倍首相は「日米は自由と民主主義という価値観を同じくする同盟国だ」と宣言し、日米ガイドライン、TPPを進めていますが、これは結局のところ、日本が思想的・政治的・軍事的・経済的にアメリカに組みこまれて一体化するということにしかなりません。戦後一貫して進められたアメリカナイゼーション、つまり自由・民主の内容がその国の歴史に依存するということを無視するやり方の完成ということになります。
 日米ガイドラインが改定されましたが、日本は独自の国家戦略を放棄しておりますので、自衛隊は米軍の補助部隊に成り下がる以外にない。しかしアメリカという国は、ベトナム戦争からイラク戦争、ウクライナ戦争に至るまで、国際法の強引な解釈のもとで手前勝手に他国を蹂躙してきた侵略者という性格を帯びている。侵略というのは、自国の覇権を拡大するという国家意志をもって先制的武力を行使するという意味ですが、これらは紛うことなき侵略戦争だったのです。ゆえに、「アメリカの戦争に巻き込まれるのではないか」という左翼方面の意見は真っ当な懸念といえます。
 そもそも属国日本の完成が時間の問題だということは、前から分かり切っていたことです。だが、それでも日本人は「自分の国は自分で守る」という独立国の最低条件すら満たそうとしてはこなかった。だから中国が核武装した時点で日本も核武装すべきか、あるいは中国の軍事費が年々倍増していると分かった時点で日本も国防費を増やすべきか、国民の国防意識を高めるため徴兵制を敷くべきかという議論が起きて然るべきだったが、そんなものは一切ありはしなかった。
 そして、いざ中国が東シナ海、南シナ海で覇権主義的に振る舞うようになると慌てふためいた。ところが、制度的にも精神的にも自主防衛体制すら築けていなかったために、アメリカの軍事力を当てにし、米軍を抑止力とする、というまさに保護領に特有の選択しかできなかったわけです。
 この期に及んでも、大多数の日本人は「自分で自分の国を守る気など更々ないが、侵略はされたくない」といった程度にとどまっているんです。だからアメリカ様に頼っときゃいいという魂胆なんでしょう。奴隷根性以外の何物でもないが、それすらを自覚していない有様です。そしてアメリカの労を煩わせた代償に、「アメリカ様、沖縄を好きにしていいです、TPPで日本の国富を食い荒らしていいです、ガイドラインで自衛隊を使い捨てていいです、どうぞどうぞ」というわけです。しかもそれを恥ずかしいとも思わない、屈辱とも思わないのだから、奴隷根性もここまでくれば筋金入りです。だから私は自虐の念を込めてわが同胞を「ジャップ」と呼ぶのです。いや、この人々は日本人ではなく「ニッポンジン」だということにしておきましょうか。>
http://gekkan-nippon.com/?p=6832
by: ルーク * 2015/11/23 02:07 * URL [ 編集] | page top↑
更新ありがとう。
姫の強みは海外の日本人目線で国内の日本人にメッセージを書けることです。こういうブログは少ない。
by: 読者 * 2015/11/22 22:54 * URL [ 編集] | page top↑
仰る通りです。
>それにしても こういう物に目を光らせていて抗議するくらいの気概と組織が必要だと思う
>つまんない事に予算使わず、これこそやらないとダメよ

himeさま、その通り!
外務省とか何してるんでしょうか。。。
役人や政治家は本当にヘタレ過ぎますね。

因みに、以下で紹介されている文献、戦後アメリカがバターンの報復と称し2万人の日本人を殺した話のソースになるようです。英米の方が酷い捕虜虐待をしている。。。

『「お前が証人だ」 バターン死の行進の報復』 後藤利雄 著
http://www.jmcy.co.jp/~goto/Majime/toshio/shonin/shinin01.htm

これと似たようなことはイギリスもやってるんですよね。

アーロン収容所にみるイギリス人
http://www.tamanegiya.com/kako/a-ronnsyuuyoujyotoigirisuj.html

そもそも日本軍の捕虜虐待と言われているものは、基本的には日本軍自身の能力不足(食糧、燃料、トラックの不足、戦局の悪化等)によるもので、故意の虐待というわけではありませんでした。
下級兵の中には暴行を働く者も居たようですが(特に朝鮮出身の監視兵 http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/26057647.html)、それも文化的な摩擦を原因とする組織ぐるみではない個人的な乱暴です。

一方、英米の日本兵捕虜に対する虐待は、『「お前が証人だ」 バターン死の行進の報復』や『アーロン収容所』に書かれているように、計算された組織的なもので、形式上は責任を問われないようなやり方で残酷に虐待しているのです。
by: ルーク * 2015/11/19 19:44 * URL [ 編集] | page top↑
いいね
by: 読者 * 2015/11/19 17:21 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/2952-756c9905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (27)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (111)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (192)
海外 (42)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (3)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
11位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。