FC2ブログ

もう三年間も 沈みっぱなし


人気ブログランキングへ←←忘れぬうちにボチッとお願い にほんブログ村 政治ブログへ


ご無沙汰しています。
私事ですが 一流のレストランで会食中に 人目もかまわず思わず顔を覆って泣いてしまうほどの事件が先月起こりました。

あまりの事に頭は麻痺してしまうし 心は押しつぶされて しかも爆発するかと思うほどのインパクトが起きて もうどうすることも出来ませんでした。

悲しいとか悔しいとかそんな生易しい感情では表現できません。
広島と長崎の原爆のキノコ雲を必死で 内部に押し込んでいるようなせめぎ合いでした。
感情のコントロールが出来ない
爆発するわけに行かない
何千何万という言葉が頭と心に溢れかえりましたが 一つのフレーズも作れませんでした
キノコ雲を抑えるだけでせいいっぱいなのと
同時進行で心が木っ端微塵に砕けてしまったのです。

このくらいの衝撃を自分はかつて味わったか思い出せませんでした。
こういう時、人はどうするのか頭の辞書にも教科書にも書いていない気がしました。

思えばかれこれ三年近く 苦しんでいた気がします。
しかも どう対処するか答えは全く出ませんでした。

いや、答えは出ていました。
命にも代えがたい娘を勘当だと決めていました。
もうこの娘は 居なかったものとするしかないと思っていました。
もう一人 末娘が居ますが この子に姉の事は忘れると言い切っていたので 妹経由で姉の耳に当然入っていたはずです。
勘当だ
当然 勘当。他に道は無い。疑う余地なし。

私以外の全ての良識ある人々は 私の意見など全然支持できないと 異口同音に言うのでした。
全員 娘の味方です。

理屈では そうに違いないですが 心が全然その方向に一ミリも行けませんでした。
少しでも試しに行ってみようとしても 血の涙が出そうになるのでした。
眼がしらが熱くただれて 心が雑巾のように堅絞りになり、息は途絶え 絶望を繰り返すのでした。

思い余って ある学者に国際電話しました。
文書では 先方は思いあぐねて返信は遂行を重ねて本音が聞けないと思ったからです。
第一声を聞かなくてはなりません。世界にこの先生しか居ない。

「先生、お返事は一秒で済むことですが 私はもう何年も娘と音信不通以上の シコリとわだかまりのために気持ちが通いません。
彼女の拒否が激しいためですが それは私の不寛容に根差しています。単刀直入に伺いますが 深く歴史研究に生涯をささげていらして かつて日本が絶えた屈辱、今現在も進行中の危機に胸を痛めていらっしゃるとお察しします。私は先生に負けないくらいに日本の危機に懊悩する立場です。それはよくご存じと思います。さて、そのような激しい日本国への思いと焦燥の毎日を暮らす私の命より大事な長女が 他に民族もあろうに中国人と婚約しているようです。先生、もしもこれが先生のお嬢さんに起きたとして 先生は寛容できますか? 」

高名なる学者の先生は あまりの事に むむと唸ったきりお返事が出来ない様子でした。
「..........いや.........無理です 出来ません」
やっと 絞り出すようなお声で 思った通りのお返事で 私は胸が凍るかと思いました。

それから ずっと暗い気持ちに打ちのめされながら暮らしていました。

人生は どうしてこういう過酷な試練を仕掛けてくるのだろうか。
母方は名の通った氏族の名家で 私の曽祖父は靖国神社に非常に縁の深い人です。
母までで八代続いたれっきとした江戸っ子で ああ この家系に..........
まさに血が逆流するかと言うくらいの苦しみが何度も襲って来るのです。

そして何年ものわだかまりをひとまず超えて
娘は550kmの彼方から 私に会いに来ました。
幼いころに戻ったような まるで何事も起こらなかったような幸福な二日間が過ぎて
とびきり素敵なレストランに夕食を誘って席に着いた途端です。

付き合っていたのは知っていると思うけれど もう三年になるの。
それで いよいよ来年結婚することにしました。

私はここでこの三年と言う年月にまず押しつぶされ、
次の続くフレーズで撃沈してしまいました。

顔を覆って泣いてしまったのです
人々の目を気にすることもできず。

家までの帰り道
一言も喋れず 内心は非常にまずいと分かっていても 何の構成も出来ません
娘はずっと耐えていて 不憫でないことも無かったですが 万感の思いが去来して
家に着くなり ベッドに倒れ掛かり、お休みも言わずに寝てしまったのです
眠れない夜というのは甘くて あまりの心の葛藤に耐え切れず 憔悴し
気絶してしまったという方が 近いかもしれません。

朝 目覚めるなり 止めどなく涙が溢れかえり
いよいよ まずいと舌打ちしても 心は破片を拾い切れませんでした。

ああ、結婚に親の許可がなければ 駆け落ちか自殺しかなかった昔はついこの間なのに
なんと世の中は変わってしまったことだろうか
親の権威などもうどこにもなく、私が母に感じた気後れすら娘の代にはなかった。
世を挙げての人種差別撤廃で思想を叩き込まれ、海外で生まれ育ったがゆえにアジア人により多くの親近感を持ち、
バカで度ケチのスペイン人など 鼻にもかけないって言うのは私ですら理解できる。
それにしても 他に民族は居ないのか???

私がChinaにどういう気持ちを持っているか知っているわよね?

それはもう...でもあの人たちは 違うの。
心穏やかで いつでも親切で機嫌がよく、口喧嘩すら一度もしたことが無いのよ、ママ。

おお、それじゃあ離婚の夢も無いか......

結局 言いなりのバカ殿か......と思うと

頭はとても良くて 商才に長けているのだけど ずる賢いとか不機嫌で我儘というのが一点も無いの
オックスフォードにも行ったけどスペイン育ちよ。
いつ会ってくれるの?

増々気落ちする私でした。
その場の空気は明らかに私の方には味方してくれていませんでした。

私は この娘の病のために 自分の生涯のキャリアを二週間で全部棒に振ったのでした。
こんな事なら あの時 帰国するんじゃなかった シナ人にくれてやるために
掛け替えのないキャリアを捨てたなんて!!!




関連記事
スポンサーサイト

人気ブログランキング参加中↓ポチッ!

日本を守ろう!!!→人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ

←この新聞を支えよう!!! 説得できない身内に送ろう!

21 : 13 : 02 | 海外 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<続 長女の婚約 | ホーム | 未だに安倍擁護 どうする?>>
コメント
Re: 御返信ありがとうございます
詳細ありがとうございました。
とても参考になりました。

>どうか、まだ諦めないでくださいね。

それが無駄なんです
相手が娘の言う通りの好青年だったのと
2人はつきあってもう三年です。

向うのご両親に最大の好意を示されているらしいし
もう全然無理です。
とても控えめな青年ですが 娘を大切に思っている一途さが
伝わって来るし 物静かで 口数が少ない分、目が輝いて意思表示するんですね

以前にスペイン人の彼がいましたが
これが遠くからでもびっくりするくらいのハンサムで素敵な人でしたが
信じられないくらいのケチで 吝嗇で
私がそれは一生治らないよと アドバイスしたのでした。
なんだか正反対の地味な人と 心穏やかに暮らしたいという気持ちも理解できます。
背も高くて着こなしも悪くなかったし 仕方ないかなと言う持ちです


by: yaegaki hime * 2018/11/02 10:10 * URL [ 編集] | page top↑
私と同環境の読者さんへ
>沈みっぱなし、同じです。

非公開のコメントでしたので お名前も出しません。
是非 お返事いただきたいのですが
息子さんの父上はどういうお気持ちでいらっしやいますか?

ご主人いらっしやるか 離婚していらっしゃるか
分からないので どちらにしてもどう言う意見を持っていらっしぃます?
また非公開で結構なので 是非教えてください
by: yaegaki hime * 2018/10/17 10:43 * URL [ 編集] | page top↑
今の娘さんに何を話しても聞く耳を持たないと思います
中国人の危険さを伝えても彼は違うとしか思わない状態だと思います


探偵、興信所に依頼して
彼と両親、親戚を調査してみるのはどうでしょうか?

もしも彼に結婚暦、彼、又は家族に犯罪歴があれば娘さんの考えも変わるかもしれません

もしも結婚が阻止できなかった場合
妹さんにお姉さんとは連絡を密にするようにさせるべきだと思います



by: 読者 * 2018/10/11 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
世の人は他人ごとですから、いくらでもきれいごといえますよ。

私には年の離れた姉がいました。
小さい頃から父母が甘やかし、結果手のつけられないわがまま娘に。
で、あるとき旅先で在日朝鮮人の男と恋に落ち、駆け落ち。
このとき、父は何かを感じ取っていたのかもしれません。
「二度と敷居をまたぐな。子供も作るな」

月日はたち、父の葬式の時に、姉夫婦と子供達がひょっこり現れました。
親戚が帰った家の中で、姉夫婦は
「遺産相続でもめるの嫌だから、匿名子を精神病に入院させよう」と提案。
私は死に物狂いの抵抗で、救急車と警察から逃げ出し、何とか落ち着く場所を確保。
さらに最近、こっそり母に会うと、あれだけあった財産はほぼなくなり、しかも母は何かのクスリ中毒に。兄と姉夫婦は、母から金を吸い尽くすと、どこかへ出て行ってしまったそうです。

国際結婚をきれいごとで考えたら、後で家族は地獄に合いますよ。
欧米ならまだしも、中国と在日は要注意です。

管理人さんは、今は皆から白い目で見られていることでしょうが、経験者から言わせると、家族を守ったことになります。

by: 匿名 * 2018/10/11 17:53 * URL [ 編集] | page top↑
姫さま
オックスフォードならよいのでは?三年の交際の上なら妥当ですよ。
親子三代ぐらいで大陸から離れているチャイナなら儒教だとかに影響されておらず良いかもしれません。
私ごとですが、彼岸に実家にかえり大正からのアルバムを見ました。洋服よりもふんだんに生地が使われた着物とは美しいものですね。
そして、100年前の写真に写る我一族で今を生きる人は1人もいません。
人は死にます。それも100年も経てば1人残らず。生があるならそれは子孫です。

大正から平成までのアルバムはまるで一族が綴る淡いドラマのようでした。過去は手のひらからこぼれ落ちたようにまるで存在しない。残るのは私の一族への淡い気持ちだけ。
100年程度で日本は一変しました。
変わることで持続するのです。それが最悪のパターンでもです。
by: 読者 * 2018/10/11 00:06 * URL [ 編集] | page top↑
友人の友人に、フィリピン人と結婚しグアムで暮らしている女性の方がいます

フィリピン人の旦那さんは結婚前は真面目に働いていました

その女性も家計の助けになればと思い働き出すと、旦那さんは友人と飲み歩くことが多くなり仕事もサボりがちになり
ついにはクビになってしまったそうです

奥さんは旦那さんに仕事を探すように言っても働く気がないそうです

完全にヒモ状態だそうです

日本に帰りたいそうですが、家族の猛反対を押し切って国際結婚した負い目もあり
日本には帰っていないそうです


付き合うと、結婚するとでは全く違います
娘さんが一日も早く目が覚めるように願っています
by: 読者 * 2018/10/10 17:00 * URL [ 編集] | page top↑
娘さんは、今は母親の言っていることを理解できていないと思いますが
数年して、「母親が言っていたのはこのことだったんだ」と理解できる時が来ると思います

しかし、勘当してしまうと母親のところに帰りたくても帰ることができません

・あなたの結婚には賛成できない
・あなたは中国人の恐ろしさを理解していない
・でも、あなたがどんな選択をしようとも一生あなたの味方だからね
・私の心配が間違っていて、あなたが幸せになることを願っている
・もしも、辛くなって帰ってきたくなったらいつでも帰っておいで

としたほうが、よいかもしれません
一緒に暮らすようになれば、100年の恋も一気に冷めると思います
3年以内に娘さんは自分の間違いに気がつくと思います
その時に帰ってこれるように勘当はしないほうがよいと思います

by: 読者 * 2018/10/10 12:33 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/tb.php/3032-f30639b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

from 5/10/2009

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ

拡散用 メールフォーム あて先 (3)
民主党 (101)
みんなの党は安全ではない (2)
外国人地方参政権 (64)
外国人住民基本法 (4)
人権擁護法案 (2)
夫婦別姓 (7)
子供手当て (10)
安全保障 (228)
外交政策 (11)
重国籍 (8)
国籍法と帰化 (3)
沖縄問題/安全保障 (5)
動画/安全保障 (3)
仕分け事業 (5)
脱税総理 (11)
教育問題 (5)
売国の小沢一郎 (26)
マスコミ抱え込み民主 (2)
カルトに食われる日本 (4)
日本の近代史 (28)
南京大虐殺は、あったのか (2)
南京、百人斬り 競争の真実 (1)
強制連行 (2)
朝鮮総連 (1)
朝鮮問題 (25)
慰安婦問題 (7)
慰安婦反日問題 (2)
近代史倉庫 (1)
売国議員 (25)
マスコミとネット問題 (2)
各種、反日団体 (1)
皇室典範について (2)
未分類 (117)
日本崩壊の国会法改正案 (1)
竹島問題 (2)
売国の法案 (7)
郵政問題 (1)
開発とエネルギー問題 (1)
スパイ防止法 (1)
売国法案 (17)
? (0)
中国問題 (12)
口蹄疫 (7)
日本を守る良い議員 (4)
独裁政治 (5)
日本の偉業 (2)
無防備都市宣言 (1)
資料 (2)
文化財が危ない (5)
マスコミ (9)
売国行為 (31)
支持できない議員たち (9)
日本潰れるぞ! (673)
期待の議員 (8)
日本再生 (14)
安倍内閣 (193)
海外 (52)
売国奴 (25)
自民党 (21)
移民政策 (4)
売国奴集団 安倍政権 (21)
福祉、老人問題 (1)
売国集団 自民党 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
13位
アクセスランキングを見る>>

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

yaegaki hime

Author:yaegaki hime
八重垣姫は、手に武田の家宝の兜を持ち、許婚者の身に迫る危険を知らせるために凍りついた諏訪湖を渡って行ったという。
私もこの日本の危機に、諏訪湖ならず太平洋も大西洋も地中海も渡って助っ人に行きたい気持ちになります。
どのような政治団体とも無縁の、在外の、一市民ですが、
中川昭一さんの訃報を受けた日に このブログを立ち上げました。
心からの敬意と愛惜の思いと、そしてご冥福を祈りつつ......日本の為に一人でも多くの人に正しい歴史観と脱マスコミを果たして欲しいのです。きっかけは、悪い国、悪い先祖、侵略の歴史

QRコード

QRコード